★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK50 > 483.html
 ★阿修羅♪
解説:北朝鮮、米朝改善向け転換か 拉致被害者帰国の用意 米説得に配慮 (毎日新聞)
http://www.asyura2.com/08/senkyo50/msg/483.html
投稿者 クマのプーさん 日時 2008 年 5 月 27 日 19:33:31: twUjz/PjYItws
 

(回答先: 拉致被害者:「帰国なら関係進展」政府高官(毎日新聞) 投稿者 クマのプーさん 日時 2008 年 5 月 27 日 19:25:54)

http://mainichi.jp/select/jiken/archive/news/2008/05/27/20080527dde007040005000c.html

 北朝鮮はこれまで、新たな拉致被害者の存在を訪朝した国会議員らに漏らすことはあっても、公式には「拉致は解決済み」との姿勢を崩さなかった。だが、6カ国協議などを通じた北朝鮮の経済活性化に日本の資金が不可欠とされるなか、米国への「告白」によって拉致問題を「進展」させた方が得策と判断したとみられる。

 日朝関係は拉致問題をめぐり、こう着状態が続く。このため、政府は6カ国協議で合意した北朝鮮へのエネルギー支援を見合わせているほか、今年4月には「経済制裁」を延長。さらに、拉致問題の進展をテロ支援国家指定解除の条件とするよう、米国に再三要請してきた。

 一方、米朝関係は昨年から好転。米国の金融制裁で凍結されていたマカオの銀行口座の北朝鮮資金は昨年6月に返還され、今年2月にはブッシュ大統領から金正日(キム・ジョンイル)総書記に親書も送られた。

 外交成果を優先する米国は、6カ国協議で合意した「核計画の申告」や「核施設の無能力化」が履行されれば指定解除に踏み切る考えだ。ただ、拉致問題の解決を求める同盟国・日本にも配慮する必要がある。

 このため、米国は北朝鮮と接触する度に「拉致問題の進展」の必要性を説いてきた。こうした状況を受け、北朝鮮は説得に応じる形で米国のメンツを立て、今後の対米交渉をスムーズにしたい考えとみられる。

毎日新聞 2008年5月27日 東京夕刊

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      HOME > 政治・選挙・NHK50掲示板

フォローアップ:

このページに返信するときは、このボタンを押してください。投稿フォームが開きます。

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
投稿コメント全ログ  コメント即時配信  スレ建て依頼  削除コメント確認方法
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。