★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK53 > 192.html
 ★阿修羅♪
白川勝彦:幽霊の後は、化け物が・・・ (永田町徒然草)
http://www.asyura2.com/08/senkyo53/msg/192.html
投稿者 ダイナモ 日時 2008 年 9 月 03 日 12:40:02: mY9T/8MdR98ug
 

リベラル!! リベラリスト(自由主義者) 白川勝彦Webサイト HOME
永田町徒然草 No.919

幽霊のような福田首相だった。私はこの人の顔をみる度に不快になった。だから、この人の顔を見なくてもよくなるのだから、退陣は歓迎する。テレビをみていると同じような意見の人が多いようであるが、幽霊が消える前にハッキリと憶えておかなければならないことを指摘しておこう。幽霊の後は、化け物が出てきそうである。幽霊や化け物は、夏にでてくると聞いていたが・・・・・

福田首相の大罪の筆頭は、衆議院で3回の再可決で悪政を強行したことである。インド洋における給油法(新テロ特措法)、道路特定財源の暫定税率の復活、道路特定財源に関する特別法の3回である。いずれも国民の3分の2近くが反対していることを平然と無視して強行したのである。非民主的であり、ファッショ的でさえあった。なにが“国民の目線”だ!! このことを国民は絶対に忘れてはならない。

次の大罪は、政治を“私(わたくし)”したことである。安倍首相辞任の後に、急にふあっと総裁選に出馬し、総選挙を前に駄々をこねるように不可解な辞職をした。福田康夫氏が総裁選に立候補をした理由は、「森喜郎・小泉純一郎・安倍晋三の3人が首相をやれたのだから、派閥の創始者の息子である私がやってもおかしくもないだろう」という程度のものだったのであろう。そして親父がやれなかったサミットもやれたのだから、もうそろそろ辞めても好いだろうという程度の気分で退陣したのだろう。

“駄々っ子”のような気持ちで総理大臣になった人も問題だが、そんな人物を首相に選出した自公“合体”体制そのものを批判しなければならない。公明党の軋轢を必要以上に強調する人がいるが、来年夏の都議選を理由に国政を左右しようという公明党も“駄々っ子”のようなものである。福田首相の辞任について、いろんな人が様々のことを言っているが、自公“合体”体制は国家権力を“私”している輩の集まりなのである。その輩が馬鹿騒ぎをして新しい首相を産み出そうとしている。鬼もでるし蛇もでる。化け物が出ても不思議ではない。

それでは、また。


 

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      HOME > 政治・選挙・NHK53掲示板

フォローアップ:

このページに返信するときは、このボタンを押してください。投稿フォームが開きます。

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。