★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK54 > 435.html
 ★阿修羅♪
英軍の現地最高司令官が「アフガン戦争は勝利不可能」と語る
http://www.asyura2.com/08/senkyo54/msg/435.html
投稿者 ヤマボウシ 日時 2008 年 10 月 06 日 05:21:17: WlgZY.vL1Urv.
 


 昨日の英「サンデー・タイムズ」紙が報じて、BBCも大きく取り上げたニュースですが、日本ではどのように報道されるでしょうか。

アフガニスタンに駐留する英軍部隊の最高司令官であるマーク・カールトン=スミス准将が語ったところによれば、タリバーンを敵とした戦いでは「決定的な軍事的勝利」は期待すべきではないのだそうです。

この言葉を裏付けるように、駐在アフガンの英国大使が現在の戦略は「失敗するに決まっている」と言っていたと、あるフランスの外交官がリークしたとのことです。

またカールトン=スミス准将は、「多くは期待しないほうがいい。戦争の目的は勝つことにあるのではなく、戦争を管理可能な反乱程度に縮小させて、戦略的脅威をなくし、アフガン軍が管理できるようにすることである」と述べています。

記事には書かれていませんが、「戦争を管理可能な反乱程度に縮小させ」るというのは、2001年11月に米軍が同年9月の同時多発事件への報復としてアフガンに侵攻した以前の状態に戻すことに他なりません。それ以前には(ソ連軍が侵攻をやめて以後は)戦争はなかったのですから。なんというアホらしくも悲惨な話であります。それを日本政府は無条件に支持し続けてきて、さらには自衛隊を実戦に参加させようと虎視眈々としているわけです。

同准将はさらに、アフガンの紛争を解決できる手段は、タリバーンを含めての政治的な調停だけであると述べています。

英軍は2001年以来、アフガンで120人の死者を出しており、ここ最近6カ月の間だけでも32人が死亡しています。同准将の上記の言葉は、こうした事実の上に立ったものです。

米大統領選では、マケイン氏はイラク戦争を勝つまで続けると言明した一方、オバマ氏はイラクからの撤退を公約していますが、アフガンについては武力行使の維持を否定していません。日本では自民党は言うに及ばず、民主党の小沢党首もISAFによる自衛隊のアフガン派遣には積極的なようです。こうした中で、英軍の現地最高司令官の言葉は注目すべきと言わざるを得ません。

http://www.timesonline.co.uk/tol/news/uk/article4882597.ece
http://news.bbc.co.uk/2/hi/uk_news/7653116.stm
 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      HOME > 政治・選挙・NHK54掲示板

フォローアップ:

このページに返信するときは、このボタンを押してください。投稿フォームが開きます。

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。