★阿修羅♪ > アジア13 > 348.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
李大統領、私財331億ウォン相当を寄付へ − 朝鮮日報 (財産の大部分を寄付!アソーには絶対できないことだな。)
http://www.asyura2.com/09/asia13/msg/348.html
投稿者 稀代の天才白魔女さん 日時 2009 年 7 月 06 日 19:07:05: u31fCu3ZM.QfQ
 

李大統領、私財331億ウォン相当を寄付へ | Chosun Online | 朝鮮日報

李明博(イ・ミョンバク)大統領は6日、ソウル市江南区ノンヒョン洞の自宅と一部動産を除き、私財の大部分に当たる331億4200万ウォン(約25億円)相当を青少年の奨学金や福祉事業のため財団に寄付し、社会還元することを決めた。

 李大統領の資産寄付のため今年3月に発足した財団設立推進委員会のソン・ジョンホ委員長(元法務長官)は6日午前、大統領府で記者会見を開き、「今後1カ月以内に李大統領の雅号にちなんだ“財団法人清渓”を設立し、李大統領が提供する財産を受け取り、奨学金や福祉事業を展開することを決めた」と語った。

 これで、李大統領がハンナラ党大統領選候補時代に初めて表明した財産寄付の公約は、1年7カ月ぶりに具体的な実行段階に移された。李大統領は検察の「BBK疑惑」で嫌疑なしと発表された1週間後の2007年12月7日、KBS選挙演説放送で「わたしたち夫婦が暮らす家だけを残し、持っている財産のすべてを差し出す」と宣言していた。

http://www.chosunonline.com/news/20090706000044

韓国大統領が奨学金事業を実行 財産の大部分を寄付 - 47NEWS(よんななニュース)

【ソウル6日共同】韓国大統領府は6日、李明博大統領が自らの財産の大部分に当たる331億4200万ウォン(約25億1千万円)相当の不動産などを新設する財団法人に寄付し、青少年の奨学金事業に使うことが決まったと発表した。

 李大統領は少年時代、マッチや果物を売り歩き、苦学して名門高麗大を卒業した。3月に発足した財団法人設立推進委員会が寄付の対象や方法を検討し「貧しいために(若者が)学業を放棄することがないようにしたい」という李大統領の考えを受け、奨学金事業を立ち上げることにした。

 2007年の大統領選では、大手財閥企業である現代建設の社長、会長を歴任した李大統領の蓄財や金融事件への関与疑惑を対立陣営などが激しく攻撃。李大統領は選挙戦中にテレビ演説で自宅を除く全財産を社会に還元すると公約した。

http://www.47news.jp/CN/200907/CN2009070601000351.html

時事ドットコム:資産25億円を寄付=奨学財団設立へ−韓国大統領

【ソウル6日時事】韓国青瓦台(大統領府)は6日、李明博大統領が自宅以外のほぼすべての財産約331億4200万ウォン(約25億1000万円)相当を寄付し、奨学金支給や福祉事業を運営するための財団を設立すると発表した。
 2007年12月の大統領選直前に、李氏は自宅を除く資産を寄付する考えを表明。ビルや土地などの財産をどのように寄付するか検討を進めてきた。財団は来月上旬にも発足し、貧しい家庭に育った学生らに奨学金を支給する予定。(2009/07/06-13:02)

http://www.jiji.com/jc/c?g=int_30&k=2009070600358

>李大統領は選挙戦中にテレビ演説で自宅を除く全財産を社会に還元すると公約した。
>財団は来月上旬にも発足し、貧しい家庭に育った学生らに奨学金を支給する予定。

すげぇ・・・・  

  拍手はせず、拍手一覧を見る

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      HOME > アジア13掲示板

フォローアップ:

このページに返信するときは、このボタンを押してください。投稿フォームが開きます。

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。