★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK53 > 914.html
 ★阿修羅♪
小沢民主党がとるべき戦略 そのA 強い味方を見つけよ(天木直人のブログ)
http://www.asyura2.com/08/senkyo53/msg/914.html
投稿者 クマのプーさん 日時 2008 年 9 月 25 日 15:55:36: twUjz/PjYItws
 

http://www.amakiblog.com/archives/2008/09/25/#001156

2008年09月25日
小沢民主党がとるべき戦略 そのA  強い味方を見つけよ


  いくら小沢一郎といっても自公政権と一人では闘えない。強い味方を見つけることだ。

  自ら選んだ執行部、すなわち鳩山、菅、輿水らとの結束はもちろん重要である。

  しかし民主党の中にあって最善のご意見番は、なんといっても藤井久裕である。

  与野党を問わずメディアに出てくる今の政治家の中で、私は藤井久裕ほど正しい政治家はいないと思っている。彼の助言だけはよく聞くことだ。彼を尊重することだ。

  しかし、より重要な事は、強い味方を今の民主党の外に見つけることだ。民主党だけでは自公政権には勝てない。

  それはもちろん野党共闘を大切にすることだ。

  しかし私が言うのはそれだけではない。強い味方になりうる人物を見つけることだ。

  その中でもかつての自民党、公明党で活躍していた人物で、今は生まれ変わった人物を味方にすることだ。

 具体的には矢野絢也、亀井静香、鈴木宗男である。

 亀井と鈴木はともに自民党の悪い面を具現した政治家であった。

 しかし今は違う。

 警察官僚出身の亀井は、政治のダークサイドに染まった政治家だ。しかし小泉郵政選挙の洗礼を経て生まれ変わった。雨の中で土下座して選挙を戦い抜いた体験を通じ、小泉政治の欺瞞を誰よりも見抜いた。

 小泉政治を否定できずに壊されてしまった自民党と決別し、あらたな政治を求めるようになった。

 そこが野中広務と決定的に違ところだ。

 野中は小泉に切られた。それゆえに反小泉の政治家だ。しかしただそれだけだ。自民党政治家として生き残り、引退した後も、今でも自民党政権を守ろうとする。民主党を敵視し、小沢一郎を敵視する。

 鈴木もまた生まれ変わった。外交族として権勢を誇っていた時の鈴木は、威張り散らしたミニ橋本龍太郎だった。その彼は外務官僚に裏切られ、国策捜査の犠牲になって服役した。

 その試練を経て生まれ変わった。外務官僚の卑劣さ、国家権力の怖さを知り、今では弱者の気持ちがわかる政治家に生まれ変わった。

 その中でも小沢一郎が味方にすべきはなんといっても矢野絢也である。

 いままで創価学会と闘ってきた政治家は何人もいる。しかし元公明党委員長の重責にあった人間がここまで覚悟を決めて創価学会、公明党と闘うようになった事は過去に例がない。それだけにその衝撃は大きい。

 その矢野が今日(25日)発売の週刊新潮10月2日号において「永田町を斬る!」という連載を始めた。

 これは政界の人間すべてが注目する連載となるに違いない。

 その中で彼は公明党の政教一致の危険性、カルト体質を改めて糾弾している。

 しかし注目すべきは政治評論家としての矢野の的確性だ。

 その初回の連載記事は次のような言葉で締めくくられている。

 「・・・国民はもう、目くらましや擬似餌では騙されない。今は与野党とも真剣にぶつかりあって議論する時だ。政府・与党はいったい何が怖くて国会審議を逃げようとするのか。解散を慌てると自公連立の自滅につながる可能性がある。衷心から忠告したい・・・」

  私がその@で書いた通りの助言である。

  小沢民主党は矢野を大切にすることだ。

 

  

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      HOME > 政治・選挙・NHK53掲示板

フォローアップ:

このページに返信するときは、このボタンを押してください。投稿フォームが開きます。

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。