★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK50 > 528.html
 ★阿修羅♪
ぐっちー氏のブログとメディアが取っている奇怪な偏頗性(神州の泉)
http://www.asyura2.com/08/senkyo50/msg/528.html
投稿者 忍 日時 2008 年 5 月 30 日 13:35:23: wSkXaMWcMRZGI
 

ぐっちー氏のブログとメディアが取っている奇怪な偏頗性(神州の泉)
テーマ:今の日本の社会の問題の現状 2008-05-29 13:27:52
ぐっちー氏のブログとメディアが取っている奇怪な偏頗性

 植草一秀さんが、ブログにて果敢に反撃行為に出られたことをとても心強く感じる。身に覚えのない事件に巻き込まれ、巨大なメディアに叩かれるだけ叩かれた植草さんは、人間の尊厳とその存在を賭けて、今、反撃にその姿勢を向けた。私は2006年9月13日に植草さんが遭遇した京急事件の翌日から、彼は謀略に嵌められたとブログで主張してきた。その観点は今も一向に揺らぐことはなく、その確信はますます強まっている。植草さんは『知られざる真実-勾留地にて-』で、非常に冷静に客観的に自己の遭遇した事件やその背景を語られているが、今度はブログでも堂々と自己の見解を提起、主張し始めた。

 このとこで、またもや彼を陥れた勢力の悪意を浴びることになるかもしれないが、今度はそう簡単にはいかないことは確かだ。なぜなら、私を含めて、この問題に関心を寄せる多くのブロガーや読者層の強い注目を引き付けている現状にあっては、むごい仕打ちはできにくくなっているからだ。それでも敢えて植草さんを攻撃するということであるなら、その者たちは覚悟した方がいい。日本全国に大勢いる確信的な植草さん擁護派がけっして黙っていないからだ。私はさまざまな人にメールを頂戴しているが、植草さんの無実を信じている方々は想像以上に多いことをここに付して置く。それも、ただの冤罪ではないと感じている人は多い。

 さて、5月27日(火)付けの植草さんブログ を見て欲しい。5月25日付けの記事では、植草さんは「債券・株・為替 中年金融マン ぐっちーさんの金持ちまっしぐら」について、ぐっちーなる人物が行なった捏造記事の悪質さに言及して、『私に対する負のイメージを強烈に作り出そうとしたことの政治的背景を考察せざるを得ない』と断言している。要するにぐっちー氏が、京急電車内で植草氏の遭遇した事件が、あたかも既遂事実であるかのような書き方をしたのが、タイミング的には翌日の9月14日であったということは注目すべきことである。
______________________________________
(「植草一秀君-2 」(社会 / 2006-09-14 16:25:34)という記事から引用)

・・・略・・・
これから本人に会いに行ってきます。
蒲田だそうで、餃子を食べに行ったくらいしか記憶にありませんが(笑)。
また、こちらでご報告いたしますが、3回目はさすがにまずいだろうね。私は偽証罪を問われたりするかもしれんの(笑)。
________________________________________

 正直、このタイミングで植草さんを既遂事実であったかのような記述をするということ自体が不自然極まりないことだ。印象操作を目的とした記述としか考えられない。5月27日(火)の植草さんの記事では、ぐっちー氏のブログからコラム記事が盗用されている問題について、ぐっちー氏自身と、それに対する三大コアー新聞の取り扱い姿勢の偏頗性について憤りをもって語っている。それはわが国のコアーなマスメディアに位置する毎日、産経、朝日の三社が、ぐっちー氏のブログ盗用問題だけは大々的に取り上げながら、植草さんに関する捏造記事についてはだんまりを決め込んでいるという事実である。

 おかしいとは思わないだろうか。メディアによるこの偏頗性、非対称性を。ぐっちー氏は明らかに植草さんの事柄について『嘘』のブログ記事を書いている。三大メディアは、この問題には徹底的に無視を決め込んで置きながら、盗用問題に対しては『正義の視点』から報道しているのだ。報道に関して、このようなダブルスタンダードが許されるのか。朝日、毎日、産経はぐっちー氏の植草さん関連記事について速やかにきちんと言及する責務がある。

捕捉: 植草さんはぐっちー氏に対し、内容証明郵便を送り、弁護士が電話で通知しているにも関わらず、ぐっちー氏は、一年も経過しているが公的には何のリアクションも取っていないらしい。明らかに虚偽の記載を行なって植草さんの人格権や名誉を毀損しているにもかかわらず、ぐっちー氏本人も、三大メディアもこれに触れないことは不当そのものだ。この無視には巨大な悪意を感じる。

 あと・・、ぐっちーなる人物のブログを見ていて気が付いたが、そのURLには気になる人物の名前が見えている。

 http://blog.goo.ne.jp/kitanotakeshi55

 kitanotakeshi=北野たけし氏である。タレントのビートたけし氏が何度か植草さんを誹謗している事実がある。このこととぐっちー氏とは何か関係があるのだろうか。


コメント

2ちゃんねる閲覧者さま

 ありがとうございます。ぐっちー氏はけっこう
知られている人なんですね。だとすれば、印象操
作の効果はかなり大きいと言わざるを得ません。

投稿 高橋博彦(管理人) | 2008年5月29日 (木) 12時17分

憂国のAS様

 ありがとうございます。やっぱり竹中→国際金
融資本に繋がっているのですね。あのブログの管
理者さんは。

投稿 高橋博彦(管理人) | 2008年5月29日 (木) 12時14分

こんにちは。
早速ですが、下記は2チャンネル経済板の書き込みです。
これを読むと彼と小泉が関係している事が分かります。

9 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2008/05/28(水) 14:06:38
ぐっちーさんは凄いんだぞ。ブログによれば
http://blog.goo.ne.jp/kitanotakeshi55
・米証券会社「モルガン・スタンレー」に15年間勤務。
・切込隊長こと山本一郎の推薦でアルファブロガーに選ばれる。2007-11-14
・植草一秀氏とはかつて親友だった。2005-03-23 2006-09-14 2006-09-15
・世界的ライダー、ノリックこと阿部典史(故人)を息子同然に可愛がっていた。2007-10-18
・マウリツィオ・ポリーニの前でピアノを弾いて褒められたことがある。2005-11-09
・ロシア語通訳でエッセイスト、小説家の米原万理(故人)はロシア語の師匠で非常に世話に
 なっていた。2006-05-30
・長嶋茂雄の4軒となりに住んでいた。2007-07-31
 友達に「長島選手とすごく仲がいいんだぜ」と嘘をついたため、サインをもらってくるように頼まれた。
 家の前で途方にくれてたら、長島選手の奥さんに発見されサインと菓子を頂いた。
 このエピソードを漫画のネタにされ、ぱくられた。
・父親は陸軍士官学校卒の戦車隊小隊長。本土決戦のために呼び戻されて、終戦を迎えた。2007-11-29
 父親が上官に、民間人を「ひき殺して行け!」と言われたという体験談を司馬遼太郎に盗まれた。

・世界の北野武とも友人で、911のテロの瞬間も六本木で共に飲んでた。2006-09-11
・アメリカ大統領と直接話せるほど偉い日本の財界人K氏とも友人である。2005-06-13

・マンデル教授を論破したり、ハーバード大卒の娘を口説けるほどの英語力がある。2006-04-11

・シーファー駐日大使とも知人である。2006-09-23

・アル・ゴア元副大統領とは軽口を叩けるほどの友人である。2007-10-14

・ノーベル経済学賞受賞者マンデル教授と小泉純一郎首相との会談の通訳を務めた。2005-10-24
 会談後、観光案内をとおしてマンデル教授との親交を深める。2005-10-25

投稿 2ちゃんねる閲覧者 | 2008年5月29日 (木) 00時01分

グッチーといえば、モルガンスタンレー
モルガンスタンレーといえば、ロバートフェルドマン
ロバートフェルドマンといえば、竹中平蔵

いろいろな事象が、シナプスのように繋がり始めていますね

投稿 憂国のAS | 2008年5月28日 (水) 23時37分

JAXVNさん、ありがとうございます。

>山口氏はテレビ東京に出演したり、アエラに
>連載を持ったりしているれっきとした「マス
>コミ関係者」です。ますます「連係説」が
>説得力を強めてきそうですね。

 連携でしょうね。これは。つまり、彼も電通
か、総務省か、財務省か知りませんが、ある指令
のもとにあのような記事を発信したかもしれませ
ん。


投稿 高橋博彦(管理人) | 2008年5月28日 (水) 23時36分

ななしさんへ

>新自由主義の行き着く先は米英のような社会的
>流動性の極めて低い階級固定化社会、世襲制社
>会ですからね

 その通りですね。ネオリベの究極相は強烈な格
差固定社会であり、福祉社会の対極にある監視国
家です。私は夜警国家をイメージしますが。その
世界は報道の自由もなく、異常な警察権力にがん
じがらめにされているでしょう。

投稿 高橋博彦(管理人) | 2008年5月28日 (水) 23時31分

こんにちは。
植草氏のブログに「ぐっちー氏ブログ問題」の続報が掲載されていました。ご紹介します。
「中年金融マンぐっちーさんコラム盗用問題報道について(続報)

 5月27日付記事「中年金融マンぐっちーさんコラム盗用問題報道について」の続報ですが、Y・M氏は現在国内A証券に勤務する山口正洋氏であることがネット上の情報ですでに明らかになっていますので、実名を表記することにします。山口氏はテレビ東京番組にも出演されており、このことは同氏のブログにも記事が掲載されています。 

現在までのところ、この問題についての山口氏からのコメントはブログに掲載されておりません。また、この問題を報道し、また山口氏をこれまで記事などで紹介してきた毎日、産経、朝日の3社も、この問題に関する追加報道をしておりません。ニュース報道ではJ-CASTニュースが記事を掲載しておりますが、これまでのところ他社は追随していません。

 毎日、産経、朝日の3社は事実関係を確認しているのだと推察していますが、今後の報道を注視したいと思います。」
http://uekusak.cocolog-nifty.com/blog/2008/05/post_5cd1.html
山口氏はテレビ東京に出演したり、アエラに連載を持ったりしているれっきとした「マスコミ関係者」です。ますます「連係説」が説得力を強めてきそうですね。
それにしてもテレビ東京とは。「小泉・竹中信者、新自由主義信奉者」というのもさもありなん、という感じです。

投稿 JAXVN | 2008年5月28日 (水) 20時42分
ぐっちー氏のブログを拝見して来ました。
彼はいわゆる典型的な小泉・竹中信者、新自由主義信奉者ですね。
マスコミ関係や芸能人も多いタイプです。
たけしや伸介、太田光なんかもそうですね。
特に爆笑問題太田なんかは典型的左翼でありながら小泉改革の信奉者でもあります。
メディアでも度々その種の発言を繰り返していますしね。
植草氏に対する誹謗中傷も良く口に出してますね。
意図的でしょうね。
ちなみに相方の田中はどうもケインズ主義(一億総中流)の方がイイみたいですが。
まあマスコミや芸能人は改革で痛みを受ける訳じゃあ無いですしねw
むしろ金持ち減税や周りが貧乏になる事で相対的勝ち組になれるから良いんでしょうw
しかも新自由主義の行き着く先は米英のような社会的流動性の極めて低い階級固定化社会、世襲制社会ですからね。
現在の勝ち組に取っては大歓迎でしょうw
太田本人は相当学歴(日大芸術学部)に対して劣等感を持ってるようですし。
余談ですが彼の妻で事務所の社長をやってる方は創価信者だそうです。
たけしも似たようなもんでしょう。
ちなみにTVタックルのスポンサー企業は香ばしいですよw
それこそ改革で得した企業のオンパレードです。
90年代初めはたけしも国益擁護派だったんですけどね〜。
横山やすしらと鎖国を掲げて政党作ろうとしてましたしね。
いつから変質しちゃったんでしょうねw
ところでマスコミが勝ち組でいられるのも外資規制を始めとする規制に守られてるおかげなんですがね〜。
新自由主義化に協力すると言う条件で認められたんでしょうね。
これも小泉内閣時代だったと記憶しております。
ま、自らの保身と引き換えに売国に邁進してるのが今の日本のマスコミの真の姿なんでしょうな。

神州の泉
http://shimotazawa.cocolog-wbs.com/akebi/2008/05

[コメント]
ひき逃げか、殺人か
http://syouhou.iza.ne.jp/blog/entry/589872/

上のユー・チューブの動画で、ぐっちーの本名は、「山口正洋」で、名指し、ひき逃げの犯罪場面の動画を表示している。そこに出ている名指しは、「山口正洋 谷口元一 島本光規 金景敏 徐文平 染谷幸彦 東海澱粉」である。真相はどうであるか。
 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      HOME > 政治・選挙・NHK50掲示板

フォローアップ:

このページに返信するときは、このボタンを押してください。投稿フォームが開きます。

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
投稿コメント全ログ  コメント即時配信  スレ建て依頼  削除コメント確認方法
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。