★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK53 > 337.html
 ★阿修羅♪
麻生太郎のマスコミ人気の欺瞞と日本が世界中から袋叩きになる自民党の断末魔
http://www.asyura2.com/08/senkyo53/msg/337.html
投稿者 MAGIC 日時 2008 年 9 月 08 日 12:53:49: YUDpPsb5pHfUU
 

(回答先: 麻生氏人気 でも政権交代を期待【スポニチ】 投稿者 ブッダの弟子 日時 2008 年 9 月 07 日 16:28:12)

http://www.asyura2.com/08/hihyo8/msg/413.html
投稿者 怪傑ゼロ 日時 2008 年 8 月 24 日 13:22:09: Wmm/PVcgalDww
日本のマスコミは世界のことに無知のまま、小泉劇場を始めとして政府の提灯持ちになり、大衆を欺瞞する情報操作に忙しいようだ。日本国内では麻生太郎を次期首相にという声があるが、麻生の出身母体の麻生炭坑は戦時中の強制労働で、朝鮮人労働者や英国やオーストラリアの戦争捕虜を酷使したことで悪名が高く、こんな男を外相や自民党幹事長にしている日本人の政治感覚に対して、徹底的な批判の論調が展開していることに日本人は気づくべきだ。麻生太郎が戦争犯罪に対して無自覚であることは、世界の論壇では非常に有名であり、この時代錯誤男に対しての糾弾には強烈なものが読み取れる。
英国のガーディアン紙の特派員だったクリストファー・リードは、世界を舞台にこの問題を取り上げて言論活動を展開している。
<英語の記事の代表例>
http://209.85.141.104/search?q=cache:1lmaMYs_vk0J:www.counterpunch.org/reed06202006.html+christopher+reed,+Aso,pow&hl=ja&ct=clnk&cd=3&gl=us
http://209.85.141.104/search?q=cache:AdbIvRC-VMMJ:japanfocus.org/products/details/1627+christopher+reed,+Aso,pow&hl=ja&ct=clnk&cd=2&gl=usその日本語訳はこの記事で読める
また、ガーディアンのばりばりの現役記者デービット・スミスが、リードと組んでロンドンから発信し続けているので、麻生を次期自民党総裁にするような愚行を犯せば、安倍の慰安婦問題への世界の反発を上回る相同になり、この威力はすさまじいものになるはずだ。
http://www.guardian.co.uk/world/2006/may/14/japan.davidsmith
オーストラリア国立大学享受で優れた仕事で知られたテッサ・モーリス・スズキも従軍慰安婦問題についての論文で、安倍内閣や麻生外相について厳しく追及をしている。
http://209.85.141.104/search?q=cache:m8fQJ7uICZcJ:d.hatena.ne.jp/dempax/20070719+christopher+reed,+Aso,pow&hl=ja&ct=clnk&cd=6&gl=us&lr=lang_ja
麻生の戦争犯罪の利権の背後関係は実にきな臭いのだ。
http://209.85.141.104/search?q=cache:LdhFRhI8fQEJ:www.asyura2.com/07/senkyo39/msg/235.html+Aso,pow,%E5%BC%B7%E5%88%B6%E5%8A%B4%E5%83%8D&hl=ja&ct=clnk&cd=3&gl=us
 
 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      HOME > 政治・選挙・NHK53掲示板

フォローアップ:

このページに返信するときは、このボタンを押してください。投稿フォームが開きます。

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。