★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK54 > 320.html
 ★阿修羅♪
民主、首相に「政教分離」ただす 公明・創価学会念頭に(朝日)
http://www.asyura2.com/08/senkyo54/msg/320.html
投稿者 近藤勇 日時 2008 年 10 月 02 日 16:36:11: 4YWyPg6pohsqI
 

民主、首相に「政教分離」ただす 公明・創価学会念頭に
2008年10月2日13時0分
http://www.asahi.com/politics/update/1002/TKY200810020112.html

 民主党の輿石東参院議員会長が2日午前、参院本会議の代表質問で、「税法上優遇されている宗教法人が選挙対策の中心拠点となって、政党以上の選挙を行っていると言われている」と述べ、公明党の支持母体である創価学会を念頭に、憲法が定める政教分離について、麻生首相の見解をただした。首相は「政教分離は宗教法人の政治的活動を排除する趣旨でない」と述べ、従来の政府答弁を踏襲した。

 この質問は、公明党の矢野絢也・元委員長が6月、民主党など野党有志の会合で「非課税で運営されている宗教団体(創価学会)の施設が選挙活動の拠点になる。私の時代は対価を支払ったことはない」と述べたことがきっかけ。民主党は政教分離の観点から問題視し、今国会で矢野氏を国会招致する考えを示してきた。

 輿石氏がこの問題を取り上げたのは、野党多数の参院で問題提起すれば、国会招致に現実味が増し、招致を回避したい公明党が、民主党が求める早期解散に向けて自民党に圧力をかけるとみるためだ。輿石氏は質問後、早期解散が見送られた場合の今国会での招致について「当然、視野に入ってくる」と記者団に語った。

 また、輿石氏は「あなたが景気対策の第1弾と位置づける補正予算を審議したうえで、さっさと衆院を解散し、民意を問うことだ。私たちは、いたずらな審議引き延ばしは考えていない」と早期解散を求めたが、首相は「予算関連法案のほか、消費者庁設置法案、インド洋での補給支援法案など課題は山積している。解散という政局より、景気対策など政策の実現を優先したい」と答弁した。
 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      HOME > 政治・選挙・NHK54掲示板

フォローアップ:

このページに返信するときは、このボタンを押してください。投稿フォームが開きます。

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。