★阿修羅♪ > 豚インフル01 > 778.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
WHOが警戒表明 強毒性への変異は早い(日刊ゲンダイ)
http://www.asyura2.com/09/buta01/msg/778.html
投稿者 めっちゃホリディ 日時 2009 年 5 月 23 日 11:51:44: ButNssLaEkEzg
 

2009/5/23 10:00

http://netallica.yahoo.co.jp/news/78952

 世界で猛威を振るう新型インフルエンザの「強毒性」変異が懸念され始めた。世界保健機関(WHO)のチャン事務局長が年次総会で「強毒性の鳥インフルエンザなどと混ざり合う恐れがある」と警戒感を示したのだ。

 元東京都衛生局職員でジャーナリストの志村岳氏が言う。

「慎重姿勢のWHOが踏み込んだ発言をしていることを重要視するべきです。先端医療を誇る米疾病対策センター(CDC)でさえ封じ込めることができず、予防措置もままならない。感染力はかなり強いと考えられます。本来は夏場に弱いとされるが、米国では砂漠のような場所でも感染が拡大している。新型ウイルスはこれまでの常識が当てはまらないし、変異も早いと考えた方がいい。今後、どのような変異の経過をたどるのか、世界中の研究者が頭を抱えています」

 インフルエンザウイルスは、人間や豚などの宿主の動物が複数のウイルスに感染し、体内で遺伝子が交雑して変異する。

「米研究機関などの分析で、新型ウイルスの原型は98年に米中西部で見つかった豚インフルエンザウイルス。Aソ連型と同じH1N1型で、豚2種類と鳥、ヒトの計4種類のウイルスが混ざったタイプになったようです」(医療関係者)

 これに強毒性のウイルスが混ざったりして、全身感染するタイプに変異するのは時間の問題。日本国内の感染者は2000万〜3000万人と予想される。油断は禁物だ。

(日刊ゲンダイ2009年5月20日掲載)
2009/5/23 10:00 更新

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      HOME > 豚インフル01掲示板

フォローアップ:

このページに返信するときは、このボタンを押してください。投稿フォームが開きます。

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。