★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK50 > 600.html
 ★阿修羅♪
どこまで放置か!酷過ぎる日本の政治!忘れられた日本国民!緊急援助対策要請!
http://www.asyura2.com/08/senkyo50/msg/600.html
投稿者 秋吉悠加 日時 2008 年 6 月 03 日 10:56:33: ldiFanJt9l51o
 

.
いつまで、放っておくのか国民家族を!
誰の為に、何の為に選ばれた政治家なのか!
国民と政治家、『力を合わせて』、先ず国民の緊急生存権を確保しよう。

その上で生存権の為の社会制度の「新設」を目指そうではありませんか?

【緊急援助対策要請!】
放置できない国民の手遅的現況!
----限界の2005年,それから更に放置!

明かりを点けよ! 水道は一人残らずに配水せよ! ガスも止めるな!
http://www.asyura2.com/0510/senkyo16/msg/1156.html
投稿者 yu-min-yu 日時 2005 年 11 月 19 日 08:28:00: MbfpRsg6ovywg
------------------------------------------------------------


・・・/// ・・・///・・・///・・・///・・・///・・・///・・・///・・・///・・・///・・・///

国民の為の政治とは、一人一人の国民の存在を思いやる姿勢こそ基本では
ないのか。そこで初めて国民の持てる能力は活かされ、豊な財源に結びつく
政治体制になるといえるのではなかろうか。

・・・/// ・・・///・・・///・・・///・・・///・・・///・・・///・・・///・・・///・・・///


------------------------------------------------------------
2005.11.19
(転送紹介歓迎です)

明かりを点けよ! 水道は一人残らずに配水せよ! ガスも止めるな!

今苦しみの只中にいる一人一人の国民を孤独の中に放置してはいけない。

政府は見栄のヘマ外交やら、ODAやら、途上国の人道,職業指導とやらで
国外での慈善事業等、権力維持の為には、湯水の如く税金を垂れ流すが、
国内の国民生活の為の政治政策がスッポリ抜け落ちているのである。

国民市民蔑視の極右思想は、軍拡・米追従に専念し、経済感覚はマヒし
国際金融資本家に翻弄され、国内優良企業群の深刻被害も放置されて
国内はアレもコレも荒れ放題、政治機能の喪失、空洞化権力は支配層の
為だけに機能し 順調に回転している。

ブッシュ犬追随のポチ犬は、アメリカの占領(飼い主)なしには生きられない。
しかし国民はポチ犬の生き方とは、別の所に日本があると見ている。米占領の
基地はポチの私有財産ではない。権力・支配層の都合しか考えない小泉さん、
先ず日本固有の国土を、日本国民に取り戻す努力が必要なのではなかろうか。

そして日本国民の存在・命・能力を大切にする必要があると考える。

改革改革と小異を捨て大道につく 政策なき蛮勇で、政治力は骨抜きになった。
足元の民を見よ! 現実を見よ! 政治権力,大宗教,支配層,天皇,極右思想の
人達は、国民の命にかかわる苦悩に対して何か政策を実現したのでしょうか?

権威・権力の拡大ばかりに集中して、国民を見捨てているのが彼等である。
国民の能力を評価しなければ税収も減る。国民の為の政治政策を投げ出し、
政治力の無いまま権力の座に執着し、無責任に国民の地獄を広げている。

国民の今日! 明日の命の為に、政治家は国内対策にも力を発揮されたい。
世界の中の優先すべき国内困窮に対し、早急に人道援助対策を願います。

明かりを点けよ! 水道は一人残らずに配水せよ! ガスも止めるな!
これら生きる為の基本を放置しておく政権とは、殺人者そのものではないか。

その力がないのに、政権の座にあるという事が異常事態に見えるのである。
------------------------------------------------------------


****・・****・・****・・****・・****・・****・・**

去年の名残の蝋燭を立てて,今宵早めのメリークリスマス!
http://www.asyura2.com/0510/idletalk15/msg/735.html
投稿者 馬場英治 日時 2005 年 11 月 18 日 16:44:42: dcAX/x0KhXeNE

****・・****・・****・・****・・****・・****・・**


------------------------------------------------------------

[ 政局の要点(国民の闘いの視点は重要) ]

敗北感により後退するのではなく何かへの挑戦的、、、
http://www.asyura2.com/08/idletalk31/msg/649.html
投稿者 秋吉悠加 日時 2008 年 6 月 01 日 18:08:53: ldiFanJt9l51o

(回答先: あなたの敗因は、目的を小さく(労働者の救済)設定したことです。
目的>戦略>戦術とならず、末狭まりの議論となったのです。
投稿者 乃依 日時 2008 年 6 月 01 日 11:59:24)
^^^^^^^^^^^^^^

*** 敗北感により後退するのではなく何かへの挑戦的休養!
(あんたらと同じ土壌で対話はできね〜やとサジを投げる)
という、見方もあるでしょう。

勿論あんたらとは、秋吉も入っていますよ。。。

労働者の救済 イコール そこに集約される総ての国民救済も含める方が
(労働者が労働現場から離れた社会的な繋がりの場も含める方が)
国民的戦いになる。


>日本の労働人口は、6700万人程度で、これでさえも、
>人口の半数程度でしかなく、
>また、労働者として数えられている人たちも、
>労働時間以外は、
>家庭人や消費者、個人投資家といった、別の姿で
>存在しているわけです。

>要するに、「労働者の救済」を目標にして意味を持ちうるのは、
>労働組合の役員等のみでしょう。


伝統的「野党政党の立場」は、労働者としての囲い込みをして
それ以外の国民の立場を軽視してしまう。(言葉では何とでも言えますが)

それは「支配層を囲いこむ現政権」による国民軽視の対応と
ほとんど変わらない権力体質のものではないでしょうか。

政治権力として軽視してしまう「無意識の心」、本来
政権が「責任を持たねばならない国民」である、との認識が
希薄になってしまい、ゴミのようにしか映らなくなっている
という事でしょう。左右の権力の問題点でしょうね

敗北感よりも、そういう権力体質への嫌気がさした、そんな挑戦も
含まれた休養宣言の可能性もあるのでは?、 とも推測してみます。
------------------------------------------------------------

(2008.6.3) 政治体制を選ぶ選挙をするには、
新しい政権の内容の為の準備が不十分ということであり
今、政権が交代しても、国民にとっては現状維持となるだけであり、
選挙はムダな労力となり目指す要点をボカす結果となってしまう。

(国民という定義の中には労働者も含まれ、支配層も含まれる)

先に延びるのは、国民の立場に実際に効果が出るような,未来に期待の
もてる政策実現の政権というものを国民は期待しているからでしょう。
現時点なら、勇気を出せば国内の緊急援助対策の実践が可能でしょう。
国外への熱心な援助活動と同様、公平に国内援助も必要な時です!

http://www.asyura2.com/08/senkyo50/msg/419.html
☆* 緊急の対策に回すとは、
年間3万人以上の自殺者の為の対策として
住宅・電気・ガス・水道・食料などを整える生活インフラ事業を
(中小零細企業・雇用促進対策として)各地域で個数を決めて
取り組む事も国民の役に立つ事業(活動)ではないでしょうか。
----------

★権力が囲い込んだ支配層・権力が囲い込んだ労働者。左右権力。
政治権力は、囲い込みの延長線上に存在している国民の立場に対して
政治政策がスッポリ抜け落ちてきた。 抜け落ちた政策の、
その責任の穴埋めとしても、緊急援助対策は必要なのです。

日本国民にとって、
本物の政治家の力が、これほど必要な場面は, ないでしょう。

------------------------------------------------------------

.  

  拍手はせず、拍手一覧を見る

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      HOME > 政治・選挙・NHK50掲示板

フォローアップ:

このページに返信するときは、このボタンを押してください。投稿フォームが開きます。

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
投稿コメント全ログ  コメント即時配信  スレ建て依頼  削除コメント確認方法
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。