★阿修羅♪ > 豚インフル01 > 717.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
インフルエンザ・ウイルスを撃退する “お茶の効能” by 飯山一郎
http://www.asyura2.com/09/buta01/msg/717.html
投稿者 スパイラルドラゴン 日時 2009 年 5 月 21 日 07:22:04: 0zaYIWuUC0gac
 

http://blogs.dion.ne.jp/spiraldragon/archives/8396902.html#more より全文転載。

 「らくちんランプ」の管理人スパイラルドラゴンです。今日は、2009年5月21日です。

 東京・川崎の2生徒、空港の検査では陰性 新型インフル 2009年5月21日1時30分(by asahi.com)http://www.asahi.com/special/09015/TKY200905200393.html

 上記の報道のように、昨日新型豚インフルエンザ感染者であることが確認された東京都八王子市と神奈川県川崎市在住の女子高生が、空港での検査をスルーして帰宅していたという報道を受けて、今日以降関東地域の全ての企業では、一斉にインフルエンザ対策を強化すると思いますが、インフルエンザウィルスの生存率を調べたある調査によると、室温22℃、湿度20%の環境で、6時間後のインフルエンザウイルスの生存率は66%ですが、湿度のみ50%に高めると生存率は4%になるということなので、天気予報が今日以降終末にかけての湿度50%越えを示している関東地域http://weather.yahoo.co.jp/weather/jp/13/4410/13112.html で感染が拡大することは無いと思います。
参照:風邪・インフルエンザの流行状況(島田市立北中学校)
http://www.shimada.ed.jp/kita-jh/modules/wordpress/index.php?p=640

 また、ネット上にはお茶を用いたインフルエンザ対策が多く掲載されていますが、その効能について袋井市議会議員山本たかしのブログでも紹介されています。参照:豚インフルエンザ対策に緑茶?!http://yamamoto0216.hamazo.tv/e1776733.html

 また、T-Natural店長のティーロード珍道中http://ameblo.jp/t-natural/entry-10196699834.html には、お茶うがい液の作り方が掲載されていましたので転載しておきます。

(以下転載)

<お茶うがい液の作り方>
 用意するもの
 @お茶は「日本茶(緑茶)」など
(飲んでいただいた後のお茶の葉で構いません。)
 A90℃以上の熱湯
⇒カテキンは80℃以上で水分中に多く溶け出します。

 作り方 
 @茶葉に熱湯を注ぎます。
 A20分程抽出します。
⇒カテキンは90℃のお湯、20分で抽出がピークを迎えます。
 Bそのまま、冷まして「うがい液」として使うかもしくは水で薄めてご使用下さい。

(転載終わり)

 さて、先日アップしたブログ記事http://blogs.dion.ne.jp/spiraldragon/archives/8332806.htmlで紹介した、6年前のSARS騒動を中国現地で経験され、SARSの感染拡大防止にも尽力された飯山一郎氏のHPにも、お茶によるインフルエンザ・ウイルス撃退効果を科学的に説明する記述がアップされていましたので、以下その全文を転載します。

(以下転載 文字の装飾・改行はブログ管理人)

◆2009/05/17(日) インフルエンザ・ウイルスを完全に撃退する方法!
http://www.geocities.jp/o1180/index.html#ws0517

 日本のテレビ局は,滑稽なほど “騒ぎ屋” だ.
 はっきり言って…,
 日本は,まだまだ 「インフルエンザ・パンデミック」 という状態ではない!
 しかし,テレビ局は 「インフルエンザ・パニック」 の噴霧機だ.
 おっと,雰囲気だ. だが…,
 タミフルの効能を,ちらちら “宣伝” しているところをみると…,
 ははぁ,これって タミフル増販キャンペーンかぁ! とも思ってしまう.
 しかも,不安をあおって,妊娠した女性にまでタミフルを “推奨” している.
 これから,大勢の妊婦たちが,タミフルを飲まされるんだなぁ…,
 緑茶生姜湯でも飲んで身体を温めて安静にしてれば自然治癒するものを…,
 テレビ局の “宣伝” をまともに信じて,保健所や病院に駆けつけて,ゴックン.
 いやはや,日本の妊婦さんは,なんともかんとも可哀相だ.

 きょうは,効くか効かないか? あやふやなタミフルなんぞ足元にもおよばない…,インフルエンザ・ウイルスをバッチリと撃退する “お茶の効能” を科学的に説明したい.

 なぜ? どういうふうに? お茶はインフルエンザ・ウイルスを撃退するのか?
 結論を先に述べたい.
 「ウイルス粒子は,茶ポリフェノールと接触すると瞬間的にウイルスのスパイクがポリフェノールに覆われて感染性を失ってしまう!」 ということだ.
 このことは多くの科学者たちが実験によって証明してきた.論文も数百以上ある.

 どんな実験をしたのか? まず,マウスを使った実験.
 病原性の高いマウス・インフルエンザ・ウイルス溶液を,マウス鼻腔より吸入させる.
 すると,マウス群は1週間前後で100%死亡した.
 このとき,茶葉抽出液を添加したウイルス溶液を吸入させたマウス群は,体重増加率,摂食量なども正常群と変わらず,ウイルスによる影響を全く受けないことが確かめられた.
 これはウイルスが茶ポリフェノールとの接触により感染性を失い,発病が阻止されたことを示すとともに,茶ポリフェノールと反応したウイルス粒子が体内に取り込まれた後に感染性を取り戻すことがないということも示している.

 どうだろうか? 茶ポリフェノール(カテキン)の効果は.絶大といっていい.
 おなじような動物実験は,大規模豚舎でも行われ,同様の結果が出ている.

 じつは,動物実験だけでなく,“人体実験”,“生体実験” も行われてきた.
 ヒトの実験としては,某職域集団を実験群と対照群とに分け,実験群にはお茶によるうがいを日々行わせたところ,インフルエンザ感染者が対照群に比べて有意に減ったことが認められた,と.
 ようするに,茶ポリフェノール類には,インフルエンザウイルスの抗原型にかかわらずその感染を阻止し,かつ自然界におけるインフルエンザの流行を予防する効能があるということだ.

 現実は,茶葉の活用は,“実験レベル” の話ではなく “実用の段階” になっている.
 たとえば,数年以上も前から,静岡県の小中学校では,蛇口をひねると茶水が出る装置を校内各所に設置して,生徒たちにうがいを励行させてきたという.
 結果は,周辺の学校では “学級閉鎖” で大騒ぎなのに,茶でうがいをしていた学校は,発症者ゼロ! だったという.

 以上のような “お茶の効能” は,衆知の事実である.
 なのに,テレビ局は一顧だにせず,インフルエンザ・パニックを演出し…,
 あげくは,“タミフルの宣伝” まで行っている.
 まったくもって,日本のテレビ局は悪質である.
 東京地検特捜部の “国策捜査” に全面協力して悪質な “選挙妨害” に手を染め,今回は,“タミフルの宣伝” を,ニュースという形式で行う悪辣さだ.

 あ,言っとくけど…,
 いまバラまかれているインフルエンザ・ウイルスは,マスクなんかしても駄目だぜ!
 目の粘膜に付着して,そこで増殖をはじめるからだ.


 ◆2009/05/20(水)危機管理の第一歩!
http://www.geocities.jp/o1180/index.html#ws0520

 今回の “インフルエンザ騒動” には,宿題が多い. 企業,家庭,個人,だれもが…,
 「効果的な危機管理ができるかどうか?」
 その危機管理能力が問われている.
 今回の問題の根底には “命の問題” があるので,能力向上のためにはウイルスに関するリテラシー (素養) が必要になってくる.

 そこで先ず,左の図を見て欲しい.
 インフルエンザ・ウイルスのモデル図だ.
 ウイルスの表面には二種類の “毛” が生えている. ↓名前もある↓.
1.ヘマグルチニン蛋白質 (H蛋白質)
2.ノイラミニダーゼ蛋白質 (N蛋白質)

 H蛋白質は,細胞に侵入できるかどうか?を判断する.OKなら侵入を開始する.
 N蛋白質は,細胞内で増殖したあと,細胞膜に穴をあけて細胞の外に出てゆくために働く.
 このN蛋白質を,タミフルは “選択的に阻害”するという.(『添付文書情報』http://www.geocities.jp/o1180/html/tamiflu/tami.htm

 するとどうなるか?
 まず,タミフルはウイルスの細胞内への侵入は防げない! ということ.
 それで,細胞内に侵入したウイルスは,増殖するが,細胞外に出られない!
 だから…,
 タミフルを飲んだヒトの体内には,インフルエンザ・ウイルスを内部に溜めこんだ細胞 (異質細胞) がどんどん増加していく.
 この “異質細胞” のなかで,インフルエンザ・ウイルスは,ヌクヌクと生き続ける….
 この “異質細胞” が癌化する可能性も高くなる.
 “異質細胞” のなかで,タミフル耐性ウイルスが生れる可能性も出てくる.
 このようにタミフルは,副作用も恐いが,もっと恐い人体破壊作用があるのだ.

 さて,タミフルが危険! だとしたら,われわれはどうしたらいいのか?
 ここでまた,上のインフルエンザ・ウイルスのモデル図を見て欲しい.
 お茶を室内などに噴霧すれば,ウイルスが不活性化することが理解できると思う.
 乳酸菌液を散布すれば,効果はさらに向上する.ウイルスは “死滅” してしまう!

 まずは環境中に侵入してきたウイルスを “消毒” することである.毒を消すことだ.
 これが,危機管理の要諦であり,第一歩である.
 ヒトの体内に侵入したウイルスを,タミフルで抑制する? …ああ,おそろしい!

(転載終わり)

スパイラルドラゴン拝
 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      HOME > 豚インフル01掲示板

フォローアップ:

このページに返信するときは、このボタンを押してください。投稿フォームが開きます。

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。