★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK54 > 111.html
 ★阿修羅♪
麻生太郎は不倫関係も半ば公然と続けている − 「ポスト噂の真相」
http://www.asyura2.com/08/senkyo54/msg/111.html
投稿者 児童小説 日時 2008 年 9 月 26 日 09:32:57: nh40l4DMIETCQ
 

「ポスト噂の真相」

2008.09.25

■9月某日 麻生太郎という人物はなぜあれほどに尊大でエラソーな物言いをするのだろうか。何事も知ったかぶりで語るし、目立ちたがり屋のレベルを超えた自己顕示欲が極端に強い。それはあの独特のダミ声のせいだけではなく、彼自身の人生そのものを反映した性格じゃないのだろうか。吉田総理の孫にして麻生財閥の御曹司、麻生セメント社長を継いでJC会頭も勤め、政界に転進。クレー射撃ではモントリオールオリンピックにも出るという、人もうらやむ恵まれた人生に見える。しかし、麻生の人生は「華麗なる一族」ゆえに外から見てもうかがい知れない内面の深い孤独をかかえているのではないかという気がする。特に政治家になってから、それを強く意識するようになったのではないか。
 一例をあげれば、鈴木善幸元首相の娘と結婚したものの、銀座から赤坂に移ったママとの不倫関係も半ば公然と続けていることだ。自分が決めたこととはいえ、政略、閨閥結婚に満足していないということではないのか。東大ではなく学習院大学、文学ではなく漫画指向というところも、朝鮮人や部落に対する歴史的な差別という概念を理解しない俗物ぶりとどこかで通邸しているのではないだろうか。どうすればあの口をゆがめた喋り方になるのかも謎のひとつだ。ベランメー口調といい、数々の確信犯的失言壁といい、タカ派の政治信条といい、これは只のお坊ちゃんタイプとは違うのではないか。
 四度目にしてようやく総理の座を手にしたわけだが、歴代総理の下で主役ではなく脇役を担わされてきたことに、他人にはうかがい知れない、「俺を評価しない世間がおかしい」という苛立ちやストレスを蓄積させてきたのではないか。負けず嫌いの性格だけに、そのことをより過剰に意識してきたはずだ。安倍、福田両人に最後の決断を打ち明けられて冷酷に聞き流した点も、権力への執念のなせる技だったのではないか。
 そんな人物が日本の最高権力の座に座った。さっそく官房長官が仕切ってきた新閣僚の発表も自分でやり、これで総選挙を闘う布陣だと自画自賛して見せた。しかし、閣僚の顔ぶれを見れば麻生本人が目立てばいいというスタンドプレイ内閣。幹事長・細田博之、官房長官・河村建夫の脇役は地味すぎて、麻生の引き立て役でしかない。自分の経験上からも脇役に寝首を書かれたくないのかもしれない。その割には、森喜朗に幹事長を依頼したという大ボケもかましているから、権力の中で生き残る知恵だけはあるのかもしれないが、これから総選挙を戦うにしては大衆センスがないというのは致命傷である。
 しかし、これこそが屈折した漫画オタク・麻生なりの面目躍如、意趣返しなのかもしれない。それにしても18人の閣僚中、11人が世襲議員。森喜朗推薦で中山成彬に行革大臣を要請したが、「ウチは官僚一家だから無理」と断わったために、麻生は国土交通大臣にすぐ変更したのだという。どこが適材適所だ!確かに、中山大臣は妻も大蔵省出身の中山恭子だし、息子は旧大蔵省の主計局だ(現・財務省)。余談になるが、この息子は筆者と同じ高校の野球部の後輩ということで一度会って飲んだこともあるので、官僚一家であることは間違いない(笑)。中山成彬本人とも、10数年前に一度だけ新宿ゴールデン街で飲んで文学論を語ったことがあるが、自民党政治家は長くやると性格も思想も少しずつ変わっていく人種なのかもしれない。
 話がそれたが、この麻生総理は、完全に制度疲労を起こして末期症状をおこしている霞ヶ関官僚システムに依存してきたことが、日本の閉塞状況を生んだ最大の元凶であることが分かっていない点が致命的でもある。安倍元総理同様に、空気の読めない、負けず嫌いお坊ちゃん体質に「破綻の予感十分」といっておきたい。今回は、沖縄で講演した李登輝元総統の話を書こうと思っていたが、ついつい、麻生総理のほうにペンが走ってしまった(苦笑)。

http://www.uwashin.com/2004/indexdiary.html  

  拍手はせず、拍手一覧を見る

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      HOME > 政治・選挙・NHK54掲示板

フォローアップ:

このページに返信するときは、このボタンを押してください。投稿フォームが開きます。

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。