★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK50 > 631.html
 ★阿修羅♪
信念語らぬ首相(毎日新聞)
http://www.asyura2.com/08/senkyo50/msg/631.html
投稿者 クマのプーさん 日時 2008 年 6 月 05 日 20:41:01: twUjz/PjYItws
 

http://mainichi.jp/select/seiji/tsumuji/news/20080604ddm005070015000c.html


 つむじ風


信念語らぬ首相


 「子どもたちが多く犠牲になっている。これからも頑張ってください」

 97年、小渕恵三外相(当時)は、地雷探知装置の試作機を手に、冨田洋さんに声をかけた。経営する会社の道路空洞探査技術を利用し、探知装置開発に当たっていた冨田さん。同行して取材した私は、質問を重ねる小渕氏の熱心さに驚いた。

 「長い海岸線を守るため、日本の防衛に地雷は不可欠」との声が政府・与党に多い中、小渕氏は早くから対人地雷廃絶を唱えた。「小渕さんが外相でなければ、あんなに早く日本が全面禁止条約に署名することはなかった」と評価の声は多い。小渕氏は「日本は被害者の支援をしているのだから、条約批准は当然」「犠牲者ゼロに向け、さらに努力する」と、自らの信念を繰り返し語った。

 冨田さんはその後、探知装置の改良を重ね、タイ・カンボジア国境の遺跡などで地雷除去を果たす。自衛隊が保有していた約100万個の対人地雷は廃棄処分された。

 クラスター爆弾も、不発弾による市民の被害が絶えないことから、対人地雷と同様に廃絶運動が起きた。事実上、即時全面禁止する条約案に、一転して賛成に回った日本。福田康夫首相の政治判断だったという。

 素晴らしい決断だと思う。だが、もどかしい。首相から、決断に至った信念が伝わってこないからだ。信念を語らぬリーダーに、魅力は感じられない。【丸山雅也】

毎日新聞 2008年6月4日 東京朝刊

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      HOME > 政治・選挙・NHK50掲示板

フォローアップ:

このページに返信するときは、このボタンを押してください。投稿フォームが開きます。

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
投稿コメント全ログ  コメント即時配信  スレ建て依頼  削除コメント確認方法
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。