★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK54 > 514.html
 ★阿修羅♪
【関連:中山妄言への有力反証】「日教組」の元書記長がノーベル賞をとった!?【blog:土曜の夜、牛と吼える。青瓢箪。】
http://www.asyura2.com/08/senkyo54/msg/514.html
投稿者 傍観者A 日時 2008 年 10 月 08 日 22:39:58: 9eOOEDmWHxEqI
 

(回答先: ノーベル物理学賞の益川敏英さんが「しんぶん赤旗」を語っている/2万号に寄せて/未来予測の刺激役に(どこへ行く、日本。) 投稿者 gataro 日時 2008 年 10 月 08 日 16:59:29)

http://d.hatena.ne.jp/Prodigal_Son/20081008/1223394762

2008-10-08
■[ネットヲチ][時事]「日教組」の元書記長がノーベル賞をとった!?

きっかけは産経抄ファンクラブスレにあったこちらの書き込み。

764 名前: 文責・名無しさん [sage]

投稿日: 2008/10/07(火) 22:38:15 ID:NSNLOLLu0

【ノーベル物理学賞】風呂あがりに浮かんだ「小林・益川理論」 研究秘話

http://sankei.jp.msn.com/culture/academic/081007/acd0810071956006-n1.htm

>1本の論文が世界を変えた。素粒子論の歴史を塗り替え、ノーベル物理学賞を受賞した「小林・益川理論」。

>当時の常識では考えられないほど型破りだったこの理論は、研究生活の疲れを癒やす「風呂」の中で生まれた。

>研究が始まったのは昭和47年5月。当時、益川さんは教職員組合の書記長も務め、多忙だった。

>2人は益川さんの時間が空く午前中に議論し、結果を家に持ち帰って熟考。翌朝、また議論する生活を続けた。

うーん。ええ話やねぇ。教職員組合の書記長も務め多忙だったにも関わらず−−えーと、教職員組合…。

769 名前: 文責・名無しさん

投稿日: 2008/10/08(水) 00:00:13 ID:xfQRRhB10

京大の教職員組合も日教組の構成組織です。

ご本人はどうか知りませんが、当時は当然のことながら日共系組織。

気になって調べてみると確かにそうだった。

京都大学の教職員組合は全大教近畿に属している。全大教が日教組から独立したのは1990年前後だったと思うので、当時はどう考えても「日教組」に属することになるのですが、なるほどこうして日教組が日本の教育をだめにしたのですねわかります。それにしても中山“暴走特急”成彬元大臣がライフワークとして取り組む予定だった日教組壊滅ですが、その「根拠」がどんどんと崩れていっているようなんですがそれは愚か者の気のせいでしょうか。逆神ですか?(中山元大臣は何度後ろ弾を食らえば許してもらえるのか…)いやきっと「あえていわなかった」のはこういうオチが待っていることを知っていたからかも。

◆追記

ノーベル物理学賞:反戦語る気骨の平和主義者…益川さん

http://mainichi.jp/select/today/news/20081008k0000e040018000c.html

まあこういうことはいいたくないけれども、「日本会議」や「つくる会」にくらべ、「九条の会」は段違いのノーベル賞受賞者率ですね。圧倒的じゃないかわが軍は!こうなったら「日本会議」か「つくる会」のうちから世界文化賞受賞者を捻出するしかないな。世界と名がつくけど全然世界的じゃない(規模も知名度も)ってのはお家芸だろうしねえ。*1なんつーか彼らも世界の賞賛よりも皇族からのお褒めの言葉のほうが嬉しいんじゃないでしょうか。もらえなかったらまた捏造すればいいしNe!期待してますYO!

◆さらに追記

id:dj19さんからこのような情報を頂いた。

dj19 2008/10/08 11:37

TBどうもです。益川敏英先生はマルクスの唯物弁証法が研究を進めるうえで役立ったとも語っていますね。

日本共産党・井上哲士(さとし)参議院議員のHPより

http://www.inoue-satoshi.com/sf2_diary/sf2_diary/20081007.html

ビッグニュースが届きました。京大名誉教授の益川敏英先生らがノーベル物理学賞受賞です!

未発見の「クォーク」の存在を理論的に予測した「小林・益川理論」が認められたもので、小林先生やお2人の先輩となる南部先生との共同受賞となりました。何年も前からノーベル賞候補に挙げられていたので、待ちに待った受賞です。

私の学生時代、学生自治会がとりくむセミナーの講師なども気軽に応じてくださっていたことを思い出します。世界的注目を集めていた益川先生が、素粒子研究には、弁証法的唯物論の物の見方が貫かれていることをいっかんして語ってこられたことは、科学的社会主義を学ぶ上で、とても励みになりました。

たとえば、1984年7月14日付けの「赤旗」では、みずからの研究をふりかえって次のように語っておられます。

「素粒子が、さまざまな性質、特徴、法則性をもっているのは、その背後にそれらの担い手の物質が必ず存在するに違いないと考え(ています)」、そこには「『電子といえどもくみつくせない』という物質の無限の階層性と認識の相対性を指摘したエンゲルスやレーニンと同様の唯物弁証法(弁証法的唯物論のこと――引用者)の物の見方がつらぬかれています」、「唯物弁証法と自然科学の研究方法との関係は非常に奥深いもので、今後もさらに追求する必要があると思います」

(ここまで)

赤旗のサイトで検索しても益川敏英教授はけっこう発言されているんですよね。イデオロギーと研究内容・業績は関係ないとはいえ、ご本人がここまで言及されているのも珍しいかもしれない。こういったことをあわせて、今後各保守系メディアがどのような報道をするか個人的に注目しています。


◆一方その頃産経は

こんな記事を書いていた。

組合と学力に関連性はあるか? 低学力地域は日教組票多く

http://sankei.jp.msn.com/life/education/081008/edc0810080731000-n1.htm

留守番さんのところで知ったけど、なんていうかもう…、いろんな意味で泣けてくる。  

  拍手はせず、拍手一覧を見る

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      HOME > 政治・選挙・NHK54掲示板

フォローアップ:

このページに返信するときは、このボタンを押してください。投稿フォームが開きます。

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。