★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK53 > 724.html
 ★阿修羅♪
東京高裁で浜岡原発1−4号機差し止め求め 口頭弁論で両者 争う姿勢鮮明(中日新聞)
http://www.asyura2.com/08/senkyo53/msg/724.html
投稿者 クマのプーさん 日時 2008 年 9 月 20 日 10:53:48: twUjz/PjYItws
 

http://www.chunichi.co.jp/article/shizuoka/20080920/CK2008092002000196.html

【静岡】

 東京高裁で浜岡原発1−4号機差し止め求め 口頭弁論で両者 争う姿勢鮮明
       
2008年9月20日

第1回口頭弁論後に記者会見する白鳥良香原告共同代表(手前)=19日午後、東京・霞が関の司法記者クラブで


 中部電力浜岡原発(御前崎市)の1−4号機の運転差し止めを求め、東京高裁で19日開かれた控訴審第1回口頭弁論。富越和厚裁判長の和解に向けた協議の打診に「話し合いの場に着きたい」と了承した住民側と、「すり合わせをさせてもらうつもりはない」と拒否した中電側。双方は一審・静岡地裁と同様、全面的に争う姿勢を鮮明にした。

 3時間にわたる審理が終わる前に、富越裁判長が協議に応じる余地があるかどうか双方に尋ねた。「話し合いで何らかのすり合わせができないか」。約100人が傍聴した法廷に緊張感が走った。

 裁判長は1970年代に運転を始めた1、2号機が3、4号機と設置経緯に違いがあり、事実上運転を停止している点を指摘。「(打診の)中身については考えていない」としたが、3、4号機に審理を絞る狙いがあったとみられる。

 原告側は「東海地震の発生まで、止めていただきたい」と協議に応じる余地を見せたが、中電側は即座に拒否した。

 東京・霞が関の司法記者クラブで開かれた会見で、原告共同代表の白鳥良香さん(75)は「1、2号機が止まるだけでも、勝訴と同じ効果。そうなればわれわれの主張も強まったはずだ」と残念そうに話し、海渡雄一弁護士も「中電は話し合いを始めたら、止めざるを得ないという追い詰められた心境にあるのでは」と指摘した。

 一方、中電の原田正人法務部長は「具体的な提案がなく、裁判所の考えは分かりかねる」と「和解協議」の表現も否定した上で「1、2号機は耐震安全性評価の後、炉心部分も含む補強工事を行い、再稼働させる」と強調、控訴審でも1−4号機の安全性を立証していく考えを示した。


 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      HOME > 政治・選挙・NHK53掲示板

フォローアップ:

このページに返信するときは、このボタンを押してください。投稿フォームが開きます。

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。