★阿修羅♪ > Ψ空耳の丘Ψ57 > 398.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
稗田九朗 伊勢外宮に寄進された稗田御厨は貞応2年(1223年) 朝廷や鎌倉幕府を巻き込んでの政争の地となった
http://www.asyura2.com/09/bd57/msg/398.html
投稿者 愚民党 日時 2009 年 10 月 02 日 18:45:55: ogcGl0q1DMbpk
 



那須資隆の九男稗田九郎朝隆により、その居城として文治3年(1187年)に築かれる。稗田朝隆が稗田村の領主になったのは9月なので、この頃に城は完成し、城の西200mのところに朝隆が城と共に創建した温泉(ゆぜん)神社の例祭が、昔は旧9月19日に行われていたことから、9月19日に正式に入城したとも考えられているが定かではない。西に流れる江川と湿地帯を天然の要害とした平城で、城の北約2kmのところに兄である沢村満隆が築いた沢村城とともに那須氏の当地の支配の拠点として築かれた城であった。

稗田御厨

承久2年(1220年)12月、藤原朝高により、稗田村が権禰宜度会常生に寄進され、貞応元年(1222年)6月、常生は伊勢外宮の御厨(みくりや)としてこれを寄進した。この藤原朝高とは、藤原氏である那須氏を出身とする稗田朝隆とされ、稗田城は、御厨支配の拠点となったと考えられている。しかし、これに対して、下野国衙在庁から異議が出され、貞応2年(1223年)に鎌倉幕府に訴え出たことから、朝廷や幕府を巻き込んでの政争の地となる。寛元元年(1243年)12月16日には、幕府が御厨支配を認めたことで、政治的決着が図られているが、その後も、御厨支配に対する国衙の妨害があり紛争は続き、乾元2年(1303年)3月6日(乾元2年は、8月5日に嘉元元年に改元)の文書を最後に御厨として登場する資料が無いことから、早くて鎌倉末期、遅くても南北朝期には、御厨としての機能が完全に失われたと考えられている。


http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%A8%97%E7%94%B0%E5%9F%8E#.E7.A8.97.E7.94.B0.E5.BE.A1.E5.8E.A8




 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      HOME > Ψ空耳の丘Ψ57掲示板

フォローアップ:

このページに返信するときは、このボタンを押してください。投稿フォームが開きます。

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
投稿コメント全ログ  コメント即時配信  スレ建て依頼  削除コメント確認方法
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。