★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK53 > 403.html
 ★阿修羅♪
白川勝彦:総裁選の見どころ(永田町徒然草)
http://www.asyura2.com/08/senkyo53/msg/403.html
投稿者 ダイナモ 日時 2008 年 9 月 10 日 20:12:12: mY9T/8MdR98ug
 

リベラル!! リベラリスト(自由主義者) 白川勝彦Webサイト HOME
永田町徒然草 No.926

今日から馬鹿ばかしい自民党総裁選が始まる。結果は麻生氏で決まりである。これは予測でもないし、読みでもない。自民党・公明党のボスたちがそうしたいと考えているからである。自公“合体”体制はだいぶガタついてきているが、まだ無政府状態になってはいない。公明党のボスは、依然として健在である。自民党のボスが誰なのかは定かでないが、親分衆は辛うじて踏ん張っている。

自民党の親分衆たちは、昨年の今ごろ福田康夫氏を総裁にすべく談合した。安倍首相の続投を画策したのも、福田首相を選出したのもこの親分衆たちであった。しかし、その選択は結論からいって間違っていた。2度も選択を間違ってしまった親分衆なのであるから、今回の選択も間違ったものになる可能性は十分にある。そもそもこの親分衆たちには、“政権構想力”が欠如しているのだ。政権構想力がない政党や体制に、政権を維持したり、政権を上手く運営することなどできる筈がない。

政権構想力とは、文字通り政権を構想する力である。ある政権を構想するためには、政策を超えた理念や理論が必要である。ある政権を構想するためには、それを産み出しかつ支える組織力が必要である。もちろん政権の政策を立案しこれを実行する組織も必要である。こうした能力を兼ね備えたリーダーがいれば最高なのだが、現在それは望むべくもない。しかし、そのようなリーダーがいなくても、政権構想力をもった人物が政党や体制の中にいればよいのだ。いまの自民党の親分衆たちの中にそういう力を持った人物は見当たらない

映画でいうならば監督の仕事なのであろうか。それともプロデューサーの仕事なのであろうか。詳しいことは知らないが、そのような仕事の全部を集めたのが政権構想力なのだ。親分衆たちは、今回の総裁劇の主役に麻生太郎を選んだ。4回目の起用である。待たせたのがちょっと長すぎた。すでに鮮度を失っている。主役としての“キャラ”にそもそも問題がある。過去2回も主役の起用に失敗をしたのだから、この起用が失敗する可能性は十分あるみるのが普通なのだが・・・。いまさらキャンセルをする能力も度胸もない。

今回の三文劇の筋書きも結果もバレている。そういうドラマを観るのは退屈である。今回の三文劇の見所は、誰がどのような役割をどのように演じるかである。脇役として出演する立候補者たち、これをヨイショする“駕篭かき”たち、コメントを加える評論家たち、三文劇と知りながらもっともらしく報ずるマスコミのあり方など見るべき点はいっぱいある。人間はギリギリのところでその本性と本質が現れる

それでは、また。


 

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      HOME > 政治・選挙・NHK53掲示板

フォローアップ:

このページに返信するときは、このボタンを押してください。投稿フォームが開きます。

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。