★阿修羅♪ > Ψ空耳の丘Ψ56 > 573.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
私の見解 「地球外テクノロジーに拘り隠蔽・民生化に遅れた米は、米ソ冷戦時代のソ連そのものかも 
http://www.asyura2.com/09/bd56/msg/573.html
投稿者 怪傑 日時 2009 年 7 月 23 日 21:29:53: QV2XFHL13RGcs
 

(回答先: ディスクロージャー・プログラムの全貌公開   ----政冶・歴史板にも同時投稿済みです    投稿者 怪傑 日時 2009 年 7 月 21 日 08:41:47)

3.8.4 政府部内者/NASA/深部の事情通

序文
(グリア博士による口頭説明より)
この節であなたは,地球外起源の物体が着陸し,墜落し,または撃墜され,そして回収された事件に関わった人々の話を聞くことになるだろう.これは当然ながら爆弾証言である.それはこの現象の現実性と,我々がこの現象を多年にわたり研究してきたことを立証する.多くの人々は,これがいわゆる1940年代の“ロズウェル事件”だけのことだと思うかもしれない.これは事実とまったくかけ離れている.実際には多くの,少なくとも数十の事件が発生しており,その中で地球外起源の物体が撃墜され,取得され,研究されてきたのである.

これはきわめて重要なことだと我々は考えている.なぜなら,秘密計画− 数十年にわたり数千億ドルもの資金を地球外技術の,いわゆる“逆行分析”または“分解工学”(“reverse engineering”or“back engineering”)の研究開発に費やした− が飛躍的な発明をしていないなどとは考えられないからである.証言は我々が実際にそれを成し遂げていることを示すだろう.我々は大発見をし,それが電子技術,物質,そして科学と

いう形で少しずつ社会に漏れ出してきた.だが量子真空物理学− いわゆる“ゼロポイント・エネルギー”現象や反重力,電気重力推進など− を扱う中心的な大躍進は,我々の社会に公表されないできた.加えて,地球外技術と地球外知性体を研究する諸計画は,現在も進行しているプロジェクトなのだ.

このことは世界と科学界にとりきわめて重大であるが,それよりもっと重大なのは,我々の当局者たちがこの主題について適切に説明されてこなかったということである.  

  拍手はせず、拍手一覧を見る

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      HOME > Ψ空耳の丘Ψ56掲示板

フォローアップ:

このページに返信するときは、このボタンを押してください。投稿フォームが開きます。

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
投稿コメント全ログ  コメント即時配信  スレ建て依頼  削除コメント確認方法
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。