★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK46 > 128.html
 ★阿修羅♪
<なぜかこのニュースは速攻で削除>小沢氏の採決棄権、容認できず8割超【TBS News i】(どこへ行く、日本。)
http://www.asyura2.com/08/senkyo46/msg/128.html
投稿者 gataro 日時 2008 年 1 月 14 日 20:04:13: KbIx4LOvH6Ccw
 

http://ameblo.jp/warm-heart/entry-10065790514.html から転載。

2008-01-14 19:37:01
gataro-cloneの投稿

<なぜかこのニュースは速攻で削除>小沢氏の採決棄権、容認できず8割超【TBS News i】
テーマ:連帯:真の立憲民主主義国建設に向けて


「小沢氏の採決棄権、容認できず8割超」のTBS調査は元ニュースが速攻で削除されてしまっている。そこで、元ニュースを転載しているizaブログの「dangunのトンデモ」から再転載した。それにしてもなぜTBSはこのニュースを速攻で消したのか????小沢氏にマイナスになる報道をして「大連立」成立の障害にでもなってはまずいと、誰かが考えて横槍を入れたのだろうか。

==========================================

http://dangun.iza.ne.jp/blog/entry/449958/

小沢氏の採決棄権、容認できず8割超 首相は誰に TBS調査(dangunのトンデモ)

小沢君、首相にふさわしく無いとも判定されちゃいました。
 病気持ちだから、首相にはなれないので、彼にとってはどうでも良いことだとは思います。
 しかし、民主党の政権を望む人が54%もいます。これらの人は民主が政権をとったとしたら、誰が総理大臣になるれば良いと思っているのか?

 小沢辞任騒動の時、仙谷由人元政調会長から「代議士会や本会議には出席してほしい」と注文をつけられ、小沢君本人も、変身すると言っていました。
 仙谷さん面子丸つぶれ。

-------------------------------------

(削除されているが、ソースはこちら ⇒ http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3754242.html

(TBSより)

 給油継続法の採決で、衆議院本会議を退席し棄権した民主党の小沢代表の行動に対して、8割以上の人が「容認できない」と答えました。

 調査では、本会議を途中退席し、大阪府知事選の応援に向かった小沢代表の行動について、容認できないと答えた人は82パーセントと、容認できるの15パーセントを大きく上回りました。

 また、小沢代表に総理大臣になって欲しいかという質問に対しては、「なって欲しいと思う」が19パーセントだったのに対し、「思わない」と答えた人が77パーセントの人に上りました。

 一方で、次の衆議院選挙については「民主党を中心とする野党に勝って欲しい」と考える人が、先月より4ポイント増え54パーセントと、「自民党を中心とする与党に勝ってほしい」を、依然上回っていて、民主党に対する期待が必ずしも小沢総理大臣誕生への期待とは結びついていないという有権者の意識が浮き彫りとなりました。

 ところで、通常国会の焦点となる道路整備のために本来の税率に上乗せしてあるガソリン税の暫定税率について聞いたところ、今年3月末の期限切れにあわせて止めるべきだが79パーセント、続けるべきだが19パーセントという結果でした。

 与党は延長、民主党などは廃止の立場で、国会での議論が注目されます

  拍手はせず、拍手一覧を見る

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      HOME > 政治・選挙・NHK46掲示板

フォローアップ:

このページに返信するときは、このボタンを押してください。投稿フォームが開きます。

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
投稿コメント全ログ  コメント即時配信  スレ建て依頼  削除コメント確認方法
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。