★阿修羅♪ > 豚インフル02 > 200.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
バクスター社が生きたトリインフルエンザの入ったワクチンを世界中の18カ国に出荷したことが明らかになった
http://www.asyura2.com/09/buta02/msg/200.html
投稿者 日光仮面 日時 2009 年 6 月 24 日 14:52:17: OoLe8DavfKStc
 

http://moneycentral.msn.com/community/message/thread.asp?symbol=NVAX&threadid=1113067&boardname=Hide&header=SearchOnly&footer=Show&linktarget=_parent&pagestyle=money1

興味深い文書があったので、翻訳しました。

-----------------------------------------------------------------------------

 チェコの新聞は、強毒性トリインフルエンザウィルスで汚染されたワクチンが米国バクスター社により18カ国に配られたことに関して、もしかしたらパンダミックを起こそうとする陰謀の一部ではないかと疑問を呈している。

 実際、ワクチンメーカの実験手順に従えば、一般のワクチンの材料に生物兵器級の生きたウィルスが混ざることなど事実上あり得ないので、この主張には説得力がある。

 「オーストリアにある工場から汚染されたインフルエンザウィルス物質を世界中に送りつけた会社は、金曜日、実験用の材料が生きたH5N1トリインフルエンザウィルスで汚染されていたことを確認した」とカナダの新聞が報じた。

 H5N1−別名、人間型のトリインフルエンザ、60%の致死率を持つ地球上最も危険な生物兵器−で汚染されたバクスター製インフルエンザワクチンは、チェコ共和国、ドイツ、スロベニアの研究所に送られた。

 当初、バクスターは“商取引上の秘密”を理由に疑問の隠蔽を図り、ワクチンがどのようにH5N1で汚染されているか説明を拒んだ。解明への圧力が強まった後、純粋なH5N1物質が事故のため送られたと説明した。これは事件を歪曲して事実を隠蔽しようとする試みと見られる。なぜなら、トリインフルエンザのような危険極まりない物質による汚染が事故で起こることは事実上あり得ないことであり、唯一起り得るのは、故意の紛れもない犯罪的な怠慢行為によるものである。

 「これは単に犯罪的な怠慢だったのだろうか、それとも(米国で、エイズで汚染されたB型肝炎ワクチンの接種が行われたように)予防接種でパンダミックを引き起こし、その後にバクスターの開発したH5N1ワクチンが登場するという企てだったのだろうか?一体全体、どうしてH5N1のようなウィルスが普通のインフルエンザワクチンの中から現れるのか?連中は米国の製薬会社の極普通の注意事項についてさえ従っていないのか?」ということを示している。

 バクスターが強毒性のH5N1ウィルスにH3N2季節性インフルエンザウィルスを混ぜ合わせた事実は、犯罪行為の確かな証拠である。H5N1ウィルス自体は数百人の人間を殺したが、空気による感染性は低く、感染が広がる恐れは限定的である。しかしながら、空気感染により容易に広がる季節性インフルエンザウィルスと結びつけば、その効果は、空気感染で急速に広がる高い致死率の生物兵器となる。

 カナダの新聞の記事が説明しているように「H5N1ウィルスは簡単に人間に感染しないが、H3N2ウィルスはする。もし誰かが、ばら撒かれた両方のウィルスに同時に感染すると、彼または彼女は、人々の間に容易に広がる混合ウィルスを放出する保育器の役割を果たことに成り得る」

 これはH5N1ウィリスを効果的な方法で兵器化し、普通のインフルエンザワクチンを通じて多くの人々に感染させ、さらに彼らが空気感染を通じて桁違いに感染を拡大させる、熟慮された企てであるとの疑問もあり得る。

 カナダの新聞の記事は「reassortmentと呼ばれる混合手法は、パンデミックウィルスを作り出す2つの方法の一つである」と述べている。しかし、バクスターがそのようにしているという証拠はないが、反対にバクスターがトリインフルエンザウィルスを自身の施設で所持している明快な説明もないとも主張している。

 しかしながら、何度も云うが、この出来事の鍵となる視点は、『事故』で生きたトリインフルエンザウィルスがワクチンの中から見つかるなど事実上あり得ないことである。

 この分野の権威マイク・アダムス氏は「ショッキングが返事は、これは事故では起こりえないことであると言うことである。なぜ?バクスター インターナショナルはBSL3(Biosafety Level 3)−物質間の相互汚染を防止する研究所の安全基準−に従っているからである」

 ウィキペディア(http://en.wikipedia.org/wiki/Biosaf…)の解説によると:
 「研究室で作業するものは、病原性あるいは潜在的に重大な危険のある物質を扱う特別の訓練を受け、実験などを企画した、これらの物質の作業に経験のある科学者によって管理される。温度なども管理される。伝染性の物質の作業に関連する処理は全て、バイオセイフティキャビネット内か他の物理的に封じ込められた装置の中で、適切な防護服と防護用具を着用して行われる。研究室は特別な工学・設計上の特徴がある。」

 BSL3基準の管理下では、生きたトリインフルエンザウィルスで、世界中に出荷される、製品としてのワクチンの原材料が汚染されるなど不可能である。

 以上ことは、この出来事を説明する2つの可能性があることを示している。

 可能性1:バクスターはBSL3の安全基準に従っていなかったか、余りにもずさんだったため、途方もない失敗を犯し人類全体を危険にさらすことになった。しかし、もしこのケースなら、どうしてバクスターの原材料から作ったワクチンを我々の子供達に接種し続けるのだろうか?

 可能性2:不良な社員(または上級経営層からの邪悪な企て)がバクスターに存在し、そこで生きたトリインフルエンザウィルスを意図的にワクチンの原材料に混入し、その原材料が人間に接種されることで地球規模のトリインフルエンザパンダミックの発生を期待した。

 安全の上に利益を得ている製薬会社による人間による実験は全世界を通して普通になってきている。ポーランドで起きた21人が死亡した裁判が報告されている。Grudzidzの北部の町の医療従事者が350人以上のホームレスや低所得者に関連し医療裁判の取調べを受けた。検察官によると安全性の確かめられていない高い伝染性のあるウィルスのワクチンに関係したとのことである。

 権威筋の主張によると、証言している被害者は普通のインフルエンザワクチンのテストだと想像し1〜2ポンドを受け取ったが、検察官によると、本当はトリインフルエンザ用の薬剤であった。

 Grudzidzのホームレスセンターの所長がポーランドの新聞に語ったところによると、昨年このセンターの21人が死亡した、この数字は平均より明らかに8人程度は多い。

 トリインフルエンザの蔓延はトリインフルエンザワクチンを求める波を瞬時に作り出す。ワクチンを製造するバクスターのような会社がこのようなパニックから得られる利益は天文学的なものである。

 付け加えると、以前にレポートしたように、タミフルやワクチンで利益を得る者にはGeorge Shultz, Lodewijk J.R. de Vink や前国防長官の Donald Rumsfeldのようなグローバリストとビルダーバーグのメンバー、が含まれている。

 ヨーロッパと米国の権威筋は、トリインフルエンザパンダミックが起こった際に行う、隔離と収容の詳細な戒厳令の計画を明らかにしている。

 我々が数年間Webサイトで徹底的に明らかにしたところであるが、他の動機として、エリートたちが歴史を通じて明言していたこと、彼らは80%程度の人口減少の実現を願っているという事実がある。このようなショッキングな筋書きは、物語としての陰謀理論や陰謀事実の危険性に対して現実味を与えている。

 「バクスターは、今日、致死的な生物試料を全世界に送りつけることによって、バイオテロ組織のような全体的な役割を演じている。もし、あなたが封筒一杯の炭素菌を上院議員に送りつけたら、テロリストとして逮捕されるだろう。なぜ、炭素菌よりはるかに危険な生物物質を全世界の研究所に送りつけたバクスターが『あれっ?』などと言いながら逃げ切ることができるのか。」、アダムスはこのように結んでいる。

 ワクチン製造会社が危険極まりないウィルスで汚染されたワクチンを出荷したことが明らかになったのは、今回が初めてではない。

 2006年に、ベイヤー社が自社の血友病に使う注射薬がHIVウィルスで汚染されていたことを既に知っていたことが明らかになった。内部文書は、薬品が汚染されていることがはっきり分かった時、米国内の市場からだけ回収し、それをヨーロッパ、アジア、ラテンアメリカの市場に振り向け、知っていながら数千人、内多くは子供、に生きたHIVウィルスの危険に曝したことを明らかにしている。フランス政府の担当官はこの薬品の流通を認めたことで、刑務所送りになった。その文書はFDAはベイヤー社と共謀して致死性の薬品を世界中にばら撒いたスキャンダルの隠蔽を図ったことを示している。バイヤー社の誰一人として、米国内で逮捕されたり取調べを受けたりした者はいない。
-----------------------------------------------------------------------------
Baxter [Pharma] Caught Shipping Vaccines With Live Avian Flu Virus To 18 Countries Worldwide

 Czech newspapers are questioning if the shocking discovery of vaccines contaminated with the deadly avian flu virus which were distributed to 18 countries by the American company Baxter were part of a conspiracy to provoke a pandemic.

 The claim holds weight because, according to the very laboratory protocols that are routine for vaccine makers, mixing a live virus biological weapon with vaccine material by accident is virtually impossible.

 “The company that released contaminated flu virus material from a plant in Austria confirmed Friday that the experimental product contained live H5N1 avian flu viruses,” reports the Canadian Press.

 Baxter flu vaccines contaminated with H5N1 - otherwise known as the human form of avian flu, one of the most deadly biological weapons on earth with a 60% kill rate - were received by labs in the Czech Republic, Germany, and Slovenia.

 Initially, Baxter attempted to stonewall questions by invoking “trade secrets” and refused to reveal how the vaccines were contaminated with H5N1. After increased pressure they then claimed that pure H5N1 batches were sent by accident. This was seemingly an attempt to quickly change the story and hide the fact that the accidental contamination of a vaccine with a deadly biological agent like avian flu is virtually impossible and the only way it could have happened was by wilful gross criminal negligence.

 “Was this just a criminal negligence or it was an attempt to provoke pandemia using vaccination against flu to spread the disease - as happened with the anti-B hepatitis vaccination with vaccines containing the HIV virus in US? - and then cash for the vaccines against H5N1 which Baxter develops? How could on Earth a virus as H5N1 come to the ordinary flu vaccines? Don’t they follow even basic precautions in the american pharma companies?” states the translation.

 The fact that Baxter mixed the deadly H5N1 virus with a mix of H3N2 seasonal flu viruses is the smoking gun. The H5N1 virus on its own has killed hundreds of people, but it is less airborne and more restricted in the ease with which it can spread. However, when combined with seasonal flu viruses, which as everyone knows are super-airborne and easily spread, the effect is a potent, super-airbone, super deadly biological weapon.

 As the Canadian Press article explains, “While H5N1 doesn’t easily infect people, H3N2 viruses do. If someone exposed to a mixture of the two had been simultaneously infected with both strains, he or she could have served as an incubator for a hybrid virus able to transmit easily to and among people.”

 There can be little doubt therefore that this was a deliberate attempt to weaponize the H5N1 virus to its most potent extreme and distribute it via conventional flu vaccines to the population who would then infect others to a devastating degree as the disease went airborne.

 The Canadian Press article states, “That mixing process, called reassortment, is one of two ways pandemic viruses are created,” but then claims that there is no evidence that this is what Baxter were doing, despite there being no clear explanation as to why Baxter has samples of the live avian flu virus on its premises in the first place.

 However, to reiterate, the key aspect of this story is that it is virtually impossible for live avian flu virus to find its way into a vaccine by “accident”.

 As health expert Mike Adams points out, “The shocking answer is that this couldn’t have been an accident. Why? Because Baxter International adheres to something called BSL3 (Biosafety Level 3) - a set of laboratory safety protocols that prevent the cross-contamination of materials.”

 As explained on Wikipedia (http://en.wikipedia.org/wiki/Biosaf…):
 “Laboratory personnel have specific training in handling pathogenic and potentially lethal agents, and are supervised by competent scientists who are experienced in working with these agents. This is considered a neutral or warm zone. All procedures involving the manipulation of infectious materials are conducted within biological safety cabinets or other physical containment devices, or by personnel wearing appropriate personal protective clothing and equipment. The laboratory has special engineering and design features.”

 Under the BSL3 code of conduct, it is impossible for live avian flu viruses to contaminate production vaccine materials that are shipped out to vendors around the world.

 This leaves only two possibilities that explain these events:

 Possibility #1: Baxter isn’t following BSL3 safety guidelines or is so sloppy in following them that it can make monumental mistakes that threaten the safety of the entire human race. And if that’s the case, then why are we injecting our children with vaccines made from Baxter’s materials?

 Possibility #2: A rogue employee (or an evil plot from the top management) is present at Baxter, whereby live avian flu viruses were intentionally placed into the vaccine materials in the hope that such materials might be injected into humans and set off a global bird flu pandemic.

 Experimentation of human beings is becoming the norm throughout the world by Pharamceuticals companies who hold profits over safety. A recent report in the Telegraph covered the trials in Poland which killed 21 people. The medical staff, from the northern town of Grudziadz, are being investigated over medical trials on as many as 350 homeless and poor people last year, which prosecutors say involved an untried vaccine to the highly-contagious virus.

 Authorities claim that the alleged victims received ?1-2 to be tested with what they thought was a conventional flu vaccine but, according to investigators, was actually an anti bird-flu drug.

 The director of a Grudziadz homeless centre, Mieczyslaw Waclawski, told a Polish newspaper that last year, 21 people from his centre died, a figure well above the average of about eight.

 Spreading bird flu would create an instantaneous surge of demand for bird flu vaccines. The profits that vaccine companies such as Baxter International could reap out of such a panic are astronomical.

 In addition, as we have previously reported, those that have a stake in the Tamiflu vaccine include top globalists and BIlderberg members like George Shultz, Lodewijk J.R. de Vink and former Secretary of Defense Donald Rumsfeld.

 Authorities in both Europe and the U.S. have openly detailed plans for martial law, quarantine and internment should a bird flu pandemic occur.

 The other motivation, as we have exhaustively documented on this website for years, is the fact that elites throughout history have openly stated that they want to see a world population reduction of around 80 per cent. Shocking stories like this take the plausibility of that narrative out of the realms of conspiracy theory and into the dangerous reality of conspiracy fact.

 “Baxter is acting a whole lot like a biological terrorism organization these days, sending deadly viral samples around the world. If you mail an envelope full of anthrax to your Senator, you get arrested as a terrorist. So why is Baxter ? which mailed samples of a far more deadly viral strain to labs around the world ? getting away with saying, essentially, “Oops?”, Adams concludes.

 This is not the first time that vaccine companies have been caught distributing vaccines contaminated with deadly viruses.

 In 2006 it was revealed that Bayer Corporation had discovered that their injection drug, which was used by hemophiliacs, was contaminated with the HIV virus. Internal documents prove that after they positively knew that the drug was contaminated, they took it off the U.S. market only to dump it on the European, Asian and Latin American markets, knowingly exposing thousands, most of them children, to the live HIV virus. Government officials in France went to prison for allowing the drug to be distributed. The documents show that the FDA colluded with Bayer to cover-up the scandal and allowed the deadly drug to be distributed globally. No Bayer executives ever faced arrest or prosecution in the United States.

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      HOME > 豚インフル02掲示板

フォローアップ:

このページに返信するときは、このボタンを押してください。投稿フォームが開きます。

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
投稿コメント全ログ  コメント即時配信  スレ建て依頼  削除コメント確認方法
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。