★阿修羅♪ > アジア13 > 260.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
【コラム】独島戦争、韓日友好の最大の障害物 (日本の穏健派を批判する韓国語サイトを日本人が運営してる疑惑)
http://www.asyura2.com/09/asia13/msg/260.html
投稿者 児童小説 日時 2009 年 6 月 05 日 22:48:15: nh40l4DMIETCQ
 

世宗(セジョン)大の独島総合研究所が27日にスタートした。 この研究所を開きながら私はいろんなことを考えた。 独島(ドクト、日本名・竹島)問題は特異なイッシューだ。 韓国国民全員が同じ声を発し、与野党も一つになるからだ。

独島問題は常に韓日友好の障害物となってきた。 この阻害要因をうまく解決することが重要だ。 しかし昨年5月ごろ、私と日本の良心的学者を攻撃する韓国語サイトが登場したのを私は偶然発見した。 そのサイトに書かれた韓国語が日本式の韓国語だということを知った私はサイバー捜査隊に捜査を依頼した。 そのサイトは、私だけでなく、日本側の独島主張を批判してきた内藤正中・島根大学名誉教授や朴炳渉(パク・ビョンソプ)半月城サイト代表も攻撃していた。 これとは反対に日本の代表的な独島学者を称賛していた。

その学者は自分の娘に「日本は過去に悪い行為をした国ではない。 日本は立派な国だ」ということを示すために独島が日本の領土であることを証明する研究を始めた、という話を詳しく記述していた。 その学者が著書に記述した内容よりももっと詳しい内容がサイトに記述されているという点で、運営者がその日本人学者であることを直感した。 捜査隊はある日本の名前を持つ人が英国で作ったサイトだと知らせてきた。 日本では第3国でサイトを作って告訴・告発を防ぐ方法がよく利用されている。

この事実を学生と知人に知らせたところ、そのサイトに多くの人がアクセスし、書き込みでサイト運営者を徹底的に批判し始めた。 書き込みの内容に対抗できなかったのか、後にそのサイトは閉鎖された。 最近も似た韓国語のサイトがあり、現在、いろいろな方面からその背後を調べている。

その学者が運営するサイトはそれ以外にも多く存在すると知られている。 彼は自身の歪曲した独島主張を宣伝し、韓国側の主張を攻撃するため、米国人などに依頼して独島に関する英語サイトもいくつか運営している。 それだけでなく、不法ソフトウエアを使って韓国側を攻撃するサイトのアクセス数を意図的に増やし、検索順位で常に上位に入るよう操作している。 韓国語で書かれた独島サイトまでが、日本の質が悪い勢力の侵入を許しているのだ。 日本の独島戦略は水面下作業を通した韓国とのサイバー戦争にあり、韓国側をかく乱させることを目的にしている。 今はインターネットの世の中だ。 この分野での技術と戦略、そして数的にも劣勢になれば、今後問題はさらに大きくなる。

私たちは今、独島問題において日本の良心勢力との連帯を推進できるようになった。 日本の知識人の中に独島関連の良心勢力が少しずつ増えているため、韓国側も万全の準備を整えていれば、いくらでも日本国内の良心勢力を拡大していける。 2006年に米下院で慰安婦謝罪要求決議案が可決されるのに努力した米国内の韓国人団体が、独島問題を本格的に扱い始めた。

しかし内部で一つになってこそ、私たちは米国や日本の良心勢力と一緒に進むことができる。 天は大義のために私心を捨てた者を助けるという素朴な信念を、私たち自ら再確認しなければならない時だ。

http://japanese.joins.com/article/article.php?aid=116234&servcode=100§code=140  

  拍手はせず、拍手一覧を見る

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      HOME > アジア13掲示板

フォローアップ:

このページに返信するときは、このボタンを押してください。投稿フォームが開きます。

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。