★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK53 > 863.html
 ★阿修羅♪
就学援助 最多14% 07年度県教育庁まとめ・・・「困窮家庭多く」(沖縄タイムス)
http://www.asyura2.com/08/senkyo53/msg/863.html
投稿者 クマのプーさん 日時 2008 年 9 月 23 日 18:22:31: twUjz/PjYItws
 

(回答先: 丹波市の未収金6億円超 困窮家庭が増加(神戸新聞) 投稿者 クマのプーさん 日時 2008 年 9 月 23 日 18:05:01)

http://www.okinawatimes.co.jp/news/2008-09-11-M_1-001-1_003.html?PSID=512bd6f3b5639621b103d8de605e7de4

2008年09月11日【朝刊】 社会

就学援助 最多14% 07年度県教育庁まとめ
2万1000人 都市部増/識者「困窮家庭多く」


 家庭の経済的事情から学用品代や給食費、修学旅行費などの就学援助を受けている県内小中学校の児童・生徒の割合が二〇〇七年度は過去最高の14・3%となったことが、十日までに県教育庁のまとめで分かった。二―三年で1ポイントずつ上昇する傾向が続いている。受給者数は過去最多の二万一千四百九十人。十一市のうち十市で支給率が上がるなど、都市部で増加が目立つ。識者は経済的、社会的に困窮する子育て家庭が増えているとみている。

 受給者のうち、生活保護法の教育扶助を受ける「要保護」の児童・生徒は二千百九十四人で、前年度から三十二人減った。市町村が独自に認定する「準要保護」の児童・生徒は一万九千二百九十六人で、六百五十五人増えた。

 子どもの数が少なく支給率の変動が激しい離島町村を除くと、沖縄市(22・1%)、那覇市(19・2%)、宜野湾市(18・1%)などの割合が高い。ほかにも名護市(10・4%)、宮古島市(10・1%)、石垣市(10・1%)が新たに10%を超え、十一市のうち九市で支給率が二けたになった。四十一市町村中、約七割の二十八市町村で前年度より割合が上がった。

 市町村単独事業の「準要保護」については、悪化する財政事情から認定基準を厳しくしたり、援助項目を減らす市町村も出てきている。糸満市(12・7%)は児童手当や児童扶養手当、身内からの援助なども収入に含めて算定する方式に変え、支給率が〇六年度の15・4%から約3ポイント低下した。沖縄市は修学旅行費支給に限度額を設定した。

 〇七年度の全国の支給率は文部科学省が集計中のため未公表。〇六年度は13・6%で、沖縄の13・8%はほぼ全国並みだった。

 沖縄大学の加藤彰彦教授(児童福祉論)は「統計が非正規雇用や一人親世帯などの増加を示す通り、都市部を中心に、教育費の負担を重く感じる家庭が増えているのではないか」と指摘。「子どもがさまざまな本や文化に触れ、成長するチャンスが少なくなれば、格差の固定化にもつながる。平等に教育が受けられる機会の保障、進学のための奨学金制度の整備が必要だ」と話している。(田嶋正雄)

[ことば]

 就学援助 公立の小中学校で経済的に就学困難な子どもに対し、学用品代や給食費、修学旅行費などの援助をする制度。生活保護法による教育扶助を受ける「要保護」と、要保護に準ずる程度に困窮している児童・生徒を市町村独自に認定する「準要保護」がある。


■関連投稿
学用品や給食費の就学援助、4年で4割増 【朝日新聞】
http://www.asyura2.com/0510/social2/msg/451.html
投稿者 愚民党 日時 2006 年 1 月 03 日
 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      HOME > 政治・選挙・NHK53掲示板

フォローアップ:

このページに返信するときは、このボタンを押してください。投稿フォームが開きます。

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。