★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK46 > 939.html
 ★阿修羅♪
故意犯の可能性に初めて言及 ギョーザ中毒事件で中国幹部(東京新聞)
http://www.asyura2.com/08/senkyo46/msg/939.html
投稿者 gataro 日時 2008 年 2 月 06 日 21:33:57: KbIx4LOvH6Ccw
 

製造元の天洋食品での調査はこれまで ⇒

日本向け冷凍ギョーザからメタミドホスは検出されずhttp://www.asyura2.com/08/senkyo46/msg/845.html

「メタミドホスなかった」生協連合会が「餃子問題」で報告
http://www.asyura2.com/07/health13/msg/542.html

そして混入したメタミドホスの濃度が残留農薬とするには高いため、

調査開始当初から、ギョウザ中毒事件は故意犯ではないかとする見方も強かった。また日本の捜査当局も、故意に混入した可能性も視野に入れ捜査を進めている。

ところがここに来て、これまで故意犯の可能性には言及しなかった中国当局者が、初めて故意犯の可能性に言及したのだ。

==========================================

http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2008020601000661.html

【国際】
故意犯の可能性に初めて言及 ギョーザ中毒事件で中国幹部 
2008年2月6日 20時26分

 【北京6日共同】中国国家品質監督検査検疫総局の魏伝忠副局長は6日、中国製ギョーザ中毒事件で、原因とされる有機リン系殺虫剤「メタミドホス」が中国側の生産過程で混入した可能性は低いとした上で「日中友好の発展を望まない少数の分子が極端な手段に出たのかもしれない」と述べ、故意の混入の可能性を示唆した。

 同事件調査のため訪中している日本政府調査チームと会談した際に語った。中国政府幹部が故意の犯行の可能性を示したのは初めて。中国側も残留農薬などが原因ではなく、故意の混入事件としての見方を強めていることが明らかになった。

 河北省にある製造元の天洋食品の工場を視察した日本政府の調査チームは6日午後、国家品質監督検査検疫総局を訪れ、副局長と会談した。

 会談で副局長は、ギョーザの保存サンプルの検査で、有機リン系殺虫剤が検出されなかった結果をあらためて強調した。

 団長の原嶋耐治内閣府消費者企画課長は「原因はまだ究明されていない。引き続き調査を継続し、場合によっては工場の再調査も検討したい」と応じた。

  拍手はせず、拍手一覧を見る

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      HOME > 政治・選挙・NHK46掲示板

フォローアップ:

このページに返信するときは、このボタンを押してください。投稿フォームが開きます。

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
投稿コメント全ログ  コメント即時配信  スレ建て依頼  削除コメント確認方法
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。