★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK46 > 332.html
 ★阿修羅♪
自衛隊海外派遣 恒久法への前のめり危ぐ(山陽新聞)
http://www.asyura2.com/08/senkyo46/msg/332.html
投稿者 クマのプーさん 日時 2008 年 1 月 21 日 23:15:04: twUjz/PjYItws
 

http://www.sanyo.oni.co.jp/sanyonews/2008/01/21/2008012108394184002.html

社説

自衛隊海外派遣 恒久法への前のめり危ぐ


 福田康夫首相が通常国会の施政方針演説で、迅速かつ効果的な国際平和協力活動を実施するため、自衛隊の海外派遣を随時可能にする恒久法の検討を進める考えを明らかにした。今後の主要な政治課題となりそうだ。

 首相は、年頭会見でも事態ごとに特別措置法を制定する現在の方式では派遣に時間が掛かると述べ、恒久法制定に意欲を示した。政府としても今月上旬に町村信孝官房長官と高村正彦外相、石破茂防衛相の会合で、本格検討に入ることを決めている。

 インド洋での海上自衛隊による給油活動再開のための新テロ対策特別措置法が曲折の末に成立し、実施計画の閣議決定を経て海自補給艦が出港準備を進めている。二月中旬には現地で活動再開の見込みだ。だが、対テロ新法の期限は一年であり、この面からも政府は早く恒久法を制定したいところだろう。

 首相は、官房長官時代の二〇〇三年に私的諮問機関の報告を受けて恒久法制定方針を表明した。自民党も〇六年に防衛政策検討小委員会で法案原案を作成している。政府、自民党には、それなりに議論を重ねてきたとの思いがあろう。民主党も恒久法積極論者を抱える。恒久法制定論議を高めることで、民主党を政策協議に誘い出す狙いもあるかもしれない。

 世界の平和と安定に貢献することは首相が言う通り日本にとって重要ではあるが、一方で憲法九条を持つ日本は自衛隊の活用に関しては抑制的であるべきだ。

 自衛隊は平和憲法に基づいて専守防衛を旨としている。国際情勢の変化に対応して一九九二年に国連平和維持活動(PKO)協力法が制定された際にも、停戦合意の成立、紛争当事者の日本の参加に対する同意、武器使用は要員の生命保護など必要最小限にといった厳格な「参加五原則」が定められた。

 首相をはじめ恒久法積極論者は、特措法方式ではその都度国会論議を要するため適宜に対応できないというが、その時々の状況に応じて慎重に判断する姿勢を、日本は大切にすべきであろう。

 先の臨時国会は対テロ新法案をめぐって日本の国際貢献の在り方を議論する絶好の場だった。だが、自民党も民主党も次期衆院選を視野に政局絡みの対応に終始し、議論は深まらなかった。

 軍事面の貢献だけでなく、民生分野を中心とした、より幅広い貢献策が検討されてよかろう。広い視野に立った貢献策の議論がまず求められるのであり、恒久法制定ありきであってはならない。

(2008年1月21日掲載)

  拍手はせず、拍手一覧を見る

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      HOME > 政治・選挙・NHK46掲示板

フォローアップ:

このページに返信するときは、このボタンを押してください。投稿フォームが開きます。

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
投稿コメント全ログ  コメント即時配信  スレ建て依頼  削除コメント確認方法
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。