★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK50 > 522.html
 ★阿修羅♪
“茨城空港”また1つムダな空港が増える(日刊ゲンダイ)
http://www.asyura2.com/08/senkyo50/msg/522.html
投稿者 クマのプーさん 日時 2008 年 5 月 30 日 10:40:29: twUjz/PjYItws
 

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080530-00000009-gen-ent

“茨城空港”また1つムダな空港が増える
5月30日10時0分配信 日刊ゲンダイ


●国内大手は就航に難色
「なんで茨城がトウキョウ・メトロポリタン?」と、名称論争が話題になった茨城空港。こんな恥ずかしい名前を打ち出さなきゃいけないのにはワケがある。開港予定(2010年3月)が1年半と迫っているのに、国内の航空会社が就航に難色を示しているため、仕方なく、海外のエアラインを誘致せざるを得ない。そのための苦肉の策なのだ。
「県の担当者らがJALやANAに熱心に就航を働きかけています。しかし、両社ともただでさえ利用率の悪い地方路線を減便していて、JALは今年4月からお隣の福島―伊丹線を1日2便から1便に減らしました。そんな状況で茨城に就航するわけがありません」(県政事情通)
 茨城空港の事業化が決定した当時、国交省や県は「北海道、大阪、福岡、沖縄へ1日4便就航」「水戸―札幌の移動で羽田を使う場合より2時間短縮」「県民の利便性向上」とアピールしていた。まさに絵に描いたモチである。
 そんな空港に巨額の事業費が投入され、またひとつムダな地方空港が増えるわけだ。
 茨城県の橋本昌知事は海外の格安航空(LCC)の就航に望みをつないでいる。マレーシアのエア・アジアXから好感触を得たともいう。だが、LCC頼みは他の地方空港も同様で、やはりムダな空港といわれ続けた静岡空港もシンガポール航空に働きかけた。どこも就航する航空会社獲得に必死なのだ。
「LCCにとって地方空港へ就航する魅力は、着陸料の安さに尽きる。地方空港同士で着陸料引き下げ合戦が勃発し、結局、空港運営の赤字を税金で補填、なんてことにならなければいいが」(航空ジャーナリスト)
 この国は、いつまで無策を続ければ気が済むのか。
 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      HOME > 政治・選挙・NHK50掲示板

フォローアップ:

このページに返信するときは、このボタンを押してください。投稿フォームが開きます。

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
投稿コメント全ログ  コメント即時配信  スレ建て依頼  削除コメント確認方法
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。