★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK53 > 722.html
 ★阿修羅♪
後期高齢者医療制度見直しを突然言い出した舛添大臣の波紋(天木直人のブログ)
http://www.asyura2.com/08/senkyo53/msg/722.html
投稿者 クマのプーさん 日時 2008 年 9 月 20 日 10:42:58: twUjz/PjYItws
 

http://www.amakiblog.com/archives/2008/09/20/#001149

2008年09月20日
後期高齢者医療制度見直しを突然言い出した舛添大臣の波紋

 

  昨日(19日)のブログで舛添大臣の、厚労省の「年金改ざん組織犯罪発言」をとりあげ、その発言の重大性を指摘した。

  しかし、この問題は発展しないだろう。あまりにも大きな問題であるからだ。

  今の権力構造を考えると、革命でも起こらない限り、権力者が自分たちを罰することはない。

  ところが今度の発言は違う。

  私の予感では、総裁選や政局に結びつく展開になる。

  もし民主党・野党が本気で追及すればの話であるが。

  その発言とは、「後期高齢者医療制度を見直す」という舛添大臣発言のことである。

  朝刊の締め切りに間に合わなかったと見えて、今朝(20日)の各紙にはこの発言に関する記事はみあたらない。

  しかし、今朝の「みのもんたのサタデー朝ズバッ」をご覧になった方はお分かりであろう。

  この舛添発言をめぐって大議論が展開された。

  事の重大さを感じた舛添大臣の顔が真っ青になっていた。

  私がこのニュースを最初に聞いたのは自動車を運転中の昨晩遅くであった。

  その時の印象は、「山が動いた」であった。

  ついに世論が官僚の政策を動かした。これからは官僚がつくる政策も、それが間違っていたら世論の力でどんどんと修正されていく事になるのかもしれない。舛添の英断を評価しなければならない・・・

  というものであった。

  ところが今朝の朝ズバッを聞いて、とんでもない発言であった事を知った。

  ゲスト出演していた舛添大臣に対し、自民古川、公明山口、民主長妻、社民福島と政事評論家岩見が、みのもんたと一緒になって舛添大臣の発言の真意についてたたみかけた。

  そこではっきりした事は、この発言は政府の方針でも舛添厚労相としての発言でもなく、一議員の意見の表明でしかなかったという事だ。

  しかし、報道ではあたかも制度見直しが決まったかのように流れた。

  これを聞いた高齢者は喜んだはずだ。やはり間違った制度であった、と思ったはずだ。

  ところが発言の趣旨は、これから皆で見直しについて議論をしていこう、と言っただけだという。

  私が驚いたのは次の点だ

  この舛添大臣の発言を自民古川、公明山口はまったく知らされていなかった。いままで後期高齢者医療制度は正しい、国民への説明不足だから一生懸命説明しなくてはならない、と必死に弁護させられてきた彼らは、はしごをはずされて、カンカンに怒っていた。

  後期高齢者医療保険制度に一貫して反対してきた政事評論家岩見は、その判断を歓迎するが、解散秒読みの今、大臣を辞める直前にこんな発言をするのは無責任だ、しかも一議員の発言であることがわかった。これは世論を惑わすものだ、と怒っていた。

  長妻、福島は、解散、総選挙の前に国会で審議をし、この問題についての新政権の考えをたださなければならない、衆院選の大きな争点にしなければならない、と詰め寄っていた。

  いずれも、その通りである。

  後期高齢者医療保険制度は高齢者の日々の生活に直結している問題だ。年金を受け取るようになった私は実感としてわかるのだが、二ヶ月に一度、心待ちにしている年金振込みのたびに保険料を天引きされるのであるから、この問題は、国民は決して忘れる事はない。

  舛添大臣に伝えたい。ここは覚悟を決めて、やっぱりあれは間違っていた、と正直に見直しを宣言し、厚生労働省や自民党に反旗を翻したほうがいいのではないか。

  もはや官僚や自公政権におもねる必要はなくなりつつある。

  国民の支持を失うほうがはるかに代償が大きい事を知るべきだ。

   最後に舛添らしさを出して大臣を辞めたほうが、自分のためにはいいのではないか。

■関連投稿
【完成版】今度こそ舛添厚生労働大臣にはその発言の責任をとってもらう(天木直人のブログ)
http://www.asyura2.com/08/senkyo53/msg/710.html
投稿者 クマのプーさん 日時 2008 年 9 月 19 日  

  拍手はせず、拍手一覧を見る

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      HOME > 政治・選挙・NHK53掲示板

フォローアップ:

このページに返信するときは、このボタンを押してください。投稿フォームが開きます。

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。