★阿修羅♪ > 豚インフル02 > 151.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
【薬剤耐性でなおかつ感染力が強い新型ウイルス】 インフル、変異で薬剤耐性:遺伝子の部位12か所が効き目を左右
http://www.asyura2.com/09/buta02/msg/151.html
投稿者 passenger 日時 2009 年 6 月 02 日 02:57:32: eZ/Nw96TErl1Y
 

【薬剤耐性でなおかつ感染力が強い新型ウイルス】インフル、変異で薬剤耐性:遺伝子の部位12か所が効き目を左右
 

▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼
http://osaka.yomiuri.co.jp/tokusyu/influenza/if90601c.htm?from=tokusyu

インフル、変異で薬剤耐性
遺伝子の部位12か所が効き目を左右

     (2009年06月01日 読売新聞)

 抗ウイルス薬のタミフルとリレンザは、ともに新型インフルエンザ(豚インフルエンザ)に有効とされる。一方で、昨冬、世界各地で大流行したAソ連型インフルエンザはタミフルが効きにくかった。薬剤が効くかどうかは、ウイルス遺伝子の変異に大きく左右される。

(萩原隆史)

------------------------------------------------------------

 ウイルスは、表面にあるたんぱく質のとげの「ヘマグルチニン(H)」を、感染しようとする細胞表面にある糖の一種「シアル酸」にくっつけて細胞内に侵入する。ところが、増殖して外に出る時には、くっつきやすさが逆に邪魔になる。この時、シアル酸を加水分解して切り離す“はさみ”になるのが、もう一つのとげ「ノイラミニダーゼ(N)」だ。

 タミフルやリレンザは、はさみに取り付いて切断を阻止し、他の細胞への感染を防ぐが、はさみの形が突然変異で変わる場合がある。これが耐性ウイルスだ。

 N遺伝子の特定の部位がたった1か所変わるだけで、はさみを開きにくくする留め具のようなものができ、タミフルが入りづらくなって効果が約300分の1に低下する。昨冬流行した耐性ウイルスがこれに当たる。

 一方、タミフルより細身のリレンザは、留め具の影響を受けずに済んだ。しかし、B型インフルエンザで耐性ウイルスが見つかるなど弱点もある。

 このような耐性を決める遺伝子の部位は計12か所見つかっており、中にはタミフルの効果を1万分の1にする変異もある。

 ただ、耐性ウイルスは流行しない、というのが研究者の常識だった。はさみの形を変えると、はさみとしての機能も落ちるからだ。実際に、臨床現場で見つかった耐性ウイルスはどれも感染力が弱かった。

 しかし、昨冬流行したAソ連型の耐性ウイルスがそんな見方を覆した。しかも、心配されたタミフルの使い過ぎによる耐性化ではなく、自然な突然変異とみられている。新潟大の斎藤玲子講師(国際感染医学)は「別の遺伝子も同時に変異し、感染力低下を補ったのだろう。予想外の変異を遂げる以上、既存の薬がいつまで持つかわからない。より効果的な新薬の開発が必要だ」と話す。

(2009年06月01日 読売新聞)
▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲
  
   

  拍手はせず、拍手一覧を見る

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      HOME > 豚インフル02掲示板

フォローアップ:

このページに返信するときは、このボタンを押してください。投稿フォームが開きます。

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。