★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK54 > 179.html
 ★阿修羅♪
発信箱:ボタ山=磯崎由美(毎日新聞)
http://www.asyura2.com/08/senkyo54/msg/179.html
投稿者 gataro 日時 2008 年 9 月 27 日 21:49:48: KbIx4LOvH6Ccw
 

http://mainichi.jp/select/opinion/hasshinbako/news/20080924ddm002070044000c.html

発信箱:ボタ山=磯崎由美

 資料の山をかき分け、現れたのは10円札。「おお、あったあった」。福岡県田川市の私設資料室「ありらん文庫」を整理しながら、ノンフィクション作家の林えいだいさん(74)が1枚の紙幣の秘話を語った。

 林さんの父は神主だった。シベリア出兵で凍傷になり、現地の朝鮮人にキムチで手当てされ足の切断を免れた。太平洋戦争が始まると、炭鉱の過酷さに耐えかねた朝鮮人労働者たちが神社の軒下に逃げてきた。父と子は傷を手当てし、食事を与え、身銭を切って釜山行きの船に乗せた。

 父は出征兵士への祈とうで「無駄死にするな」と訴え、特高警察に連行された後に他界。戦後、世話した朝鮮人が訪ねて来て、感謝の言葉とこの10円札をくれたという。

 自治体職員となった林さんは公害を告発して37歳で退職してから、炭鉱や戦争に関する民衆の歴史を掘り起こしてきた。資料室の机には大量の薬。3年前がんに倒れ、糖尿病で目もかすむが、「まだまだ」と、一度書き上げた原稿にペンを重ねる。

 林さんの案内で筑豊を歩いた。桂川町(けいせんまち)の麻生吉隈(よしくま)炭鉱跡。閉山後の造成で、事故などで亡くなった労働者と思われる遺骨が数百体出たという。そのボタ山は削られ、ゴルフ場に。どこの町でもさびついたシャッターと、つえをつく高齢者の背中ばかりが目につく。「夜になると、燃えるボタ山が赤く光って。美しかった……」

 筑豊には日本の繁栄と衰退、そして忘れることのできない暗い歴史が刻まれている。その重みを担わねばならない戦後30人目の首相が、ここから生まれる。(生活報道センター)

毎日新聞 2008年9月24日 東京朝刊

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      HOME > 政治・選挙・NHK54掲示板

フォローアップ:

このページに返信するときは、このボタンを押してください。投稿フォームが開きます。

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。