★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK53 > 368.html
 ★阿修羅♪
<裁判員制度>国選弁護人が目標の半数 準備に疑問 埼玉(毎日新聞)
http://www.asyura2.com/08/senkyo53/msg/368.html
投稿者 クマのプーさん 日時 2008 年 9 月 09 日 16:48:07: twUjz/PjYItws
 

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080909-00000063-mai-soci

<裁判員制度>国選弁護人が目標の半数 準備に疑問 埼玉
9月9日15時0分配信 毎日新聞


 来年5月に始まる裁判員制度で、埼玉県弁護士会(446人)が制度対象事件を担当する国選弁護人を募ったところ、登録を申し出た弁護士が当面の目標とする100人に対して49人にとどまっていることが分かった。県弁護士会執行部内でも、制度の是非を巡る賛否の対立があり、制度スタートまでに態勢を整えられるか疑問視する声が上がっている。

 裁判員裁判は、公判前の証拠の整理手続きに数カ月を要することや、公判が始まれば連日の開廷となることから、一つの事件に2人か、それ以上の弁護士が必要といわれている。

 事件数の推移から埼玉県内での裁判員裁判は「年間約170件」(法テラス埼玉関係者)と試算される。100人は当面の目標で、200〜150人の登録数が望ましいという。しかし、仮にこのまま登録弁護士が増えなければ、単純計算で約25件分の弁護人しかいないことになる。この場合、1人の登録弁護士が個別の民事事件などを抱えながら年間6〜7件の裁判員裁判を担当することになる。

 今回の事態は、埼玉県弁護士会が反対派が多いことに加え、賛成派も負担増となることを恐れて、様子見しているためとみられる。

 県弁護士会裁判員制度委員会の鍜治伸明副委員長は「登録弁護士の負担が大き過ぎて、制度を維持するには厳しい数字だ。これから県弁護士会の3支部も回り、個別にお願いしていく」としている。

 県弁護士会は2月の臨時総会で、裁判員制度の廃止もしくは延期を求める決議が賛成144、反対189で否決された。【飼手勇介】


 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      HOME > 政治・選挙・NHK53掲示板

フォローアップ:

このページに返信するときは、このボタンを押してください。投稿フォームが開きます。

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。