★阿修羅♪ > 豚インフル01 > 260.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
【新型インフル】対応に追われる南アジア各国【産経】
http://www.asyura2.com/09/buta01/msg/260.html
投稿者 ワヤクチャ 日時 2009 年 4 月 30 日 22:00:22: YdRawkln5F9XQ
 

【新型インフル】対応に追われる南アジア各国【産経】
http://sankei.jp.msn.com/world/asia/090430/asi0904302012004-n1.htm
2009.4.30 20:09

 【シンガポール=宮野弘之】南アジアと大洋州地域では、ニュージーランドで新型インフルエンザ感染者が確認され、検査を受けている人も数百人に上るため、各国が空港や港での検疫を強化し、タミフルなど抗ウイルス剤をいつでも使用できるよう、準備を急いでいる。また、各国の連携を密にするため、東南アジア諸国連合(ASEAN)の首脳会議の早期開催を検討している。

 同地域は人の移動が活発なため、域内の各国は「入国の際、少しでも疑いのある人はそのまま隔離する」(リー・クワン・ユー・シンガポール顧問相)という強い姿勢で、水際での防疫に全力を注いでいる。

 各国は鳥インフルエンザの大流行に備え、タミフルなどの備蓄を進めてきた。ロイター通信によると、ニュージーランドでは、人口の25〜30%分を確保。また、隣のオーストラリアはタミフルとリレンザを合わせて国民の41%をカバーできる分量を備蓄する。

 これに対し、ASEAN各国は一部を除けば、備蓄は不十分だ。タイは6500万人の人口に対し、タミフルの備蓄はわずか32万セット。マレーシアも人口約2700万人に対し200万人分だけ。ベトナムはホーチミン市に100万人分が備蓄されているという。

 フィリピンや、鳥インフルエンザでの死者が続くインドネシアの備蓄は人口の1%分にも満たない。

 一方、インドは約15万人分のタミフルがあり、政府は10日以内に2倍に増やすとしている。
 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      HOME > 豚インフル01掲示板

フォローアップ:

このページに返信するときは、このボタンを押してください。投稿フォームが開きます。

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。