★阿修羅♪ > Ψ空耳の丘Ψ56 > 185.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
Viktor Schauberger ヴイクター・シヤウバーガー
http://www.asyura2.com/09/bd56/msg/185.html
投稿者 石工の都仙臺市 日時 2009 年 4 月 26 日 18:05:27: Gsx84HOp6wiqQ
 

 
 
 
 
Viktor Schauberger Vortex Video


 
 
Walter Russell Vortex Video: The Cosmology of Twin Opposing Electro-Magnetic Vortices


 
 
矢追純一 UFOスペシャル part4/15
アンドレア・エツプ氏の證言


 
 
Viktor Schauberger


 
 
Whirling around with Viktor Schauberger


 
 
 
 
Viktor Schauberger - Google 畫像檢索

Viktor Schauberger - Google ビデオ檢索
 
Implosion Motors - Google 畫像檢索

Implosion Engine - Google 畫像檢索
 
 
 
 
日本教文社刊
アリツク・バーソロミユー氏著 野口正雄氏飜譯
自然は脈動する―ヴイクトル・シヤウベルガーの驚くべき洞察

 
 

 
 
 
 
河出書房新社刊
ウエスト・マリン氏著 戸田裕之氏飜譯
水のb祕 科學を超えた不思議な世界

 
 

 
 
 
 
ポスト・ユダヤ/キリスト教西洋文明/新東洋文明
INNOVATION OF PHILOSOPHY: NEW PLATONIC SYNERGY THEORY - 2008/05/19

 
 
『自然は脈動する』とヴイクトル・シヤウベルガーのルネサンス 
 
 
本書を讀み續けてゐるが、驚歎の書である。さう、云はば、震撼させられてゐる書である。プラトニツク・シナジー理論と共通する理論が既に、20世紀前期に生まれてゐたのである。ただし、自然科學・技術に中心がおかれてゐるやうである。とまれ、PS理論が説く超越エネルギー=イデア・エネルギー=差異共鳴エネルギーが既に説かれてゐるのである。また、水の特異點(攝氏四度)を提示してゐて、具體的に、Media Pointの考へ方に沿つてゐると考へられるのである。また、私が夢想した超越エネルギーの取り出し方を、具體・實踐的に、ヴイクトル・シヤウベルガーが試行してゐたのである。
 どうやら、ヴイクトル・シヤウベルガーのルネサンスが來るだらう。此れは、根本的に、自然觀・世界觀を刷新して、科學・技術的に、平和な世界を齎すものに成るだらう。
 PS理論は、シヤウベルガー自然理論と融合する形で、更に進化するだらう。今は此れで留め度い。

參照:
久しぶりに讀書してます。最近此れはと云ふやうな面白い本に出くはすことがなかつたのですが此の本は衝撃的でした。なんせ現代文明の基本と成つてゐるテクノロジーは最初から間違つてゐると云ふのです。まさにちやぶ臺返し、とも言へる現代テクノロジーに對するアンチテーゼと言へる内容です。ちやぶ臺をひつくり返さうとした人はヴイクトル・シヤウベルガー(1885-1958、オーストリア生まれ)。聞いた事のない名前で初耳でした。其れも其の筈で當時の科學界(今の科學界でも)からは異端と見られて其の存在を無視されてきたのでした。加へてナチスに協力させられて兵器開發を行つた事も無視される原因のやうです。

題名は「自然は脈動する 」(日本教文社刊)。原題は'Hidden Nature: The Starting Insights of Victor Schauberger'で恐らくシヤウベルガーを初めて日本に紹介した本ではないかと思ひます。内容はアリツク・バーソロミユーと云ふ編輯者によるシヤウベルガーの入門書です。シヤウベルガーをググるといろいろと怪しい話が出てきて其れだけを見ると此の人の業績を大幅に見誤つてしまひさうです。最近地球温暖化と云ふことで環境問題が大きくクローズアツプされてゐますが、シヤウベルガーの業績が今注目されてゐるのも彼が此の問題を指摘して何故さうなるのかを明確に指摘してゐるからでせう。シヤウベルガーは現代文明が此のままのテクノロジーを推し進めていけば人類は自らを破壞する事に成ると豫言してゐたのでした。

晴れのち自轉車時々猫

 
 
 
 
古代テクノロジーの再興−1997.05.04
キーリーネツトのためにJerry W. Deckerが編輯
Dan LaRochelle の好意による天國の舟URL  以下は、@Nifty(NIFTY-Serve)>FMISTY>MES19>#1136,1137をもう少し表現を分かり易くした同文である。

 Dan は最近、David Hamel と一緒にカナダを訪れた。Hamel によると、かつて全地球的な危機に直面してゐた時、古代地球の‘進歩的な人々’に對して與へられた宇宙の兄弟たちの技術を見せられたと述べてゐる。そして、今の我々の美術館や考古學館には、此のやうな宇宙の兄弟たちのテクノロジーの兆候が溢れてゐるさうだ。ただ、其れらは、まだ我々の、どのやうに宇宙が動いてゐるのかと云ふ認識に符號しないために、理解する事が出來ないでゐるのだ。Hamel は宇宙人のテクノロジーに肉迫する描冩を紙上で行なつた。其れは此の記事の最後に【リンクを】置いた。

天國の舟


おかねのかたち

逢澤堅

第一章 世界はリズムのシンフオニーを奏でる

第一節 世界はリズムで出來てゐる
個人は社會とともに生きる

或程度の長さを生きてきた人なら、また自分で自分を養ふことを知つてゐる人ならなお、自分の生活状態と家計に調子の良し惡しがある事を知つてゐる筈である。生活手段と云ふことに其れほど自覺的でない人でも、今年の春はいつもの春よりなんとなく寒々しいと云つた感覺印象で自分の生活状態が心に反映してゐるにちがひない。

おかねのかたち 逢澤堅
 
 
 
 
Viktor Schauberger
From Wikipedia, the free encyclopedia

Jump to: navigation , search
This article or section is missing citations or needs footnotes .
Using inline citations helps guard against copyright violations and factual inaccuracies. (February 2007)
The neutrality of this article is disputed .
Please see the discussion on the talk page .(December 2007)
Please do not remove this message until the dispute is resolved.

Viktor Schauberger (30 June 1885 ? 25 September 1958 ) was an Austrian forester /forest warden , naturalist , philosopher and inventor .

The inventor of what he called "implosion technology", Schauberger developed his own theories based on fluidic vortices and movement in nature. Very little of Schauberger's work has received mainstream acceptance, although his work is directly related[citation needed ] to valid accepted mathematical principles and harmonics.
Biography

[edit ] Early years

Viktor Schauberger was born in Holzschlag , Austria , to a long line of Austrian foresters. Creek and river flow fascinated him during his youth. He went on to develop a basic theory that contains a twofold movement principle for such phenomena.

His first idea was brought upon by trout. The fact that they could use so little force to go against the current invoked him to study the force that allowed such effortless motion. His study of trout concluded in the theory of natural vortexes.

Schauberger's second major theory was in the structure of water. He believed that water is at its densest when cold (and at the time of a full moon), and that there are many layers in the structure of flowing water. He claimed that nature creates vortexes to create equilibriums. He further claimed that our current form of energy production/consumption scatters matter into disequilibrium. His studies were not approved by science at the time, even when his ideas were put into practice.[citation needed ]

In 1926 , he undertook research at a timber flotation installation in Neuberg an der Murz in Styria . In 1929 Schauberger submitted his first applications for patents in the fields of water engineering and turbine construction. He conducted research on how to artificially generate centripetal movement in various types of machines . He proposed a means of utilising hydroelectric power by a jet turbine . The log flumes used for timber flotation allegedly disregarded the Law of Archimedes, i.e., Schauberger was allegedly able to transport heavier-than-water objects by creating a centripetal movement (making the timber spin around its own axis, by special guiding-vanes which caused the water to spiral).

[edit ] World War II

In 1934 Viktor was meeting with Hitler, and had discussions about fundamental principles of agriculture, forestry and water engineering. However, Schauberger refused to work for the German Reich.

In 1941, an intrigue caused by the Viennese Association of Engineers[citation needed ] resulted in Schauberger's enforced confinement in a mental hospital in Mauer-Ohling, under continuous observation by the SS. In Augsburg, Schauberger worked with Messerschmidt on engine cooling systems and was in correspondence with designer Heinkel about aircraft engines.

In 1944 , Schauberger continued to develop his Repulsine machine at the Technical College of Engineering at Rosenhugel in Vienna. By May 1945 a prototype had been constructed.

In 1945 Schauberger started to work on his "Klimator".

At the end of the war Schauberger was apprehended by US intelligence agents, and kept in custody for 9 months. They confiscated all his documents and prototypes, and interrogated him to determine his activities during the war.[1]

After the war Schauberger continued his work, leading to water-based power generation through vortex action in a closed cycle, the "Spiral Plough", an "Apparatus for soil cultivation made of copper", tests with "spiral pipes", and so on.

[edit ] Later years

In 1958 Schauberger was approached by Karl Gerchsheimer and Robert Donner, with an invitation to come to the US to further develop his inventions.

Schauberger spent several months in the US making drawings and reports, and then returned to Austria . He died in Linz , Austria, on September 25 1958.

[edit ] Implosion Magazine

Implosion is a quarterly magazine founded in 1958 by Aloys Kokaly, generally aimed at the lay reader, which is still published quarterly or semi-annually by Klaus Rauber. It has been, without doubt, the richest repository of Viktor Schauberger's writing (in German), and has been the source of substantial portions of the Eco-Technology series.

[edit ] See also

* Fluid dynamics
* Hydrodynamics
* Water hammer
* Cavitation
* Coanda effect
* Vortex : Vortical , Vorticity , Vortex shedding
* Centripetal : Centripetal Force , Centripetal Acceleration
* Implosion
* Forester
* Bionics
* Spiral : Golden spiral , Logarithmic spiral , Fibonacci sequence
* Vortex tube , Windhexe

[edit ] Further reading

* Jane Cobbald, Viktor Schauberger - a Life of Learning from Nature (2006) ISBN 0-86315-569-3
* Olof Alexandersson, Living Water ― Viktor Schauberger and the Secrets of Natural Energy
o (1982) ISBN 0-85500-112-7
o (1990) ISBN 0-946551-57-X
o (2002) ISBN 0-7171-3390-7
* Alick Bartholomew, Hidden Nature ― The Startling Insights of Viktor Schauberger (2003) ISBN 0-86315-432-8
* Brian Desborough, A Blueprint for A Better World (2002) ISBN 0-9742018-0-4
* Viktor Schauberger and Callum Coats, The Schauberger Companion (1994) ISBN 1-85860-011-1
o Eco-Technology (1994) ISBN 1-85860-011-1
o Living Energies (1995) ISBN 0-7171-3307-9 {UK edition has more ill.}
+ Living Energies ― Viktor Schauberger's brilliant work with Natural Energies Explained (2002) ISBN 0-7171-3307-9
o The Water Wizard: The Extraordinary Properties of Natural Water, Eco-Technology no.1, (1997) ISBN 1-85860-048-0
o Nature As Teacher: New principles in the Working of Nature, Eco-Technology no.2, (1998) ISBN 1-85860-056-1
o The Fertile Earth: Nature's Energies in Agriculture, Soil Fertilisation and Forestry, Eco-Technology no.3,(2000) ISBN 1-85860-060-X
o Energy Evolution: Harnessing Free Energy from Nature, Eco-Technology no.4, (2001) ISBN 1-85860-061-8
* various books on Viktor Schauberger,[1]
* Schauberger CD Rom

[edit ] External links and references

* Pythagoras Kepler System , started by Walter Schauberger and currently run by Jorg Schauberger.
* Implosion Magazine, Verein fur Implosionsforschung und Anwendung e.V.
* Ovesen, Morten, "Life and work ". Malmo group.
* "Who was Viktor Schauberger ?". Frank.Germano .com.
* "Viktor Schauberger ". (30.6.1885 - 25.9.1958)
* "Viktor Schauberger, The Water-wizard from Austria. ".
* "Viktor Schauberger ". Fusion Anomaly.net .
* Naudin, J. , "The Schauberger's Flying Saucer ".
* "Qualitatives Torkado-Modell (Hypothesen und Studien zu freien 3D-Schwingungen)". (German)
* "Energy Technology ".
* "Viktor Schauberger The Water-wizard from Austria". -- "Viktor Schauberger ".
* "Modern Energy Research Library ".
* Centre for Implosion Research, UK

1. ^ Nick Cook , The Hunt for Zero Point - Inside the Classified World of Antigravity Technology (2001) ISBN 0-7679-0628-4 / ISBN 0-7679-0627-6

[edit ] Mailinglists

* viktorschaubergergroup ― The Viktor Schauberger Research Group : An Email forum on Viktor Schauberger. (ed: Discussion on all aspects of Viktor Schauberger's amazing inventions and life history. An attempt will be made to duplicate and build some of his inventions, and to implement his environmental technologies into mainstream use.)
* Viktor Schauberger ― This is a group mainly dedicated to Viktor Schauberger and his discoveries. But any discussions are welcome.
* "Viktor Schauberger : Austrian Patents (Water Control by Vortex Action)". Rex Research .
* A Schauberger machine "Klimator" in creation The Klimator

[2] Video explaining Viktors work
Retrieved from "http://en.wikipedia.org/wiki/Viktor_Schauberger "
Categories : 1885 births | 1958 deaths | Early spaceflight scientists
http://en.wikipedia.org/wiki/Viktor_Schauberger

Viktor Schauberger
aus Wikipedia, der freien Enzyklopadie

http://de.wikipedia.org/wiki/Viktor_Schauberger
 
 
 
 
天國の舟
古代テクノロジーの再興−1997.05.04

 
 
 機械的形式を使い、Victor Schaubergerは、急激な囘轉するリムが、浮揚と推力の兩方を發生するプラズマ状態を達成した渦を作り出すだらう事を發見した。
 
 
 
 
UFOと防災
爆縮エンジン--ビクトル・シャウベルガー
Viktor Schauberger(1885 6/30?1958 9/25)覺え書き

 
 
オーストリア人科學者ビクトル・シヤウベルガー(1885 6/30?1958 9/25)による、
インプロージヨン(爆縮)・ソーサー説である。

彼は溪流のせせらぎや、其處に棲息する川魚など、自らの自然觀察に基づき、當時としては劃期的な「内破理論」を考案。 「自然に抗ふこと無く」をモツトー とする彼は、從來の燃燒・爆發技術體系を頽廢的として批判したうへで、獨自の内破理論を應用した「トラウト・タービン」(吸引タービン)と呼ばれる、超效率の發動機を開發した。

其れは、野生動物のツノや、卷き貝等を參考にして作つた雙極螺旋形状のパイプに水を通し、其の求心的な渦卷き流から生じる負性抵抗(負壓)を利用して作動する、「自己推進裝置」であつたとされる。 其の爲、始動時を除いて、全く燃料を必要としなかつた。

第二次大戰中は、ナチス占領下のオーストリアやチエコに於いて、反重力やフリーエネルギー分野の研究に從事し、内破理論や「コアンダ效果」を取り入れた、2種の反重力圓盤「リパルシン」(リパルセーター)を開發。

數囘に渡つて、動力の發生および浮上に成功するも、無限増殖するエネルギーを上手く制禦出來ず、實驗の都度、大破する事を繰り返し、解決策の見い出せぬまま敗戰にゐたる。

研究に關する記録や資料の大半は、米・ソ軍により押收され、シヤウベルガー自身もまた亞米利加に渡り、晩年まで其れらの研究開發に從事させられた。

一説によれば、彼が考案した反重力航空機は、未成に終はつた物を含めると計5種類にも及ぶとされ、外觀、構造的な類似等からもベルーゾ型圓盤は其の内の一つであり、有人版リパルシンなどと目されてゐる。
なほ、シヤウベルガーの研究は反重力以外にも、農業など他分野に渡り、其れらを社會に應用すれば、今日、人類が直面しつつある環境問題などは、たちどころに解決すると云はれてゐる。
 
 

 
 
 
 
うろー - SDRM : 靈主體從卯 宇宙眞相 b示の宇宙其の三
 
 
2005年4月24日(日曜日)
靈主體從卯 宇宙眞相 b示の宇宙其の三
カテゴリー: 04 - 狹依彦 @ 00時00分00秒

靈界物語で火と水の關係で不思議な話がある、此の章で「火も水がなければ燃えない」とか何とか書かれてゐる。

デーヴイツド・アイクのヘツドラインで紹介されてゐる記事で下記の本が引用されてゐた。

Living Energies by Callum Coats 著者 Viktor Schauberger

太陽のエネルギーは動的である。然し、地球の大氣によつて熱と光に變換される。詰り、大氣にふくまれる水自體が熱と光を含んでゐると言へる。チヤーチワードの「失はれた大陸ムー」を引用して、「光は大氣中に含まれてゐた。太陽の光線は大氣中の光線と出會ひ、光を生む。此のやうにして、地球を包む光が存在する。熱も大氣中に含まれる。そして、太陽光線が大氣中の熱と出會ひ、生命を生み出す。此のやうにして、地球の表面をつつむ熱が存在する。」

詰り、太陽が放射するエネルギーだけでは地球の惠みと成る光と熱にはならない。水を含んだ大氣と、太陽のエネルギーが出會つてこそ、光と熱が發生すると云ふのだ。

また、チャーチワードとムーは三鏡で觸れられてゐる。
 
 
第四八章 b示の宇宙 其の三〔一九八〕
 王仁は前席に於て、太陽は暗體であつて、其の實質は少しも光輝を有せぬと言ひ、また地球は光體であると言つた事に就き、早速疑問が續出しましたから、念のために茲に改めて火と水との關係を解説しておきます。されど元來の無學者で、草深き山奧の生活を續け、且つb界よりの嚴命で、明治以後の新學問を研究する事を禁じられ、恰も里の仙人の境遇に二十四年間を費したものでありますから、今日の學界の研究が何の點まで進ンで居るかと云ふ事は、私には全然見當が附かない。日進月歩の世の中に於いて、二十四年間讀書界と絶縁して居たものの口から吐き出すのですから、時世に遲れるのは誰が考へても至當の事であります。昔話にある、浦島子が龍宮から歸つて來た時の樣に世の中の學界の進歩は急速であつて、私が今日新なる天文、地文、其の他の學問を見ましたならば、嘸驚異の念にからるるで在らうと思ひます。併し私としては今日の科學の圈外に立ち、b示のままの實驗的物語をする迄です。
 『b乍ら虚空の外に身ををきて日に夜に月ぬものがたりする』現代文明の空氣に觸れた學者の耳には到底這入らないのみならず、一種の誇大妄想狂と見らるるかも知れませぬ、然れど『bは賢きもの、強きものにあらはさずして、愚なるもの、弱きものに誠をあらはし玉ふ』と言へる聖キリストの言を信じ、愚弱なる私に眞のbは、宇宙の眞理を開示されたのでは無からうかとも思はれるのであります。
 凡て水は白いものであつて、光の元素である。水の中心には、一つのゝがあつて、水を自由に流動させる。若し此のゝが水の中心から脱出した時は固く凝つて氷と成り、少しも流動せない。故に水からゝの脱出したのを、氷と云ひ、又は、氷と云ふ。火もまた其の中心に水なき時は、火は燃え、且つ光る事は出來ぬ。要するに水を動かすものは火であり、火を動かすものは水である。故に、一片の水氣も含まぬ物體は、どうしても燃えない。
 太陽も其の中心に、水球より水を適度に注入して、天空に燃えて光を放射し、大地はまた、氷山や水の自然の光を地中の火球より調節して、其の自體の光を適度に發射して居る。
 次に諸星の運行に、大變な遲速のある樣に地上から見えるのは、地上より見て星の位置に、遠近、高低の差あるより、一方には急速に運行する如く見え、一方には遲く運行する樣に見えるのである。が、概して大地に近く、低き星は速く見え、遠く高き星は其の運行が遲い樣に見える。
 例へば、汽車の進行中、車窓を開いて遠近の山を眺めると、近い處にある山は、急速度に汽車と反對の方嚮に走る如く見え、遠方にある山は、依然として動かない樣に見え又其の反對の方嚮に走つても、極めて遲く見ゆると同一の理である。
 前述の如く、太陰(月)は、太陽と大地の中間に、一定の軌道を採つて公行し、三角星、三ツ星、スバル星、北斗星の牽引力に由つて、中空に其の位置を保つて公行して居る。月と是等の星の間には、月を中心として、恰も交感b經系統の如うに、一種の微妙なる靈線を以て、維持されてある。
 太陽と、大空の諸星との關係も亦同樣に太陽を中心として、交感b經系統の如うに一種微妙の靈線を以て保維され、動、靜、解、凝、引、弛、合、分の八大b力の、適度の調節に由つて、同位置に安定し乍ら、小自動傾斜と、大自動傾斜を永遠に續けて、太陽自體の呼吸作用を營ンで居る。
 大地も亦其の中心の地球をして、諸汐球との聯絡を保ち、火水の調節によつて呼吸作用を營み居る事は、太陽と同樣である。地球を中心として、地中の諸汐球は、交感b經系統の如く微妙なる靈線を通じて、地球の安定を保維して居る。
 また地球面を大地の北極と云ふ意味は、キタとは、前述の如く、火水垂ると云ふことであつて、第六圖の如く、(插圖參照)太陽の水火と、大地の中心の水火と、大地上の四方の氷山の水火と、太陰の水火の垂下したる中心の意味である。
 人間が地球の陸地に出生して活動するのを、水火定と云ふ。故に地球は生物の安住所にして、活動經綸場である。また水火即ち靈體分離して所謂死亡するのを、身枯留、水枯定と云ふのは、火水の調節の破れた時の意であります。されど靈魂上より見る時は生なく、死なく、老幼の區別なく、萬劫末代生通しであつて、靈魂即ち吾人の本守護bから見れば、單に其の容器を代へるまでであります。
(大正一〇・一二・二七 舊一一・二九 加藤明子録)
 
 
 
 
「裏ヘブライの館」 地下資料室(地下2F)
ナチスの狂氣 「ナチス製圓盤」の謎
■■■第3章:ナチスの「UFO」に關する樣々な情報
■■其の3:元ナチスの科學者アンドレア・エツプの證言

 
 
かつて獨逸で圓盤開發に從事してゐたと云ふ元ナチスの科學者が今も生きてゐる。アンドレア・エップである。彼は初期タイプの圓盤を開發し、自ら其のプロトタイプの設計にも携はつてゐたと云ふ。

以下は1994年頃に行なはれたインタビユー記事からの拔粹である。


◆ ◆ ◆


■Q: 「あなたが、圓盤の開發に關はつたときのことを、話して欲しい。」

■A: 「私は、當時空軍大學を卒業して、士官學校の教官をしてゐた。あれは……1936年だつたと思ふ。獨逸で大きなオリンピツクが開催された。其のとき、ハンナ・ライチユと云ふ女性パイロツトが、ベルリンで初めてヘリコプターを操縱して、デモンストレーシヨンした。其れを見てゐて、ヘリコプターのローターが廻轉するとき、若し其れがどこかに當たつたら、ヘリコプターはすぐに墜落してしまふ、と感じた。」

■Q: 「ヘリコプター?」

■A: 「ええ。其れで、ヘリコプターの廻轉翼を圓盤の中に入れてしまふ、と云ふアイデアを私は思ひついた。詰り、大きな圓盤型の機體の中に度くさんの小さなプロペラを裝備して、此れをコントロールする事で、上昇と水平飛行を行なへるやうに、設計したのである。當時、ヒトラー總統の指令のもとに、ゲーリング空軍相が責任者と成つて、新兵器の開發が急がれてゐた。私の此の圓盤型飛行機も、其のプロジエクトに採用されたのである。」

■Q: 「其れは、どのやうな推進力で飛ぶのか?」

■A: 「當初は、8基のガソリンエンジンだつた。一つづつが2.4馬力あつて、圓盤の大きさや、積載重量に応じて、此のエンジンの數は、變はつてくる。私は、とり敢へず其の模型をつくつたのだが、直徑2.2mのものであつた。」

■Q: 「此れは、實際に飛んだのか?」

■A: 「ええ、實際に飛ばしてみた。獨逸のV1、V2ロケットをつくつてゐたぺーネミユンデの工場跡地と、オーストリアのプラハにあるベル飛行場と云ふところで實驗した。製作したのはスコーダーと云ふ工場で、BMWをはじめとする、いくつかの會社が協力してつくつた。」

■Q: 「其れは實用化されるところまで、云つたのか?」

■A: 「ええ、實用化とまではいかなかつたが、私の後繼者たちがつくつた直徑42mの圓盤は、グリーンランドまでテスト飛行をした。」

■Q: 「42m……と云ふと、相當な大きさだが、どのくらゐのスピードで飛んだのか?」

■A: 「私の計算では、時速2000キロだつた。」

■Q: 「どうして、其のやうな高速が得られたのか?」

■A: 「其のころにはもう、ジエツト噴射方式が採用されてゐたからである。此の方式だと、機體の前方から、強力に空氣を吸ひこむので、機體の周圍が眞空状態に成るため、前へ前へとスピードアップする事が出來るのである。當時、通常の飛行機の前面に穴を開け、空氣を吸ひこむやうにした、ごく原始的な方法で行なつた實驗があつたが、其れでも速度は1.5倍に成つたと云ふ報告があつた。」

■Q: 「すると、シユリーバー・ハーバーモール型とか、ベルーゾ・ミーテ型と云つた圓盤と同じもののやうに感じるが。」

■A: 「いやまさに、其れ其の物である。私の初期のアイデアを利用して、彼らが次々に新型機を開發していつたはけである。が、私はプロジエクトから外されてしまつた……」

■Q: 「えつ、其れは何故か?」

■A: 「じつは、私は、自分が開發した此の圓盤型飛行機が、戰爭に利用されさうに成つた事に、反對したからである。私は、獨逸空軍の士官ではあつたが、戰爭には反對してゐた。そしてあるとき、軍の上司から、お前の同僚で戰爭に反對してゐる者の名前を書けと云はれたのである。私は、自分の仲間の名前を、迚も書くことが出來なかつた。其處で、若氣のいたりだらうか、自殺を圖つたのである。自分でピストルを構へて、自分の心臟を撃つたのだが、彈は心臟の心室と心室のあひだを貫通してしまつた。若し此れが、心室の中に入つてゐれば、私は死んでゐたはずである。」

■Q: 「……其の後、どうなつたのか?」

■A: 「其のあと、軍から5年間の刑務所行きを、いい渡された。ヒトラーの言では、自殺行爲を圖つたと云ふことは、軍に叛抗したと云ふ罪に成り、本來は死刑に成るところだつたのである。此のことがあつたせゐで、私が初めに考へ、設計した圓盤の設計圖やアイデアは、取りあげられてしまつた。其の後、私のアイデアは、シユリーバーやハーバーモール、ベルーゾ、ミーテと云つた科學者たちに受け繼がれて、發展したのである。」

■Q: 「なるほど……。ところで先に、グリーンランドヘ直徑42mの圓盤がテストフライトした、と言つたが、其の圓盤はどうなつたのか?」

■A: 「其れは當初、パイロツトによつてグリーンランドへ飛行し、歸りには、無人のリモートコントロールで飛行してくると云ふ計劃だつた。ところが殘念なことに、エンジンにトラブルがあり、不時着して、壞れてしまつたのである。戰後、亞米利加のペンタゴン(國防總省)が發表したところによると、グリーンランドで、此の大きな圓盤の殘骸を見つけた、と云ふことだ。米軍は此れをモデルに、圓盤の開發をひそかにはじめた、と聞いてゐる。」

■Q: 「あなたは、戰後、米軍に聯れていかれなかつたのか?」

■A: 「私は其のころ、伊太利に送られてゐた。そして、伊太利が解放されたあと、オートバイでオーストリアを經由して、獨逸に歸つてきた。そして、ルクセンブルクの近くで、亞米利加兵に捕まつてしまつた。其のあと實際に拘置所に入れられたのは7日間だけで、其れから呼びだされて、ミユンヘンの北のはうにある、フライジングと云ふ町の“インテリジエンスセンター”に送られた。此のインテリジエンスセンターと云ふのは、亞米利加人の中でも、頭の好い聯中許りが集められるところだつた。私は其處ではゲスト扱ひで、大變いい待遇を受けた。」

■Q: 「亞米利加人から訊問を受けなかつたのか?」

■A: 「勿論、其處ではいろいろな訊問を受けた。然し、私は、自分の經歴や、してきた仕事に就いては、ひととほり話はしたが、圓盤のことに就いては、一切觸れないやうにした。戰爭に反對したために、收容所送りに成つた人間とは云へ、私は矢張り獨逸人であり、獨逸國家の軍人だつたはけである。其の私が、自分の祖國を裏切るやうなことを出來るわけがない。戰爭に敗れたとは云へ、私は自分の魂まで賣る積りはなかつたのである。」

■Q: 「圓盤に携はつた科學者たちは、終戰後、どこへ行つてしまつたのか?」

■A: 「ハーバーモールは、眞つ先に、ベルリンに進駐してきたソビエト軍によつて、家族もろとも聯れ去られた。其の後、風の便りで聞くところによると、露西亞で其の後も圓盤の開發に從事させられた、と云ふことである。が、其れが成功するにゐたつたかどうかは、わからない。シユリーバーは、一時カナダへ聯れていかれ、其處で研究開發を續けてゐたやうだが、最後は獨逸に歸つてきて、ブレーマーハーフエンと云ふところで、5年前に亡くなつた。」 

■Q: 「ビクター・シヨーバーガーと云ふ科學者は、どうなつたのか?」

■A: 「彼は、『インプロージヨン・エンジン』と云ふ、爆縮型エンジンを開發した事で知られてゐる。シヨーバーガーは、亞米利加に聯れていかれ、其の後『インプロージヨン・エンジン』を公開したとたん、シカゴで何者かに殺されてしまつた、と云ふ話だ。」

■Q: 「殺された?……シヨーバーガーが開發した『インプロージヨン・エンジン』と云ふのは、いつ度いどう云ふものだつたのか?」

■A: 「詳しい事は私にもわからないが、熱を利用する“熱エンジン”とでも云ふべきもので、エンジン内で燃料ガスを爆發させるのではなく、熱の高低差を利用して、空中にある空氣と水を吸ひこんでいく、と云ふものだつたやうである。だが、私には其れ以上のことはわからない……」

■Q: 「此の圓盤開發に、日本人の科學者も關はつてゐた、と言はれてゐるが、其のへんのことに就いて何か知つてゐるか?」

■A: 「さう云ふ噂も聞いた事があるが、私は、收容所に入れられて以來、此の圓盤開發のプロジエクトから外されてゐたので、其のへんのことはよくわからない。日本と云へば……、あの當時、日本が眞珠灣攻撃をしかけたと云ふニユースを聞いて、私はもうだめだ、と思つた記憶がある。」

■Q: 「えつ、何故眞珠灣攻撃が……?」

■A: 「あの頃、私たち獨逸軍士官の間では、亞米利加が此の戰爭に乘り出さなければ、我々は勝てると云ふ自信があつた。ところが、日本が眞珠灣に奇襲をかけたと成ると、當然、亞米利加が參戰してくる。私たち空軍士官の仲間たちは、此れで全ては終はつた、と顏を見合はせたものである。」

〈後略〉
 
 
 
 
Nazi UFOs confirmed by the History Channel


 
 
 
 
СТРАНИЧКА ЕВГЕНИЯ АрСЕнтьЕВА
Schauberger

Welcome to Ultralight America Flight Training and Manufacturing
edav

Emancipate : Viktor Schauberger

FLOWFORMS
 
 
 
 


 
 
 
 
 
 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      HOME > Ψ空耳の丘Ψ56掲示板

フォローアップ:

このページに返信するときは、このボタンを押してください。投稿フォームが開きます。

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
投稿コメント全ログ  コメント即時配信  スレ建て依頼  削除コメント確認方法
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。