★阿修羅♪ > アジア13 > 235.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
【盧前大統領逝去】村の住民「農作業中に何か落ちる音が聞こえた」(中央日報)
http://www.asyura2.com/09/asia13/msg/235.html
投稿者 ダイナモ 日時 2009 年 5 月 28 日 18:36:13: mY9T/8MdR98ug
 

(回答先: 【盧前大統領逝去】「他殺説は故人を不名誉に」(中央日報) 投稿者 ダイナモ 日時 2009 年 5 月 28 日 18:34:36)

http://japanese.joins.com/article/article.php?aid=115903&servcode=200§code=200

「タッ、タッという音の後にカンという大きな音が聞こえた」。

盧武鉉(ノ・ムヒョン)前大統領が烽火(ボンファ)山ミミズク岩から投身した23日早朝、近くの畑で農作業をしていた夫婦がいたと、韓国経済新聞が28日報じた。

烽下(ボンハ)村の住民イさん(60)とキムさん(58)の夫婦は同紙とのインタビューで、「盧前大統領の私邸からわずか5分の距離にある畑で作業をしている途中、タッ、タッ、カンという声が連続で聞こえた」としながら「その時はどこで何が落ちたのか分からなかったが、早朝だったので音は大きく聞こえた」と話した。

同紙によると、イさん夫婦は事件発生当日午前5時50分、ミミズク岩から100メートルほど離れたトウガラシ畑で作業をするため家を出た。

夫人のキムさんは「とても近いところから大きな音が聞こえた」と話した。 イさんは「2回ほど大きな物が地面にぶつかるような音が聞こえた」とし「しかし悲鳴のような声は聞こえなかった」と話した。イさん夫婦は音が聞こえた後も特に気にしていなかったという。

イさん夫婦は「朝食をとるために家に帰る途中、ミミズク岩の下で一人の男性がもう一人の起こそうとしていたのか、両手で抱えていた」とし「その時の2人が大統領と警護官だったとは全く分からなかった」と語った。

イさん夫婦は「帰宅した時間は午前6時30分前だった」と話した。 イさん夫婦の記憶が正確なら、「警護官が盧前大統領を見つけた時間は6時45分」という警察の発表とは差がある。

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      HOME > アジア13掲示板

フォローアップ:

このページに返信するときは、このボタンを押してください。投稿フォームが開きます。

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。