★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK55 > 985.html
 ★阿修羅♪
お金の使い方を間違えている麻生内閣-「日本にはお金が無い」というのはウソだった(小野盛司-神州の泉)
http://www.asyura2.com/08/senkyo55/msg/985.html
投稿者 JAXVN 日時 2008 年 11 月 16 日 15:40:32: fSuEJ1ZfVg3Og
 

「お金の使い方を間違えた麻生内閣(小野盛司)

(※日本経済復活の会 小野盛司会長の記事、第135弾です)

 日本経済復活の会の主張は「お金がなければ刷りなさい」である。それはデフレ経済の下、政府が再三財政が厳しいから、金がないから、と言って予算を削り続け、デフレ脱却をさせようとしなかったからである。例えば今年6月27日に政府が発表した「経済財政改革の基本方針2008」においても歳出の最大限の削減を行うと明言している。これが今でも政府の財政政策の基本方針となっているのだ。しかし、こんなことをやっていたら日本は世界経済の中で取り残されてしまう。だったら、お金を刷って、諸外国並の名目成長率に持って行きなさいというのが当会の主張である。

 しかし、麻生内閣に変わってから、明らかに変化が出てきた。お金を使おうというムードが出てきた。それは大変良いことなのだが、残念ながらとても国民の合意の得られるようなお金の使い方を提案しているとは言えない。各種世論調査で2兆円の定額給付金を評価するとした人は約3割、評価しないとした人が約6割だ。今回の金融サミットでも、日本はIMFに10兆円もの資金支援をする方針を表明した。

 どうやら、これまで政府がお金が無いと言ってきたのは嘘だったようだ。毎年0.2兆円社会保障費を削減する。高齢者医療費の削減のため、後期高齢者医療制度を作って国民から猛反発をくらった。医療費削減のお陰で病院の破綻が相次ぎ、国民の医療サービスが危機にさらされている。特に産婦人科医、小児科医、麻酔医不足が深刻だ。先進国で最低レベルの教育費も削減するばかり。母子家庭への助成金も削った。重度の障害者への支援も削り、弱者切り捨てという批判を浴びた。

 2兆円の定額減税や10兆円のIMFへの拠出でなく、これら国民生活を脅かす財政削減をストップし元に戻したら、国民はどれだけ喜ぶことか。それに我々の次の世代の経済の繁栄のために自然エネルギー開発への投資も国民を勇気づけるに違いない。選挙対策をやりたいのが本音であれば、実際は今からでもやり直して、国民の支持を取り付けたほうが選挙対策という意味でもはるかに効果的だ。第一、国民が納得していないような形でお金をばらまいて景気が回復するわけがない。景気とは国民の心理が大きくかかわってくる。今回、一回限りで金をばらまくが3年後には消費税増税で取り返すと言われれば、国民の消費意欲は冷えるだけだ。

 麻生内閣は最初からつまずいてしまった。何をすれば国民が喜ぶかは誰の目にも明らかなのに、なぜこのような国民から評価されない金のばらまき方をするのだろうか。その理由は明白だ。小泉政権下で、財政再建を再建するという「大義名分」を掲げ、デフレ時に歳出の最大限の削減をするという暴挙に出た。その結果世界は30年間で最もよい経済状態と言われた中、日本だけはデフレからの脱却すらできず、経済的理由で自殺する人が数千人増加した状態が続き生活保護世帯も大幅増加し100万世帯を超えた。かつて世界2位だった一人当たりの名目GDPも小泉経済政策により18位まで転落した。

 もし今、財政削減努力を放棄し、財政を増大させたら小泉内閣の経済政策が失敗であったことを認めることになるから、どんな経済危機が訪れようと、自民党政権が続く限り財政拡大ができないと考えている自民党議員は多いのだろう。11月14日の朝日新聞には、財政制度審議会が月内にまとめる09年度予算編成に向けた建議(意見書)の素案で2011年度に基礎的財政収支の黒字化する目標を「努力目標」に後退させることが分かったとある。政府はこれが実現不可能な目標だと知っている。いずれ目標達成の失敗を認めなければならない時が来るのだが、今のうちにそのショックを和らげておこうという作戦だ。2011年度の基礎的財政収支の黒字化目標は小泉内閣による負の遺産の一つだ。

 経済が全く理解できない小泉氏が、財政赤字を減らせば国の借金の問題が片付くと勘違いしたのが、そもそもの大失敗の始まりだ。内閣府発表のシミュレーションには2011年度に基礎的財政収支の赤字がゼロになるとなっていたから、これを国家目標にしようと、全くの「馬鹿殿様」の鶴の一声で、国全体がこれに向かって走り出した。だけどちょっと待って下さい、小泉さん。あのシミュレーションは、「改革無くして景気回復無し」というあなたの持論を正当化させるために、あなたが内閣府に命令して経済モデルを偽装させたものだったではないですか。景気対策をやってもちっとも景気は良くないという現実離れをしたモデルを作らせ、景気対策はやるべきではないのだというあなたの間違えた主張の理論武装をした。

 そんな偽装モデルは、当たるわけが無いですね。案の定、当たらなかった。だから毎年「今年は当たりませんでしたが、来年こそはデフレ脱却ができます」という嘘を言い続けた。2002年からずっとそうですよ。天気予報だって、土砂降りの雨のとき明日になれば晴れますと毎日言い続け、何日も土砂降りが続いていたら、国民は気象庁なんていらないと言うでしょう。あの偽装モデルは国民を騙すには都合がよかったのでしょうが、小泉さん、あなたもあの経済モデルに騙されてしまいましたね。2011年度に基礎的財政収支が黒字かするなんて、できるわけないのに、すっかり騙されてしまって、それを国家目標にするなんて、なんと馬鹿な殿様なのでしょう。今でも政権は、最大限の歳出削減という馬鹿な目標と経済危機とのジレンマで、本当に困っています。

 本来なら、このような政策の大失敗の後では政権交代が起きて、新しい政権で、間違いを正す政策を行われるのだが、残念ながら、民主党もデフレの時に緊縮財政は最悪であることが理解できていない。農民に無条件の所得保障するという理解できないバラマキ政策を提案している。バラマキ政策提案で参議院選に勝ったから、今度は与党が定額給付金というバラマキで対抗した。もうこんなバラマキ競争を止めて、真に日本の未来を考えて頂きたい。国民が納得するお金の使い方はあるはずです。与野党でバラマキ競争をやっているわけですから、お金はあるわけです。お金が無くても刷ればよいのですから、もっと与野党共しっかり国民の事を考えて、国民に支持される政策で競争していただきたい。」

http://shimotazawa.cocolog-wbs.com/akebi/2008/11/post-5ed2.html  

  拍手はせず、拍手一覧を見る

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      HOME > 政治・選挙・NHK55掲示板

フォローアップ:

このページに返信するときは、このボタンを押してください。投稿フォームが開きます。

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
投稿コメント全ログ  コメント即時配信  スレ建て依頼  削除コメント確認方法
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。