★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK46 > 354.html
 ★阿修羅♪
原田武夫  「そして中国バブルはまもなく崩壊する」(なぜ今、「朝鮮半島」を米国は狙うのか?)
http://www.asyura2.com/08/senkyo46/msg/354.html
投稿者 新世紀人 日時 2008 年 1 月 22 日 19:45:49: uj2zhYZWUUp16
 

http://money.mag2.com/invest/kokusai/

そして中国バブルはまもなく崩壊する

「偽米ドル」をめぐる騒動に急展開以前もこのコラムで、精巧な偽米ドル、いわゆる「スーパーノート」について、北朝鮮が製造しているという議論に重大な疑義があることを指摘した。そしてまた、どうやらこの騒動の影に、米国の通貨当局が仕掛けようとしている「通貨戦争」がちらつくことにも触れた。


※参照
『経済戦争のターゲットにされた日本円』
『「偽米ドル北朝鮮犯人説」を米国が撤回する?』


「そんなはずはない。偽米ドルをつくっているのは北朝鮮だ。日本は拉致問題という深刻な問題を抱えているのに、なぜ北朝鮮をかばうのか」と怒りを覚えた読者もいらっしゃったかもしれない。


しかし、私は何も、この場でどこかの国をかばったり、批判しようとしているのではない。個人投資家が生き残るために必要な「金融インテリジェンス」を磨くためには、あくまでも事態を客観的に見渡すことが必要だということなのだ。そして、客観的になればなるほど「北朝鮮犯人説」を唱える米国の議論の方がどうしても怪しく見えてくるということを説明したかったのである。


実はその後、事態に急展開があった。米国を代表する新聞「マクラッチー(McClatchy)」(ニューヨーク・タイムズ系列)が、1面トップで「偽米ドル北朝鮮犯人説は根拠に乏しい」と報じたのである(2008年1月10日)。


それによれば、同紙は過去10ヶ月間にわたる調査を実施。なんとブッシュ大統領にまで「直アテ」(=直接取材を行うこと)して、偽米ドル北朝鮮犯人説に公表できるほどの確証を米国政府として持ち合わせていないとの結論に達したのだという。


これは重大な事態の転換だ。なぜなら、これまで「北朝鮮犯人説」を唱える者たち(特に日本の「インテリジェンスのプロ」たち)は、米国以外の新聞(ドイツやスイス)においてだけこうした批判が出てきたことについて、「所詮、欧州のローカルな新聞に北朝鮮が仕掛けて、ウソをかかせたのだろう」ととりあわなかったからだ。しかし、マクラッチー紙は米国を代表する国内紙である。これで、この議論については「勝負アリ」と言わざるを得ない。


まもなく中国バブルは「第1次崩壊」の山場を迎える

日本の「インテリジェンスのプロ」たちはこれであわてふためいていることだろう。しかし、そんなことは私たち=日本の個人投資家にとっては、ある意味、どうでも良いことである。むしろ重要なのは、米国でなぜ、ブッシュ政権にビンタを食らわせるような報道が出たのか、その背後にある意図を考えることである。


世界中の経済・政治ニュースを選りすぐり、公式ブログでIISIAデイリー・ブリーフィング(無料)をお送りしている私の目からすると、この関連で急に気になってきたことがある。それは、どうもここにきて急激に米国以外の地域、とりわけ中国について、「バブル崩壊」を懸念する声が欧州の金融メディアの中であがってきたことである。


2008年1月15日付「フランクフルター・アルゲマイネ・ツァィトゥング」(ドイツ)は、「中国は日本の後を追うのか」と題する短い記事を掲載。それによれば、1983年からバブル絶頂期の1989年までに日本の東証株価指数が見せた「上げ幅」と、2001年から昨年10月の頂点に至るまでの中国・上海A株指数の「上げ幅」とを比較すると、相似形であることが分かるのだという。


「何だ、単なる偶然じゃないのか?」そう思われるかもしれない。しかし、この2か月ほど、欧州のメディアでは「中国バブル崩壊」といった論調は陰を潜めていたのである。それがここに来て突然出てきたことに、奇異な印象をぬぐえないのだ。


北京オリンピックに向けて過熱する中国経済が「バブル」であり、これが崩れるという意味での「崩壊」は、やがて2010年の上海万博に向けた次の「バブル」に消されることであろう。そのため、今回の事態は「中国バブル第1次崩壊」と呼ぶべきものである。そしてこれは、昨年10月末からすでに始まっている。ということは、今後、そう遠くない将来に、ついには「第1次崩壊」の決定打がくるということなのだろうか。


なぜ今、「朝鮮半島」を米国は狙うのか?

米国内で「偽米ドル北朝鮮犯人説」を否定する報道が出て米朝関係が急展開したことと、「中国バブル第1次崩壊」は無関係ではない。そして、その背後では欧米の東アジア、とりわけ朝鮮半島で経済利権抗争が激しくなっているのである。


1月8日に刊行した新著『北朝鮮VS.アメリカ 「偽米ドル」事件と大国のパワーゲーム』(ちくま新書)においても、そうした観点から東アジア、とりわけ北朝鮮において欧米が繰り広げる経済利権抗争を描いてみた。また、2月9日に東京で開催する無料学習セミナーではこの問題についても触れる予定である。


中国バブル第1次崩壊が済んだ後、いわばアク抜きされた後の中国、そして東アジアのけん引役として、これまで未開発で残されてきた「最後のエマージング・マーケット」としての北朝鮮がかねてより狙われてきた気配があった。


そして、さらにいえば、2010年以降に予想される「中国バブル第2次崩壊」の後、中国の沿岸部を中心に崩壊したバブルの結果、国外に流出する富を海の向こうにまで「飛ばす」(オンラインで、あるいは「実物」を輸出する)拠点として、手頃な場所が朝鮮半島に求められているという情報も、2005年頃より金融マーケットの深いところでは流布されている話なのだ。


したがって、「中国バブル崩壊」が進み、時計の針が進めば進むほど、米国は北朝鮮、そして韓国もあわせたKOREA(朝鮮)に接近していくことであろう。私たち=日本の個人投資家にはそうした現実を直視する勇気こそが求められていることを、これまで翻弄する議論だけが日本では流布されてきた「偽米ドル事件」は教えてくれるのである。

[新世紀人コメント]

日本の株式市場から外人投資家が手を引いていっている事には警戒も必要なのだ。
日本企業買収を容易化する為の環境造りの可能性が潜んでいるからだ。

中国バブル崩壊を巡っては、ミャンマー情勢とパキスタン情勢の混乱化に注視し続けなければならない。
パキスタンのムシャラフは、ブット氏暗殺の捜査について米国に協力を頼まず英国に頼んだ訳だが、これはムシャラフ自身がブット氏のように利用されて潰される事から逃れる道を探り始めたからだろう。謀略工作を行ってきたムシャラフはブット氏の様に無警戒な人物ではない。
しかし、訳の判らないテロ事件が頻発しているのだから、どのように不安定化して行くかが心配なところだ。
ミャンマー情勢については、遂に「怪しげな無差別爆弾テロ」が連続して起こされるようになった。純真な民主化要求運動家や国民がこの様な事件を起こすはずがないと考えられる。これは外部からの秩序破壊目的の「無差別テロ」であろう。
興味深いことに、ミャンマーで無差別爆弾テロが起こされ始めた時とほぼ同時期に、
日本で長井さん(ミャンマーで何者かに射殺された)の死因についての鑑識結果なるものが、随分と遅くなったにも拘らず発表された。それは「ごく至近距離からの射撃」というものであったが、これは勿論のことミャンマー側の言い分とは違っている。
しかも、毎日新聞だけが報じていた事だが、
「長井さんの衣服からは硝煙反応は検出されなかった」との事だった。
この様な大切な情報を他のメディアでは報じていないのである!!
『衣服から硝煙反応が出ない事と遺体からの至近距離からの射撃の疑い』とは全く矛盾するではないか。この様な鑑識結果?はもっと早く出せた筈だ。
何故、今出すのか? しかもミャンマーで無差別爆弾テロ(謀略機関による破壊活動を疑う事が出来るもの)が起きた時とほぼ同時に発表が為される事は、「相互に連絡の上での事」ではないのか?
ミャンマー情勢こそはチャイナバブル崩壊の材料として利用される可能性を警戒すべきであろう。

日本とミャンマーでは「射撃位置」が全く食い違っているのだ。↓

http://www.tokyo-np.co.jp/article/national/news/CK2008012102081072.html
長井さん殺害など5事件 『国外犯』適用を強化 警視庁 派遣や司法解剖
東京新聞2008年1月21日 朝刊

(前略)
昨年九月、ミャンマーでデモを取材していた映像ジャーナリスト長井健司さん=同(50)=が射殺された事件でも、警視庁は国外犯の規定を適用して遺体を解剖。その結果、一メートル以内の至近距離で銃撃されたことが分かった。

 しかし、ミャンマー側は三十ヤード(約二十七メートル)離れた地点から撃たれたと主張。双方の主張が対立している。
(転載以上)


 2 81 +−

  拍手はせず、拍手一覧を見る

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      HOME > 政治・選挙・NHK46掲示板

フォローアップ:

このページに返信するときは、このボタンを押してください。投稿フォームが開きます。

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
投稿コメント全ログ  コメント即時配信  スレ建て依頼  削除コメント確認方法
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。