★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK48 > 713.html
 ★阿修羅♪
松下幸之助は、オゾン層を巡る詐欺話の主犯格です。
http://www.asyura2.com/08/senkyo48/msg/713.html
投稿者 スパイラルドラゴン 日時 2008 年 3 月 25 日 18:02:24: 0zaYIWuUC0gac
 

(回答先: 松下幸之助の新党構想とその挫折(天木直人のブログ) 投稿者 クマのプーさん 日時 2008 年 3 月 25 日 16:35:02)

http://blogs.dion.ne.jp/spiraldragon/archives/6649816.html より全文転載。

オゾンホールのフロン原因説のウソ

「らくちんランプ」の管理人スパイラルドラゴンです。今日は、2008年1月3日です。地球環響を守るためという名目で、多くの国と企業が一致団結して対応した、最初の国際的な取り組みは、「オゾン層保護のためのウィーン条約」から始まったフロンガス規制でした。

 しかし、フロンガスがオゾン層を破壊するという説(フルオロカーボンによるオゾン層破壊説)が、科学的な検証作業がいい加減な俗説のたぐいであり、オゾン層が季節や年によって変化することに着目し、特定の企業が金儲けの道具として利用するために「フロンガスはオゾン層を破壊する悪い科学物質だ」というデマを世界中に広めて、ついには国際的な規制が出来てしまったのだという情報を耳にしたら、多くの先進国の市民は、自国の国立大学の教授達や国立研究所の科学者達に怒りを覚えると思います。
 参照:オゾンホールの経年変化http://www.data.kishou.go.jp/obs-env/ozonehp/diag_o3hole.html

 このオゾン層を巡る詐欺話について、名城大学経済学部の槌田敦(つちだあつし)教授が「環境問題における『常識』を再検討する」の中で、簡潔にまとめて記述されていましたので、以下その全文を転載します。

(以下転載)

 オゾンホールのフロン原因説のウソ
http://env01.cool.ne.jp/ss02/ss021/t01.htm#s13
 オゾンホールの問題もウソだらけです。オゾンホールはフロンが原因ということになっています。しかし、それは濡れ衣でした。

 フロン原因説では、フロンが成層圏で塩素を放出して、これがオゾンを壊すという説なのですが、その反応には紫外線が不可欠です。オゾンが減るという場所と時期は、南極の春先です。

 南極の春先では日光は水平に入射しますから、大気の中を通過する長さは、垂直入射の10倍になります。ということは、紫外線は宇宙へ散乱してしまってほとんど存在しません。

 大気の上空には0.2ミクロンの埃がいっぱい浮いていますから、0.2ミクロンに近い波長の光は散乱されます。宇宙から見ると地球が青く見える原因は、0.4ミクロンの青い光が散乱されるからです。

 紫外線は0.3ミクロンですから、青い光よりももっと強く散乱されます。10倍も大気の中を通るということになれば、紫外線は残っていません。紫外線がないのですから、オゾンが化学反応で消えるというフロン原因説は成立しません。

 またもう一つ、南極の成層圏の大気が孤立しているということも、オゾンホール成立の理由になっています。他からオゾンの少ない空気が入って来る訳ではないのに南極でオゾンが減るのは、これを減らす化学反応があることの証拠だというのです。

 南極の成層圏大気が冬に孤立しているという証拠は、南極の成層圏が強い西風で囲まれているからと気象学者はいいます。

 しかし、この議論は、初等物理学を無視しています。何故、冬に南極周辺の成層圏で西風が吹くのでしょうか。その原因は、夏極(北半球)で暖められた成層圏大気が赤道を通り越して冬極(南半球)の方向へ動いているからです。

 地球は西から東に回転しています。これに伴って大気も西から東に回転しています。その速さは、回転半径が違いますから、赤道の大気のほうが高緯度の大気よりずっと早く回ります。その大気が赤道から南極の方に移動しますと、大地より先に回ることになります。大地より先に回る大気は大地から見ると、西風なのです。(この時北半球では東風です)。

 南極のまわりの高層成層圏で西風が吹いていることは、高層成層圏大気が赤道から極の方に動いていることを意味します。南極の成層圏大気は孤立などしていないのです。オゾンの少ない高層の成層圏大気が南極の方に移動しているので、オゾンホールということになるのです。

 これも論文「CO2温暖化説は世紀の暴論に詳しく書きましたのでお読みください(1)。

 北極の春ではオゾンは減らないのに、南極の春にオゾンが減る理由については、南極に発生する極成層圏雲であるという点では、気象学者たちの意見と同じです。

 しかし、その関与の理由が違います。彼らはこの雲の中でオゾンを壊す化学反応が起こるとしています。しかし、そうではなくて、この雲は大気より重いので落下しますが、このときオゾンの少ない高層成層圏大気を引きずり降ろすのです。このようにオゾンホールの発生原因は大気の運動だけで説明できます。

 ところで、南極など高緯度地帯でオゾンが減ることがそんなに問題なのでしょうか。夏になって紫外線が増えればたちどころに高緯度地帯成層圏のオゾン濃度も回復します。オゾンがないのは、春先の少しの期間に過ぎないし、その期間は紫外線がほとんどなく、影響はないのです。

1-4 だらしない自然科学者たち

 炭酸ガス温暖化説にしても、オゾンホールのフロン原因説にしても、何故間違いが信じられたかというと、温暖化では原子力派の科学者たちが大騒ぎした。それを受けて立ったのが石炭派の科学者たちです。

 どちらも御用学者たちで、その間の大論争なのですが、決着は政府がどちらに味方したかで決まります。原子力派の学者にたくさん研究費が流れたのです。石炭は斜陽産業ですから、研究費が集まらなかったのです。

 そうすると、関連分野の科学者は研究費欲しさに温暖化説にくみすることになって多数派が形成されることになりました。一般の科学者も無批判にこれに同調して、たくさんの本を書き、講演をしてお金をもらい、世論を支えました。

 オゾンホールの問題でも同じです。フロン原因説をだれが仕掛けたかというと、これは代替フロンの特許をもっている企業が仕掛け、その御用学者が宣伝して歩きました。

 なぜかというと、フロンを作っている会社は世界で25社しかない。代替フロンの特許を持っているのはデュポンとか大企業です。日本ではナショナルです。この連中が代替フロンの技術を売り込むために、いい加減な説を蔓延させたのでした。冷却などに用いる物質の需要が減ることはありませんから、これらの企業にとってはフロンでも代替フロンでもどちらでも、自社製品か特許がたくさん売れればよいのです。

 専門家はこのように御用学者ばかりで嘘つきですが、このようなことに引っかかる一般科学者もどうかしてます。彼らは多数の意見に弱く、孤立すると不安なのです。そこで無批判に多数に唱和し、ますます多数派は増えることになります。

(転載終わり)

 人々の間に争いを生み出し、戦争の種を撒いているのは、世渡り上手な科学者集団なのかも知れませんね。私は特に、神の存在を全否定し政治家が持ち上げるような科学者には、疑いの眼差しを向けています。

スパイラルドラゴン拝

  拍手はせず、拍手一覧を見る

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      HOME > 政治・選挙・NHK48掲示板

フォローアップ:

このページに返信するときは、このボタンを押してください。投稿フォームが開きます。

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
投稿コメント全ログ  コメント即時配信  スレ建て依頼  削除コメント確認方法
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。