★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK50 > 345.html
 ★阿修羅♪
宇宙基本法案:なし崩しに解釈拡大…今後の火種に(毎日新聞)
http://www.asyura2.com/08/senkyo50/msg/345.html
投稿者 クマのプーさん 日時 2008 年 5 月 20 日 21:41:06: twUjz/PjYItws
 

(回答先: 宇宙基本法案:自・民など4党賛成で可決 参院委(毎日新聞) 投稿者 クマのプーさん 日時 2008 年 5 月 20 日 21:17:31)

http://mainichi.jp/select/seiji/news/20080521k0000m010129000c.html

 21日成立予定の宇宙基本法案は、宇宙利用を平和目的に限定した1969年の国会決議を変えないまま、より拘束力が強い法律で「上から塗り替える」(自民党中堅)ものだ。しかし、法案審議は衆参両院でわずか約4時間で、決議の解釈拡大が半ばなし崩しになった形。軍事利用の歯止めの議論も深まっておらず、今後の火種になりそうだ。

 防衛省は、内閣官房が災害対策などで運用している情報収集衛星から、北朝鮮の監視などのための情報提供を受けている。しかし、「非軍事」と解釈されてきた決議に基づき、画像解像度など衛星に用いられた技術は民間並みにとどまる。

 これに対し、法案は「我が国の安全保障に資する開発利用」と明記。共同提出した与党と民主党の衆院議員は20日の参院内閣委で「軍事利用を一切認めないのが決議の趣旨とは考えにくい」(民主党の野田佳彦氏)、「解釈は『非軍事』ではなく『非侵略』が一般的だ」(自民党の河村建夫氏)など、解釈拡大を当然の前提とする論法を繰り広げた。

 法案が成立すれば、政府は(1)より高い解像度の偵察衛星(2)ミサイル防衛(MD)で弾道ミサイル発射を瞬時に探知する早期警戒衛星−−などを保有できる。防衛省幹部は「厳しい財政事情の下で当面、保有は現実的でない」とみているが、法的枠組みが整う意味合いは大きい。

 民主党護憲派や公明党に配慮、法案は「憲法の平和主義にのっとる」として宇宙利用に理念上の歯止めはかけた。しかし、衛星からのプライバシー侵害などの議論も盛り上がっておらず、参院内閣委の一部からは「拙速ではないか」との声も出た。【松尾良、近藤大介】

毎日新聞 2008年5月20日 21時20分

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      HOME > 政治・選挙・NHK50掲示板

フォローアップ:

このページに返信するときは、このボタンを押してください。投稿フォームが開きます。

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
投稿コメント全ログ  コメント即時配信  スレ建て依頼  削除コメント確認方法
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。