★阿修羅♪ > アジア13 > 326.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
メディア法改正の捻じ曲げられた真実 - 東亜日報 (12年まで地上派兼営は禁止)
http://www.asyura2.com/09/asia13/msg/326.html
投稿者 稀代の天才白魔女さん 日時 2009 年 6 月 23 日 23:01:57: u31fCu3ZM.QfQ
 

ハンナラ党のメディア法改正案に対し、民主党や放送労組、左派団体は「メディア法が改正されれば、MBCテレビとKBS2テレビは民営化し、放送は政府によって掌握される」と主張した。李明博(イ・ミョンバク)政府が地上派放送局を奪って、東亜(トンア)、朝鮮(チョソン)など新聞と大企業に渡すために、メディア法を改正しようとしているというものだ。MBCはニュースを通じてもこのような主張を集中的に放送した。昨年12月、メディア法に反対するストを行ったMBC労組は、「MBCをお守りください」というチラシを街頭で配った。

メディア法に対する世論の汲み上げを目的に、与野党の合意で立ち上げられたメディア発展国民委員会が25日、活動終了の際、最終報告書を採択する予定だ。ハンナラ党が推薦したメディア発展国民委の委員らは、放送のデジタル転換が実現する12年まで、新聞の地上派兼営禁止条項を維持するという内容を報告書に盛り込ませることにした。デジタル転換が行われると、KBS、MBC、SBSの他に新たな地上派チャンネルができるので、その時になって許容するということだ。言い換えれば、既存の地上派放送局の既得権を維持してあげようというものだ。

これについて民主党の崔文洵(チェ・ムンスン)議員は、あるマスコミを通じ、「どうせメディア法が見直されても、新聞と大企業がMBCなど地上派を所有するのは現実的に不可能であるため、このような案を出した模様だ」と話した。MBC社長を務めた崔議員は、メディア法の改正案が成立すると、議員職を辞任すると明らかにした反対陣営の中核人物だ。彼の発言は、「新聞のMBC所有」というありもしない虚像を垂れ流した偽の宣伝で、国民を欺いたことを自認している。彼はメディア発展委の報告書の内容が公開されると、「報道チャンネルと総合編成チャンネルを新聞社に渡そうとする迂回戦術だ」と言葉を変えた。

メディア発展委の報告書の内容と関係なく、MBCの民営化論は最初から根も葉もないものだった。MBCの資産規模は10兆ウォンが越えると見られている。社員の平均年俸が1億ウォンを越える高コストに、理念的に左寄りの放送を買収する会社が果たして存在するか疑問だ。左派勢力は自らが弱者になりすまして、メディア法に対する世論調査をやってみようと声高に主張する。

放送3局による放送市場占有率が81%に達していることについてはだんまりを決めこんこんでいる。しばらく前はほとんど全ての番組が「盧武鉉(ノ・ムヒョン)追慕放送」を流し続けた。これ一つをとっても、左派勢力が口にしている現政権の「放送掌握」の主張は虚構である。放送をこれからもずっと掌握しようとする勢力が作り出した虚像にこれ以上は騙されてはならない。

http://japan.donga.com/srv/service.php3?biid=2009062327778

これはスゴイ記事である!

以下の点は、日本では絶対にありえない。

1.新聞がテレビを批判してる
2.労働組合を批判してる
3.社員の平均年俸を批判してる
4.放送市場占有率を批判してる

とくに2と3は一回も見たことないぜ!!

なぜかといえば日本は「地上派兼営」が実質的に禁止されていないから。
韓国のように禁止をすれば、相互批判が出てくるのだろーーよ。  

  拍手はせず、拍手一覧を見る

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      HOME > アジア13掲示板

フォローアップ:

このページに返信するときは、このボタンを押してください。投稿フォームが開きます。

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。