★阿修羅♪ > 豚インフル02 > 249.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
Re: 訳のつづき その4
http://www.asyura2.com/09/buta02/msg/249.html
投稿者 ひとりのちいさな手 日時 2009 年 8 月 10 日 22:19:25: 43GzZOvlUGhqg
 

(回答先: WHOの内部文書(1997年Dr.ディーグルが入手)に書かれていたウィルス遺伝子操作 投稿者 ひとりのちいさな手 日時 2009 年 8 月 07 日 23:48:06)

(訳のつづき)

 さて、もし人びとが手軽で持ち運びの簡単なものをどれか、と尋ねたら、私はうちのNutriDineをお勧めするでしょう。NutriDineは二原子(diatomic)のものです。それはとてもユニークです。その製法はエドガーケイシーによって、リーディングで与えられたものです。(Iodine:ヨウ素がベースのサプリメント。コップ一杯の水、に1滴落として飲むと、甲状腺を活性化する。)

 そうNutriDine(商品名)がある。これは知られているどんな病原体を抑え込むでしょう。

 私たちはインドにおいてクリニックを持っていますが、そこでは、このNutriDineが、手を触れることのできない病気に冒されている人たち、どんな治療も受けれない人たちに与えられています。そして私たちはこのNutriDineをエイズ患者にも与え、症状を緩和したり、また部分的な、内臓のがんに冒されている人の治療にも用いています。

 このNutriDineは、現在解明されている全ての病原菌や寄生虫を殺すでしょう。それはとてもパワフルなので、ほんの10滴ほど、1日に3回にわけて内服すれば、どんな病原体も殺すでしょう。
(訳者免責事項:用法上の注意など、詳しくは、NutriMedical社のサイトで、ご自身で、十分ご確認ください。用法量を超えての過剰摂取、また長期にわたっての服用は危険です。とくに、外国のものは、日本人の体質に合わないものもあることを予め検討ください。)

KC: MMSという薬はご存知ですか?(注:Miracle Mineral Sup-plementの略)

BD:MMSは chlorine dioxide(二酸化塩素?)で、それは長年にわたり病原菌を殺すのに用いられてきました。問題は:塩化された分子(chlorinated molecule)は、アミノ酸のアミド・グループに、抗・病原体と同じようにくっつきます。MMSはまた、細胞のミトコンドリアからヨウ素を分離させ、それが毒性の原因になります。ですから私はMMSは勧めません。

 MMSは、ちょうど抗生物質がそうするように、病原体をからだから一掃するでしょう。確かに、効き目のある抗・病原菌の薬だといえます。しかし、上述のように、細胞に付着し、その結果、毒性を現す….つまり塩素を放出するのです。塩素はアミノ酸のアミド・グループと他の分子にも付着します。それはChloraminesを形成します。それゆえそれは毒になると思います。そんなもの体に入れたくないですよね。

 唯一、体の中に入れても安全なハロゲン化合物は、ヨウ素です。その他のハロゲン化合物(例えばフッ素化合物、臭化物、塩素、塩化分子)はからだには毒となります。


BR:実は数カ月前、MMS(Miracle Mineral Supplement)をアフリカで発見したJim Humble氏にお会いしたのですが、彼は自分が微生物学者でも医者でもない、と前置きしながらも、ある人がもしも、かなり重い症状の病気に罹っているなら、MMSというサプリは、そう悪くない選択肢だろう、と言いました。

BD:もしあなたがそれしか持ってない状況でならですね、そうれは絶対それを飲むべきですよ。

 例えば、私は海外へ出かけるある会社の人とか、海外へ赴任する宣教師たちには、自腹を切って、NutriDineをケース詰めでプレゼントして持たせています。彼らがそれを持っていけるように、私が払って持たせるのです。彼らは何ケースも保持していますよ。私たちのNutriDineで、マラリア、寄生虫、ぜん虫などなんでも殺傷できるのです。またNutriDineは水を殺菌します。

 ですから、もし何も他にないのならMMSを摂るべきですが、もしほかにも選択肢がある状況ならですね、MMSは毒性がありますからやはり、お勧めできないですね。なぜなら、もしあなたがMMSをしばらくの間、用いたとします。そうすると、あなたは生物学的毒を蓄積していくでしょう。

 もちろん、明らかに死ぬか生きるかの選択のときにはMMSを使うしかないでしょうが、もし他に代替薬があるのなら、一番いいのは、NutriDineがまずきて、それから、SuperSilver またはAllimed Allicin でしょう。

 Allimed Allicinは、ヨーロッパでは、医師によって処方される医薬品の部類になりますが、しかし、ここ北アメリカでは医者の処方箋なしで売られているものを手に入れられます。これは、すべての病原体を殺します。それはライム病菌も、どんなウィルスも、どんなバクテリアも殺すでしょう。

 ICU(集中治療室)で、抗生物質を静脈注射している患者にも与えてもよいでしょう、そうすればAllimedAllicinは、その人の命を助ける手立てとなる、というのが証明されています。私たちはいつもそうしています。毎日といっていいくらい。それはそういう使われ方をするものなんですが、しかし、それは命を救うでしょうけども、やはり毒性があります。

BR:なるほど。よくわかりました、ビル。詳しい説明をありがとう。

BD:いいえ、どういたしまして。

BR: ところでたぶん多くの人は、あなたの見解に反対するとは思えませんし、私も、Allimed Allicinが、救急のときには用いられても、長期に渡って長く使用されるのはよくない、と思いますが。

BD:そのとおりです。もしそれを、病原菌に備えるためにといって、毎日あるいは何カ月も何年もそれを飲めば、問題となるでしょう。

 でもそれは、おそろしくフッ素処理や塩素処理された水道水を飲むのと同じようなものなのです。あなたはフッ素化合物を体内に蓄積する….。そしてそれはchoroid plexus(絨毛膜叢?)と ventricle(脳室)と松果体にて固まり(石灰化して)、文字通り第3の目をシャットダウンします。そうなるとあなたは“torsional vortex image”を見ることができません。それに、次元をまたがる(目に見えない世界を感知する)”眼“をふさぐことになります。

 ですから、霊的な観点から言えば、フッ素化合物や塩素処理された水道水を飲むことは、実は、『生命力の流れ(コード)』から切り離されてしまうことになるのです。ですから、ヨウ素以外の、他の全てのハロゲン化合物は、脳のある部分を攻撃、またはブロックします。松果体がその生命の流れと繋がり、“高次の世界”と我々が呼ぶ現実 とつながることを断つのです。

 塩素は毒です。それが理由のひとつで、彼らは、わざと、水道水に塩素処理をしたり、フッ素処理をするのです。そう、なぜ彼らが水道水に Sulfuryl fluoride(硫化フッ素?)を入れる案を推奨しているのか? その物質は、単にもっと毒性が強いというだけでなく、それが上空大気圏に達すると、二酸化炭素やメタンよりも、17,000倍も熱を反射する、という理由からです。(上空に達してもその性質は弱まりません。)。

BR: そうですかなるほど。では、こうなると唯一の質問ですが、この夏には、北アメリカでは、事態はどんなふうになっているだろう、と想像されますか?

BD: そうですね、正直言うとですね、もし我々が素早い決断を下して断固たる行動をとれば、このインフルの感染は、結構早く終息させることができるのではないか、と思うのです。

 例えば、私たちは、ここ2〜3週間、Plains Radio(プレインズ・ラジオ局)を通して、軍や一般人の人たちを集めて、たくさんの会議をしているのです。その時話すのがこの件なのです。

 つまり;国境を速やかに封鎖すると決断するかどうか、あるいは、入国してくる人がウィルス感染しているかどうか、全ての人を検疫するとことに決めるか、そしてその中でA型インフルの陽性反応が出た人たちをきちんと足取り調査するか(それは簡単な検疫テストなんですけどね。)、などのことなのです。そのテストでは、変異した亜種を見つけ出せないかもしれませんが、その人がウィルスに感染しているかどうかだけでもわかるでしょう。

 それから、我々は、メキシコ・シティのようにアウトブレーク(爆発的感染)が起こっている場所へは、その地域へ物資を運ぶ大型飛行機で既存の………..いや、どの薬もだめだ。それらのラジオ会議で、タミフルのことを候補にあげるつもりはありません。

 なぜなら、タミフルは幻覚症状を起こさせるものを含んでいて、そういう薬物に敏感な体質の中には実際ひどいトリップ(幻覚)をする人がいるからです。それはちょうどPCPとかAngel dustという薬物をとるのと同じような感じです。それはすごく、すごくひどいトリップ(幻覚)を引き起こします。タミフルを打って幻覚症状を起こしている軍人が例えばいて、防弾チョッキにScottAirPacksを来て、武器をもってうろうろしてほしいとは思わないでしょう?

 タミフルのような薬(すでに世界のあちこちで、H1N1インフルはタミフル耐性に変異してしまっていますが)、ほかにもAmantadine,Ramitidine,そしてタミフル、これらの薬に対して、現在感染を広げているウィルス種は、かなり敏感である、と彼らは言っていますが、しかし、その人たちをずっとウィルス環境にさらしておくと、4日もしたら、その薬に耐性をもったウィルスが出現してくるのがわかるでしょう。

 言いかえれば、今、タミフルを投入してしまうと、死にそうな重症の感染者へ投薬するものがもう何もなくなってしまう、ということになるのです。今ではもう患者たちは体の中に耐性ウィルスを得てしまっているのです。なぜなら、彼ら(WHO)は、2週間か2カ月か前に、タミフルを人びとに与え始めていたからです。


つづく

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      HOME > 豚インフル02掲示板

フォローアップ:

このページに返信するときは、このボタンを押してください。投稿フォームが開きます。

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。