★阿修羅♪ > Ψ空耳の丘Ψ55 > 305.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
笹目仙人とは
http://www.asyura2.com/09/bd55/msg/305.html
投稿者 石工の都仙臺市 日時 2009 年 2 月 24 日 23:30:07: Gsx84HOp6wiqQ
 

(回答先: 二月二十二日に二十二歳の雙子の茉奈・佳奈が出雲大社(縁結びのb)のb前で 投稿者 石工の都仙臺市 日時 2009 年 2 月 23 日 23:55:15)

 
 
 
 
Re: 「紅卍字會」關聯・笹目仙人
http://asyura.com/sora/bd19991/msg/56.html
投稿者 招き黒猫 日時 1999 年 1 月 11 日 09:53:51:
 
 
 きつかけは、大聯發の列車に乘つたときのことである。笹目氏が坐席に腰掛けると、眞嚮かひ
に坐つた中年の男がいきなり日本語で話しかけてきた。
「私は、白頭山に住む呂靈 來來 (りよりんらい)深仙の使ひのものです。あなたを迎へにき
ました」
 男は仙人の弟子であつた。彼によれば、呂深仙は北朝鮮(朝鮮民主主義人民共和國)との國境
にある白頭山の洞窟に住み、年は207歳に成ると云ふ。
 「一緒に白頭山へ來ていただけますか」と弟子は言つた。
 呂b仙は日本からひとりの青年が滿洲を訪れる事を豫見してゐた。其の青年に將來のことを
指導するため、弟子に大聯行を命じたのだと云ふ。
「日本人青年の名は、”熊○(木二つに下が土)御堂”(くまんみたん)だと言はれました。」
「私の名前は笹目恆雄(本名)ですが。」
 笹目氏がさう答へても、弟子は少しも動じなかつた。
「其れは3000年前の前世でのお名前だと思ひます。」
 笹目氏の眉と眉の間に、はつきりと”熊○御堂”と記されてゐたと云ふ。笹目氏は、不思議に
思ひ乍らも、呂b仙に會ふことに成つた。
 仙人と云へば白髮の老人と云つたイメージがある。然し、意外にも呂b仙は童顏で、闇の中、
彼の周圍だけが光つてゐた。
 呂b仙は笹目氏に嚮かつてかう告げた。
 「あなたは、ふつふの人のやうな生涯は送れない。日本と云ふ國のカルマを背負ひ、常人には
とうてい耐へる事の出來ない苦勞をしなければならない。其の苦境から脱出する鍵は、12年
後に會ふことに成る崑崙山の疏勒(しゆろ)b仙から授けられる事に成る」
 笹目氏の使命はモンゴルの遊牧民を救ふことだと教へられた。
 歸國後、彼は、b仙の教へどほりにモンゴル再建のために私塾を開き、モンゴルの青年たちを
招きいれる事に成つた。やがて、笹目氏は彼らとともに内モンゴルを中心に獨立運動へ參加し
ていく。蒙彊(もうけふ)自治政府徳王私設顧問として、力を盡くしたのである。そして、呂
b仙に會つてから12年たつた1936(昭和11)年6月、豫告されたとほり幻のチベツト民
族が住む、青海の山奧で500歳の疏勒b仙に會ふことに成つたのだ。矢張り子供のやうに小柄
で、童兒のやうな顏立ちをしてゐた。

太陽光線を食事に變へるb仙直傳の祕法とは

 疏勒b仙は、此の12年間にわたる苦勞をねぎらふと、笹目氏に、
「では太陽の精氣を食(は)む方法を授ける事にしよう」
 と言つた。が、すぐに教へてもらへるわけではなかつた。其の方法を傳授されるため、疏勒b
仙とともに崑崙山の頂上に嚮かふことに成つたのである。疏勒b仙の腰につかまり、天の鳥船・
鶴船(仙)とよばれる天帝のつかはす鶴に乘ると、一瞬のうちに標高7000メートル以上の頂
上まで空中を飛んでしまつたのだ。
 其の後、笹目氏は蘇聯の捕虜に成り、b仙の豫言どほり11年間にわたつてシベリアで苛酷な
抑留生活を送る事に成つた。が、”太陽の精氣を食む方法”を傳授されたので、ふつふの人な
ら3日で根をあげる水牢に、1箇月以上も閉ぢ込められても耐へる事ができたと云ふ。例の方
法を使へば、1日のうちに3分間、太陽光線を受けるだけで、まつ度く食物をとらなくても生き
ていける事ができたからであつた。
 笹目氏は歸國後、地球の危機を救ふべく支那發祥の新宗教「道院」の日本統掌(代表)と
なり、仙人の脩行を重ねていつた。其の内容は、「内脩」と「外慈」である。前者は靜坐と誦經
(ずけふ)で、一種の瞑想法、精b脩養と云つてよい。後者は慈善的な行爲で、ボランテイア
活動などを指す。したがつて、道院の入門者は、必ずしも超人的な存在を目指してゐると云ふわ
けではなかつた。
 笹目氏が出會ひ、教へを受けた仙人に就いては、現状、檢證のしやうがない。が、笹目氏の人
生を振り返つた場合、モンゴル民族再興運動の參加といい、シベリアの水牢を切り拔けた事
といい、慥かに仙人に教はらなければ、出來ない事である。
 また、笹目氏は其の風貌からも生前、”日本の仙人”として知られる人物であつた。誦經によ
つて富士山大爆發を止めたとか、龍bとコンタクトして天候を自在にコントロールしたとか、8
0歳を超えてふもとの驛から多摩道院のある1200メートルの大嶽山まで、普通のひとが2時
間かかる山道を40分で飛ぶやうに歩いたなど、超人的なエピソードに事缺かなかつた。かうい
つた能力も、笹目氏が本物の仙人に出會つたからこそ身につけられたのだと云ふ、リアリティは
感じられる。
 
 
 
 
△ミラクル★マジカル☆EQUALJAPAN!▽
EQUALJAPANの「無責任に解いてみました 二二の五」
http://equaljapan.blog117.fc2.com/blog-entry-129.html
 
 
日本を突つ切つて、韓國ソウル近くを通つて、
ラインは大陸中央部まで伸びてます。
「疏勒b仙」と云ふアイコンがライン上にあります。
大本に近しい「笹目秀和」と云ふ方がいらつしやいました。
仙人と呼ばれた方で、第二次大本事件の直前に預かつた、
大本の御b體を崑崙山中に收めるb業をなさつたさうです。
著作を讀みましたが、個人的直感では眞實だと思ひました。
其の過程で登場したのが500歳と云はれる「疏勒b仙」です。
資料が少ないのでハツキリしませんが、
此のHP(http://www5f.biglobe.ne.jp/~shishoukaku/05shushinkai/004special/131105sasame/131105sasame.html)の下のはうにある「笹目氏の鶴船飛行・關係地圖(246KB)」の地圖を參考にしました。
「ハラノール湖」の東北側にいらつしやるやうなので、其處をポイントしました。

場所がハツキリしませんが、288度ラインは此のやうに伸びてます。
他のポイントと比べると、“間接的に”大本と關係ある存在ですが、
「若しも地球の裏表がひつくり返るやうな事があれば、
大本b業の中心が崑崙山に移る事があるかも云々」
笹目仙人に出口日出麿氏がこんな事を話してゐたさうで、
其の翌日、笹目仙人は御b體を預かつて崑崙山へ嚮かつたさうです。
2つは遠くて近い關係かもしれません。
また「此のポイント・富士山・ナンマドール」は誤差3%程度の二等邊三角形でもあります。

スタートはなかなかいい感じでしたが…
最初に斷つたとほり「偶然」と考へれば、可也面白い偶然です。
 
 
 
 
學習研究社刊
平成十九年(西暦ニ〇〇七年)三月二十日發行
(NEW SIGHT MOOK Books Esoterica 42)
「b仙道の本 ― 祕教玄學と幽冥界への參入」
第五章 仙術の不思議を生きた現代の證言者達
仙道界異聞其の肆(よん) 笹目秀和の話
百六十四頁據り
 
 
仙道界異聞其の肆(よん) 笹目秀和の話
鶴に乘つて支那大陸を飛翔した奧多摩の仙人
 
 
◎滿洲で白頭山のb仙に召される

 平成19年1月27日、東京奧多摩の某所で、10年前に歸幽したある人物の追悼會が人知れず催された。集つた人々は、聖號やb呪を合誦し、故人の遺徳を偲びつつ、其の遺志を繼ぐ想ひを新たにしてゐた。小さな祭壇に飾られた其の人物の寫眞額には「道誠眞人(どうせいしんじん)」と道號が入つてゐる。其れは、昔、支那の奧地で鶴に乘つて空を飛んだと云ふ傳説の人だつた。人呼んで、奧多摩の仙人 ― 笹目秀和(ささめしうわ)翁である。
 笹目仙人は明治35年1月30日、茨城縣に生まれた。秀和は道號で本名は恆雄と云ふ。丑年丑月丑日丑刻に生まれたので、「ワシは丑の地獄に生まれた」と云ふのが口癖であつた。其のせいかどうか、裕福な家ではあつたが4歳で母親を亡くし、以後は禪寺にあづけられるなど苦勞をしたらしい。
 大正13年8月2日のことである。中央大學法學部に入學後、夏休みに滿洲を訪れてゐた笹目青年は、大聯から奉天行きの列車のなかで奇妙な男に出會つた。墨染めの衣に手甲脚絆をつけ、長く伸ばした髮を頭頂で結ひ上げてゐる。其の男が、いきなり日本語で話しかけてきた。
「あなたを待つてゐました。呂(リヨ)b仙がお呼びです。白頭山まで來ていただけますね」
 突然のことに返事も出來なかつたが、聞くと、此の男は仙道の道士で、呂靈來(リヨリンライ)と云ふb仙の命令で、ずつと笹目の行動を見張つてゐたのだと云ふ。呂b仙と云へば、あの張作霖の三顧の禮を蹴つたと云ふ噂の仙人だ。其れが何故自分を・・・・・。
「日本の青年の名は熊埜御堂(くまのみどう)だ、と仙師は言はれました」
「其れぢや人違ひだ。私は笹目と云ふ者です」
「いや、私が言つてゐるのは3000年前の前世の名前です。
ちやんと、あなたの印堂(眉間)に書いてありますよ」
 男の奇怪な言葉に度肝を拔かれたが、迷つた末に白頭山行きを決意。此れ以後、驚きと波欄の日々がはじまるのである。
 汽車と馬車とロバを乘り繼ぎ、凡そ10日間かけて支那と北朝鮮の國境にまたがる靈峰・白頭山の天池にたどり着くと、待つてゐたのは、笑みをたたへた207歳のb仙だつた。
 そして呂b仙は、3000年にもおよぶ、古朝鮮やモンゴルと笹目青年との不思議な因縁を縷々(るる)語るのだつた。
 
 
◎月の精氣を食む法

「だからおまへは普通の人生を送る事が出來ない。日本という國の業を背負つて、此れから60年、耐へきれないほどの苦難が續くだらう。苦境から脱出する鍵は、今から12年後に崑崙山(クンルン)で疏勒(シユロ)b仙から授かる筈だ」
 さう仙師は告げると、月に嚮かつて立ち、天地否印(ひいん)を結んで眞言を唱へ、左手の親指と中指を笹目の印堂にあてて「○○チ、○○チ、○○チ、」と唱へた。(○は伏せ字、此のb呪は文字化を許されてゐない)。以後、月に嚮かつて此の眞言を唱へ乍ら月の精氣を食せば、つねに頑健で精氣あふれた身體を保てるやうに成る筈だと云ふ。
 此れ以降、笹目の運命は急轉する。仙師の命により、モンゴル民族獨立のために奮鬪を續け、日本や北京に留學生を呼び、教育を基軸とした財團や施設を次々に設立。各地を飛び囘る多忙を日々だつた。また、京都綾部に出口王仁三郎を訪ね大本教のごb體を崑崙に埋めてくるよう依頼をされた。第二次大本彈壓事件でb殿が破壞される前夜の話である。崑崙 ― さう云へば、なんだかんだで12年の月日が過ぎてゐたのだつた。
 
 
◎500歳のb仙との會見

 笹目は嚴寒のモンゴル平原と砂漠をラクダで越え、途中、鐵鑛山や油田を發見したりラマ教の高僧と會つたりしつつ、支那青海省の崑崙山脈まで、凡そ半年がかりでたどりついた。そして、ココノル糊の北西約200キロの浮世から隔絶した疏勒(シユロ)族と云ふ少數民族の村に着き、其の族長に案内されて標高5000メートルの地にあるb仙の靈窟に嚮かつたのである。
 此の祕境に100歳を越える2人の道士とともに住む齢500歳の疏勒b仙は、笹目をうれしさうに迎へた。
「待つてゐたぞ。汝が12年の活動はつぶさに知つてをる。魔の障碍は多かつたが、其れは汝が世の業障を背負つたせゐで、世を救ふための慈悲行と心得るべきだ」
 そして、崑崙の山頂モヌマーハル(標高7723メートル)の聖地まで、まるでヘリコプターのやうな巨大な鶴に乘せられて、b仙とともに飛び立つたのである!
 目を開ける事は許されなかつた。空中で幻惑されるからだ。暗闇の中、後方に吹き飛ばされさうだつたが、強烈な寒さで全身の感覺を失ひ、遂に意識もとぎれてしまつた。
 そして極寒の山頂に着くと、今度は其處で5日間かけて、太陽の精氣を食む法を「○ル○、○ム○、○ヅ○」の祕呪とともに傳授され、また、坎離印(かんりいん)を結んで純陽を成就し、b人合一に進む法をも授かつたのだつた。
「宇宙を主宰するbは、蟲けらの動きまでご存知だ。其の仕事の一部を分擔させていただく我々も、宇宙の運行のあらすじは知らされてゐる。汝の苦難はなほ50年續くだらうが、選ばれたる者として輝かしい成果をあげる事を期待する。苦しいときは白頭山と崑崙を想起せよ! 力を與へるぞ!」
 仙師の言葉の一語一語が丹田に突きささつた。そして、大本のごb體を奧地に鎭祭し、師に禮を言ひ、鶴仙に乘つて下界にもどると、みづからの歩むべき道はもう見えてゐた ―。
 以上、笹目秀和の自傳をもとに、まさに數奇と云へる波欄の青春期を驅け足で追つてみた。笹目は戰後、シベリア收容所で11年間抑留され、歸國後、東京青梅の大嶽山頂に多摩道院を開いて、世界平和を祈願する日々を送つた。あるときは、『太乙北極眞經(たいいつほつきよくしんきやう)』の讀誦によつて富士大爆發をくひとめたとも稱した。其の滋味あふれる人柄に魅了された政財界や有名人のフアンも多かつたと云ふ。平成9年1月25日、94歳で歸天。
 なほ、道院では、なにごとを決めるにも扶亂(フーチ)と云ふb託法で宇宙b靈(至聖先天老祖(しせいせんてんろうそ))の訓示を仰ぐことに成つてゐるが、笹目翁の跡を繼ぐ道院二代目統掌としてbが任命したのは俳優の夏八木勳氏である。
 
 
 
 
笹目仙人は大本の御b體を崑崙山脈の麓に納めたと云ふ。
岩田明さんの著書には、シユメール文明を築いた民は、崑崙山脈から降つて來て、
彼の地に文明を築いたのではないかと云ふやうな事が書かれてゐた。
以前から不思議だつたのだが、マナ・カナを見てゐるとどう言ふ譯か「スメラミコト」
と云ふ言葉が頭から離れなく成つて仕舞ふ。
其れとYAP因子の事もある。
崑崙山脈と、シユメールと、日本と、大本が此處で繋がつて來る。そしてb國日本の
宇宙的乃至地球内部的乃至異次元トンネル、スターゲイトを通つて來る異次元の生命體
乃至地球外生命體的起源にも。
 
 
 
 
學習研究社刊
平成十六年(西暦ニ〇〇四年)三月三十日發行
岩田明氏著
「消えたシユメール王朝と古代日本の謎」
 
 
 
 
★ダ・ビンチ・コードPART22と日ユ同祖論3とYAP因子
http://blogclub.livedoor.biz/archives/50246384.html
 
 
日ユ同祖論3とYAP因子

ダ・ビンチ・コードと日ユ同祖論3

其の一、全ての記事の根據と成つた寶來聰博士の研究成果です。         

        Y染色體多型からみた日本人の成立
        Michael F. Hammer1, 寶來 聰(1アリゾナ大學)
 
 
 Y染色體上の非組み換え領域にある4つの遺傳子坐に關して,日本人3集團沖繩,靜岡,青森)と臺灣の支那人で遺傳子型を決定した.Y染色體上のAlu配列の插入多型であるYAP因子は,日本人では 42% に存在したが,支那人には見られなかつた.此のことによりYAP因子が亞細亞に於て不規則な分布をしてゐる事が明らかと成つた.Y染色體上の4つの遺傳子坐で得られたデータより,集團間の遺傳的距離の推定,Y染色體のハプロタイプの構築により集團内の遺傳的多樣度および各ハプロタイプ間の多樣度を檢討した.Y染色體ハプロタイプの進化學的解析により,YAP (DYS287) 坐とDXYS5Y坐の多型はただ1囘の起源を持つのに對し,DYS1坐の多型およびDYS19坐に於るマイクロサテライトの對立遺傳子群は1囘以上の起源を持つことが示唆された.遺傳的距離の解析により,沖繩の人は本土の日本人とは遺傳的に離れてゐる事が明らかと成つた.此のことは,現代日本人が繩文人および韓國或は支那本土からの移入民である彌生人からの異なる遺傳的寄與を受けた結果であり,また沖繩の人は彌生人とは殆ど混合する事はなかつた,と云ふ假説を支持する.YAP(+)染色體は繩文人により齎され,YAP(−)染色體の流入は彌生人の移住により齎されたと考へられる.詳細は,文獻11に發表した.

其の二、もつと詳しく!
 男の祖先・女の祖先のDNAで日本人のルーツを探る

父から息子へ、母から子へ
 日本人のルーツに就いては明治以來樣々な論議が行はれてきた。然し、殘念なことに純粹に科學的な議論が行はれてきたとは言ひ難い。政治的・イデオロギー的に「かうあつてほしい」或は「かうあつてはほしくない」と云ふ感情に理性が押し流され「信じ度い事を信じる」科學とは無縁の「學説」が公然と大手を振つてなされてきた。然し、最近に成つて生物の設計圖であるDNA(デオキシリボ核酸deoxyribonucleic acid)によつて日本人のルーツを探る事が出來るやうに成つた。
 DNAは細胞の核および細胞内の小器官であるミトコンドリアの中に存在する。DNAは遺傳暗號を書き記した文字である4種類の鹽基(A:アデニン、T:チミン、G:グアニン、C:シトシン)が延々と竝ぶ長大な分子で、A-T、G-Cが對に成る形で2本のDNAが螺旋状に成つて存在してゐる。核のDNAは細胞が分裂するときに小さく折り疉まれいくつかの固まりと成つて分かれる。此れを染色體と云ふ。此の中に性染色體と呼ばれるものが一對ある。男性の場合だとXY、女性の場合はXXと云ふ組み合はせに成る。したがつてY染色體を形成するDNAは父から息子へと遺傳していく。此れに對してミトコンドリアのDNAは母親から子(男女兩方)へと受け繼がれていくのである。

「繩文男」と「彌生男」
 男性には「繩文系」と「彌生系」があると云ふ。Y染色體は、睾丸や精子の形成にかかはつてゐる。Y染色體に書き込まれた文字數は6000萬個に上る。他の染色體に比べて、Y染色體の多型は極端に少なく、凡そ200カ所見つかつてゐるが、Y染色體のDNAのある特定の場所に插入された、凡そ300の鹽基からなる『YAP』(ヤツプ)と云ふ部分がある。

 中堀豐・徳島大醫學部教授らの研究グループによれば、Y染色體のYAP多型は東亞細亞では日本人にしか見られず、昔から日本にゐた人たち特有のものと考へられてゐる。日本人で數パーセント見いだされ、其れもアイヌ人、沖繩人で頻度が高い。寶來聰教授の研究では、アイヌ民族の88%にYAP+がみられると云ふ。
 ところが、韓國をふくめユーラシアでも、此の突然變異の遺傳子は殆ど見つからず、日本以外で唯一見つかるのはチベットだけであると云ふ。世界的に見ても其のほかには黒人にしかみられない變はつた遺傳子型である。
 此のことから、ヤツプがあるのが繩文系男性、ないのが彌生系男性と判斷出來る。
 東亞細亞人で4タイプに分かれ、日本人男性も「タイプ1」から「タイプ4」まで4つに分けられる。中堀教授らの研究グループは、1999年にY染色體にあつて胎兒期に睾丸を作るやう命令する「SRY遺傳子」の465番目の鹽基が、人によつてC(シトシン)かT(チミン)かの違ひがある「多型」である事を發見した。中堀教授は<1>ヤツプの有無<2>SRY遺傳子の465番目の鹽基がCかTか<3>DXYS5Yの鹽基の違ひと云ふ、Y染色體中の3つのDNAの型をもとに、日本人の男性を繩文系と、タイプの異なる3つの彌生系の4つに分類した。
 YAP+タイプ2の集團は、都市部では北から南まで均等に分布し、金澤、福岡、大阪、札幌のいづれで調べても、人口の約25%程度を占める。然し本州や四國の山間部では5割を占めてゐた。彌生人に追はれた繩文人と云ふ通説にほぼ合致する結果である。
 日本の男性は1萬年以上前から日本列島に住んでゐた繩文人、繩文時代後期に大陸や朝鮮半島から移住してきた彌生人にルーツを持つてゐるのである。ついで乍ら、中堀教授らのグループの研究によれば、繩文人の系統とされる「タイプ2」の男性の精子數は、彌生人系より2割以上も少なく、2〜4倍も無精子症に成りやすいと云ふ。

母親の系譜
 寶來聰博士などの研究グループは、いままで、外見の特徴から白人に由來すると考へる研究者さへいたアイヌの人々のルーツを探るため、1960年代に採血された血液からミトコンドリアDNAを分析し、更に、繩文の人骨5體のミトコンドリアDNAを分析して、アイヌのルーツが繩文人である事を突き止めた。
 更に、東亞細亞の5つの集團のミトコンドリアDNAを分析し、日本人の成り立ちを調べた。其れによると、本州では、日本人固有のタイプは4・8%、其れに對して韓國人や支那人と共通の配列を持つ人が凡そ50%に達し、アイヌや沖繩と共通のタイプを持つ人が4分の1であつた。現代の日本人が北亞細亞人、特に韓國人に尤も近い遺傳的類似性を持つてゐる事を確認した。此のことは、彌生時代以降に大陸や半島から日本へ遺傳子の擴散が生じたとする從來の説と一致する。更に、寶來博士らは太平洋を隔てたアンデスの先住民が、日本のアイヌや沖繩の人々と非常に近い事を示したのである。詰り、1萬2千年前に日本列島に移動し、繩文の文化を築いた集團がゐた。其れから1萬年後、別の集團が再び日本列島に渡つてきて彌生文化を築いたのである。
 最近の研究では、繩文集團も決してひとつではない事が分かつてきた。沖繩と、アイヌの人々のDNAを較べると、少なくともひと文字は違ふのである。此れは其れぞれの祖先が、日本列島に渡つてきた當時から既に別の集團だつた事を示してゐると云ふ。

外國の場合
 今日の歐羅巴人をミトコンドリア遺傳子で見ると、20%がアナトリア(現トルコ共和國の亞細亞部分)の農民由來で、Y染色體遺傳子でみると、22%が同樣にアナトリアの農民由來だと云ふ。殘りの約80%は4萬年前から1萬年前にかけて歐羅巴に進出した狩獵採取民の遺傳子だと云ふ。アナトリアの農耕民が先住の民族を征服した結果、歐羅巴に印度・歐羅巴語と農耕が傳はつたのである。

征服なくして文化傳播なし
 文化の交替は、基本的には新しい住民の進出により生じるのであり、其れがないところで文化だけが傳播すると云ふことは、基本的にはないと思ふ。彌生人の進出により、繩文世界の崩壞が起こつたのである。征服なしでの文化傳播の例としてよくあげられる明治維新にしても、からうじて「征服」から逃れたものの、「征服」を免れるための方途として西洋文明を受け入れてゐるのである。壓倒的な武力の前に屈してゐる點では征服されたのと同じである。
「『征服』に近い事態があつた、と感じてゐますが、政治的、或は差別の問題につながつてしまふからみんな言及したがらないのです。形質的にみると、 
 今の日本に就いて、かう言へるかもしれません。
 二千數百年前から1500年ほど前に渡つてきた人たちの子孫は威張つてゐるが、其れより前とか、後に渡つてきた人たちの子孫は虐げられてゐる。
 歴史の皮肉ですよね。」 (『日本人の起源(ルーツ)を探る―あなたは繩文系?其れとも彌生系?』 
隈元 浩彦 新潮OH文庫)
 
 
TITLE:男の祖先・女の祖先 DNAで日本人のルーツを探る
DATE:2006/07/29 17:49
URL:http://drhnakai.hp.infoseek.co.jp/sub1-52.htm
 
 
 
 
男の祖先・女の祖先 DNAで日本人のルーツを探る
http://drhnakai.hp.infoseek.co.jp/sub1-52.htm

「YAP因子」と「木に卷きつく蛇」
http://www.asyura2.com/07/bd48/msg/258.html
投稿者 M綜合研究所 日時 2007 年 4 月 01 日 10:36:17: YhMSq6FRP9Zjs

「アルザル人が再び地上に舞ひ戻る日は近い」&「マイクロ兵器」
http://www.asyura2.com/07/bd48/msg/293.html
投稿者 M綜合研究所 日時 2007 年 4 月 04 日 09:42:42: YhMSq6FRP9Zjs

そして、アルザル「舊約聖書:外典エズラ記(ラテン語第13章41〜45節)」
http://www.asyura2.com/08/bd54/msg/105.html
投稿者 M綜合研究所 日時 2008 年 9 月 01 日 14:28:09: YhMSq6FRP9Zjs

漫畫レベルの聯中(戰爭マニア權力者達)に生殺與奪の權を握られてゐたりするのか/通には一笑に伏し切れず本當なら笑つちやう話
http://www.asyura2.com/09/wara6/msg/665.html
投稿者 そこちよつとつんつく 日時 2009 年 2 月 18 日 15:21:51: 8EItFG7yGzQIA

そもそも「天岩戸」とは一體何なのか 映畫「スターゲイト」に其れをみる
http://www.asyura2.com/09/bd55/msg/163.html
投稿者 石工の都仙臺市 日時 2009 年 2 月 01 日 22:21:03: Gsx84HOp6wiqQ

「我々の遺傳子提供者達のカールチユーンが、呼び覺まされてゐるのです」
http://www.asyura2.com/09/bd55/msg/301.html
投稿者 石工の都仙臺市 日時 2009 年 2 月 24 日 23:10:21: Gsx84HOp6wiqQ
 
 
 
 
 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      HOME > Ψ空耳の丘Ψ55掲示板

フォローアップ:

このページに返信するときは、このボタンを押してください。投稿フォームが開きます。

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
投稿コメント全ログ  コメント即時配信  スレ建て依頼  削除コメント確認方法
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。