★阿修羅♪ > アジア13 > 118.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
「もう許せない!」KAL機事件真相糾明対策委
http://www.asyura2.com/09/asia13/msg/118.html
投稿者 児童小説 日時 2009 年 3 月 24 日 12:20:09: nh40l4DMIETCQ
 

「もう許せない!」KAL機事件真相糾明対策委 − 自主・平和・親善のために

南朝鮮の統一ニュースによると12日、「KAL 858機事件真相糾明市民対策委員会」は、金賢姫元死刑囚の記者会見に対して「彼女があたかも慈善事業を施す人道的人士にでもなったかのように、また政権から弾圧を受けた被害者であるかのように国民を欺瞞し KAL機事件被害者家族の心を再び傷つけることはこれ以上許せない」とする立場を明らかにした。


 KAL機事件真相糾明対策委は、「この度の面会と記者会見は日本政府の努力によって行われたものと周知されている」として「これは北朝鮮との外交戦を有利に運ぼうとする日本の戦略であり、金賢姫氏はそれに調子を合わせ利用されたに過ぎない」と批判した。

 また「金賢姫氏は国家情報院の『過去史の真実糾明を通じた発展委員会』や『真実和解のための過去史整理委員会』等の調査要求に一度も応えなかった」として「彼女が李明博政権に代わった途端、前政権を『左派政権』と非難しながら、突然公開的活動を始めたことは矛盾としかいえない」と指摘し、まず『真実和解委員会』の調査に積極的に応えて、この間提起された疑惑に正直に答えるべきだと促した。

 KAL機事件真相糾明対策委は、「保守マスコミと保守陣営においても歴史を逆回りさせるために金賢姫氏を利用してはならない」として、「金賢姫氏と彼女をけしかけた勢力はKAL機事件被害者家族に対し直ちに謝罪して今からでも真実を明らかにするため積極的に協力することを望む」と強く求めた。

 1987年、南朝鮮の大統領選挙の直前に発生したKAL機事件の真相は未だ闇の中にあり、逮捕後の金元死刑囚の証言にはいくつかの矛盾とウソがあることが明らかになっている。この度の「面会」と「記者会見」は日本政府が計画して南朝鮮政府が協力した「イベント」と批判されてもしかたない。(コリアニュース

http://blog.livedoor.jp/tabakusoru/archives/65233512.html

関連記事:

何かおかしいキム・ヒョンヒ氏の記者会見 - 労働者のこだま
http://www.asyura2.com/09/asia13/msg/102.html

金賢姫・元死刑囚の反論「KAL機爆破事件捏造説」 
http://news.onekoreanews.net/print_paper.php?number=44161

★金賢姫 KAL858便爆破 捏造発覚!【民族時報】
http://www.asyura2.com/2002/war12/msg/176.html

大韓航空機爆破事件、安企部関与の謀略説韓国でブーム! 金賢姫失踪中
http://www.asyura2.com/0311/war44/msg/1477.html

大韓航空機爆破事件は北朝鮮の犯罪でとはとても思えない。だから、金賢姫も本物とは思えない。
http://www.asyura2.com/09/senkyo59/msg/1120.html

大韓航空機爆破事件の不思議と金賢姫の正体
http://www.asyura2.com/09/nihon29/msg/141.html  

  拍手はせず、拍手一覧を見る

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      HOME > アジア13掲示板

フォローアップ:

このページに返信するときは、このボタンを押してください。投稿フォームが開きます。

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。