★阿修羅♪ > 文化2 > 151.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
神々の道:民間信仰厚い三島町早戸地区 石仏や祠結ぶ散策路で地域再生 /福島
http://www.asyura2.com/09/bun2/msg/151.html
投稿者 めっちゃホリディ 日時 2009 年 5 月 29 日 08:24:54: ButNssLaEkEzg
 

5月28日16時1分配信 毎日新聞

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090528-00000224-mailo-l07

 民間信仰の厚い三島町早戸で、地域住民が土地に残る石仏29体や祠(ほこら)を結ぶ「神々の道」の調査と散策路整備に乗り出す。過疎化と高齢化が激しい限界集落の地域再生計画。土地の宝を後世に伝えるとともに、観光客の増加にも期待している。

【太田穣】

 ◇3年計画で調査整備へ

 早戸は金山町との境の只見川沿いにあり、18戸に42人が暮らす。高齢化率は町内一の61・9%に達する。

 地域内の旧沼田街道沿いの居平集落を中心に、半径2キロには、地蔵や観音の石仏、稲荷や天神、水神、天満宮の祠が祭られ、従来から神々の道と呼ばれる道が通じている。

 各戸は代々、決まった祠の守り人を引き継ぎ、6月には山林の下刈りや道の修繕をしている。しかし、住民の離村や途絶で世帯が減り、維持管理がままならなくなってきた。そこで、県の「地域づくり総合支援」の補助を受け、開湯1200年と伝わる名湯「つるの湯」の周辺整備と合わせて再生計画をまとめた。

 今年度は、つるの湯上流の只見川河畔で、住民でつくる温泉企業組合が整備した遊歩道を300メートル延長する。対岸の金山町雨沼地区が計画する渡し船の船着き場も整備する。

 来年度は神々の道の整備に入り、只見川を見下ろす高台には新たな散策路も設ける予定。石仏や祠の縁起や伝承、写真や場所などを記した本と地図も作製する。住民全員はガイド役を引き受けられるよう知識習得を目指す。

 3年計画で1880万円の費用を見込んでいる。組合理事長の目黒卓男さん(72)は「このままでは、神々が草木に埋もれてしまうかもしれない。地域の歴史を伝えるため、自分たちができることをしておきたい」と話している。

5月28日朝刊  

  拍手はせず、拍手一覧を見る

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      HOME > 文化2掲示板

フォローアップ:

このページに返信するときは、このボタンを押してください。投稿フォームが開きます。

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
投稿コメント全ログ  コメント即時配信  スレ建て依頼  削除コメント確認方法
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。