★阿修羅♪ > 日本の事件28 > 593.html
 ★阿修羅♪
フリーター高本孝之容疑者は軽度の知的障害者、なんと千葉県東金市の女児殺害事件の容疑者と同じ。
http://www.asyura2.com/08/nihon28/msg/593.html
投稿者 taked4700 日時 2009 年 1 月 05 日 11:10:16: 9XFNe/BiX575U
 

http://www.tokyo-np.co.jp/article/national/news/CK2009010502000060.htmlより引用:
当日現場付近に 路上生活者襲撃 高本容疑者、認める供述
2009年1月5日 朝刊
 東京都国立市で昨年六月、路上生活者の男性(64)が襲われて負傷した事件で、殺人未遂容疑で逮捕されたフリーター高本孝之容疑者(36)=多摩市連光寺二=が、事件当日に現場付近にいたことを認める供述を始めたことが、警視庁捜査一課の調べで分かった。同課は四日、高本容疑者を東京地検八王子支部に送検した。
 捜査一課の調べに対し、高本容疑者は逮捕時、事件現場の国立市谷保の石田大橋下について「石田大橋なんて知らない。行ったこともない」と供述していた。しかし、その後、事件当日に高本容疑者に似た人物が周辺の防犯カメラに写っていたことを指摘されると、「写っているなら、そうなんじゃないですか」などと現場付近にいたことを認めた。容疑については否認しているという。
 同課によると、高本容疑者宅から押収した血の付いたジャンパーとシャツが、二日に世田谷区で、別の路上生活者の男性が他殺体で見つかる直前まで捜査員が追跡していた時の高本容疑者の服装と、酷似していたことも判明。その際、高本容疑者は現場近くで自転車を降りフェンスに囲まれた内側の殺害現場をうろついていたという。
 その後、橋脚の死角に入って姿が見えなくなり、捜査員が位置を変えたところ約十五分後に男性の遺体を見つけた。捜査一課はシャツとジャンパーの血液鑑定を行い世田谷の事件との関連を調べる。
◆元日父を訪問、トラブル
 殺人未遂容疑で逮捕されたフリーター高本孝之容疑者が、元日に都外の父親宅を訪問したもののトラブルになり、二日午後には他の知的障害者と共同生活を送る多摩市の福祉施設に戻ってきていたことが、施設関係者の話で分かった。
 世田谷区で路上生活者の男性が殺害された事件は二日夕方に起きている。
 福祉施設を運営するNPO法人の副理事長(39)によると、高本容疑者は元日、都外に住む父親の家を訪ねた。ところが二日の昼すぎには施設に戻り、その際、「(父親が)怒るから帰ってきた。もうどうしようもない」と説明したという。
 高本容疑者にとって父親は、親族の中で唯一、連絡を取り合う人物だといい、副理事長は「本人は父親が好きなのだが関係は良好とはいえない」と話す。
 軽度の知的障害がある高本容疑者は、七、八年前、親から自立するために一人暮らしを始めた。しかし、対人関係をうまくつくれないことによるトラブルが多く、二〇〇四年に新設された現在の福祉施設で生活するようになったという。
 一方、高本容疑者が働いていた多摩市の福祉施設の施設長(54)によると、高本容疑者は約十五年前から通所。施設では古株だった。一人でこなす清掃などの作業が中心で、仕事ぶりはまじめだったという。収入は月約七万円。「問題行動などはなかった」という。
 市内にある作業場で、施設から出るごみの解体仕分けも担当。押収された鉄パイプは作業場にあった。
 自分より重い障害のある人に手作りの弁当を渡したり、職員の子の誕生日に毎年プレゼントを贈ったりする一面もあったという。
 少年時代からよく自転車を乗り回し、週四日の通所も自転車。新宿や府中、調布などまで行くことも珍しくなく、深夜でも自転車で出掛けていたという。
以上引用終わり:

またまた、知的障害のある方が容疑者として逮捕された。しかし、幾つか疑問点がある。
1.まず、今回の事件は、1月2日の逮捕以来、ずっと、「フリター高本容疑者」として報道され、やっと、1月5日、「知的障害がある」との報道が出たこと。東金の事件の勝木さんのときは比較的早くから知的障害があることが報道されていた。「作業所」、「施設」などの言葉は使われていたのに、なぜか、「知的障害者」と言う言葉が出てこなかった。これはなぜか?
2.また、別の報道によると、「今月2日には、高本容疑者を追跡していた警視庁の捜査員が世田谷区近辺でその姿を一時見失い、約15分後、同区喜多見の東名高速高架下でホームレスの男性が殺害された遺体を発見した。」としている。しかし、これは多分不自然だ。なぜなら、既に何件かの犯罪が起っていてその件で追跡していたと言うのだから、高本容疑者の乗っていた自転車には追尾のためのGPS発信機が付いていたはずで、上の記事にあるように「橋脚の死角に入って姿が見えなくなり、捜査員が位置を変えたところ約十五分後に男性の遺体を見つけた」と言うことは、15分間近く、GPS追跡装置が付いていた追跡用の車に捜査員が乗ったままで、橋脚の陰まで行かなかったと言うことだ。既に鉄パイプで襲うと言う犯罪を疑っているのだから、その犯罪を起こすと思われる現場をきちんと見ないと言うことは、多分、かなりおかしいはずだ。
3.未だに、弁護士の接見がされていない。当番弁護士による接見は少なくとも初回は無料でできるので、それがされなければおかしいが、既に捕まってから3日経つのにされていない。これは、元厚生事務次官殺害容疑の小泉と同じだ。小泉場合は、もう既に2ヶ月ほどが経つのに弁護士の接見がされたと言う報道がない。殺人事件では弁護士がつかないと裁判が開けない。多分、公判前整理手続きさえも出来ないのだから、単に拘留が続くことになる。これは、特に知的障害者にとっては、きついことだ。


刑務所に捕まっている人たちの中で軽度の知的障害者の割合は、一般健常人との比較で見ると、以上に高いと言われている。殺人事件は結構起きていて、まったく報道に乗らないものも結構ある。今回の高木容疑者の事件はかなり大きく報道されているのだと思う。なぜ、知的障害者の事件がこうやって報道されるのか、ある意味疑問だ。捜査の完全可視化がぜひ必要だと思う。そして、弁護士を特に知的障害者の場合は、逮捕翌日には公費で付けるべきだ。
そうでないと、単に事件が起こされて、知的障害者がその犯人として逮捕されると言うパターンが、多分、重要な事件で起ることになる。

以下は、「今月2日には、高本容疑者を追跡していた警視庁の捜査員が世田谷区近辺でその姿を一時見失い、約15分後、同区喜多見の東名高速高架下でホームレスの男性が殺害された遺体を発見した。」の引用元記事:
http://mainichi.jp/select/jiken/news/20090103k0000e040016000c.htmlより引用:
ホームレス襲撃:殺人未遂容疑で36歳男逮捕 東京
 昨年6月に路上生活者の男性が襲われた多摩川河川敷=東京都国立市で2009年1月3日午後3時15分、梅田麻衣子撮影 東京都国立市の多摩川河川敷で昨年6月、ホームレスの男性が襲われた事件で、警視庁捜査1課は3日、多摩市連光寺2、フリーター、高本孝之容疑者(36)を殺人未遂容疑で逮捕した。同課によると、高本容疑者は「(現場には)行ったことがないし、知らない。逮捕状にはめちゃくちゃなことが書いてある」と容疑を否認している。
 逮捕容疑は、昨年6月20日午前4時25分ごろ、国立市谷保の石田大橋下の多摩川河川敷で、男性(当時63歳)の頭部を鉄パイプのようなもので数回殴り、約2週間のけがをさせたとしている。
 捜査1課によると、高本容疑者の部屋などから鉄パイプ6本と包丁2本、血の付いたジャンパーとシャツ各1着が見つかった。
 都内の多摩地区では昨年3月と6月、ホームレスの男性が河川敷や高架下で襲撃される殺傷事件が計5件発生。今月2日には、高本容疑者を追跡していた警視庁の捜査員が世田谷区近辺でその姿を一時見失い、約15分後、同区喜多見の東名高速高架下でホームレスの男性が殺害された遺体を発見した。捜査1課は、高本容疑者と一連の事件との関連を慎重に調べる。
 捜査1課によると、国立市の現場近くの防犯カメラに、自転車に乗った高本容疑者によく似た男が映っていたことや被害者の証言などから浮上。昨年12月下旬から24時間態勢で追跡していた。
 一方、捜査1課によると、世田谷の事件は司法解剖の結果、後頭部右側を中心に計十数カ所の殴られた傷や刺し傷があり、死因は頭蓋骨(ずがいこつ)骨折による失血死だった。【佐々木洋、古関俊樹、内橋寿明】
以上引用終わり:  

  拍手はせず、拍手一覧を見る

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      HOME > 日本の事件28掲示板

フォローアップ:

このページに返信するときは、このボタンを押してください。投稿フォームが開きます。

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。