★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK53 > 439.html
 ★阿修羅♪
[政治]若者の入党者が急増中!?/イマドキの日本共産党は/何を目指しているのか?(R25.jp)
http://www.asyura2.com/08/senkyo53/msg/439.html
投稿者 gataro 日時 2008 年 9 月 11 日 21:46:20: KbIx4LOvH6Ccw
 

「R25」というのは、リクルート社が発行する無料情報誌だそうだ。あまり日本共産党とは縁のなさそうなところが取り上げたものだから、内容はちと訂正も必要なようだ。実は文中に「「そもそも共産主義は、“必要に応じて富を分配する”というのが大原則です」とあるが、これは古い日本共産党綱領にある定義。5年前に党大会で改訂されている(興味のある方は、「日本共産党綱領改定案についての提案報告」 ― http://www.jcp.or.jp/akahata/aik2/2003-06-28/00_01.html ― の「現綱領の未来社会論の枠組みの問題点」をお読みください)。

そのほかにも若干捕捉したいことがほかにもあるが、堅苦しい講釈はこれぐらいにしておこう。

=============================================

http://r25.jp/magazine/ranking_review/10001000/1112008091103.html

政治、経済から雑学ネタまで、世の中を読み解くレビューをランキング付きでお届け!

2008.09.11
[政治]若者の入党者が急増中!?
イマドキの日本共産党は
何を目指しているのか?


写真省略

格差社会、ワーキングプア問題などが叫ばれる昨今、日本共産党の新規党員が増加しているという。同党広報によれば、昨年9月以降に入党した新規党員は1万600人(9月3日現在)。なかでも20〜30代の入党が目立って増えているそうだ。今年2月の衆院予算委員会での日本共産党・志位和夫委員長の派遣労働問題についての発言がネットの動画サイトに投稿され、肯定的な反響が寄せられるなど、近年にない注目を集めている。

「弱者の味方」を印象づけた日本共産党だが、一方で「共産主義って中国や北朝鮮のようなものじゃないの」なんて声があるのもまた事実。いったい、イマドキの日本共産党は何を目指しているのだろう? ジャーナリストの大谷昭宏さんに聞いてみました。

「そもそも共産主義は、“必要に応じて富を分配する”というのが大原則です。たとえば、病気になってお金がいる人、扶養家族が多い人、所得が低い人などには、今以上にしっかりとした保障が必要じゃないか、というのが日本共産党の主張です。だから、福祉を重要課題としてあげるわけです」

しかし、日本は資本主義社会ですから、なかなか難しい面もあると思うのですが。

「そうですね。無駄な公共事業、そして防衛費を削減して、高額所得者へもっと課税しようというのが、現在の日本共産党の基本的な考えのようです。それもある意味、富の分配といえますよね。今の政治における日本共産党の役割は、アメリカ型の行き過ぎた市場原理主義と、それにならった構造改革路線が生み出したゆがみを緩和することにあると思います。だから、分配の財源をどこに求めるか、という話になるんですね。ただ、資本主義の存在意義は認めつつも、将来的には共産主義に発展させたいと考えているのは間違いないでしょう」(同)

共産主義がいいかどうか、その政策が実現可能かどうかはともかく、確かに今の時代は世知辛い。お金も、ましてや権力もない若者が、日本共産党に期待してしまうのは無理もないかもしれない…。
(武藤平蔵)


 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      HOME > 政治・選挙・NHK53掲示板

フォローアップ:

このページに返信するときは、このボタンを押してください。投稿フォームが開きます。

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。