★阿修羅♪ > 豚インフル02 > 273.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
第一三共株式会社の抗インフルエンザウイルス薬CS-8958(新型インフルエンザ対策の達人)
http://www.asyura2.com/09/buta02/msg/273.html
投稿者 ニューニュー 日時 2009 年 8 月 20 日 13:45:27: sncY6HQfx5PvU
 

第一三共株式会社の抗インフルエンザウイルス薬CS-8958
抗インフルエンザウイルス薬CS-8958の第III相臨床試験について


  第一三共株式会社(本社:東京都中央区)は、抗インフルエンザウイルス薬CS-8958(一般名:laninamivir)の第V相臨床試験において、この度試験結果を得ましたので、お知らせします。

 本試験は、A型またはB型のインフルエンザウイルスに感染した20歳以上の成人患者を対象とし、CS-8958の20mg、40mg単回吸入投与群の有効性と安全性について、オセルタミビルリン酸塩(タミフル潤・Jプセル)75mgの1日2回、5日間反復経口投与群(計10回投与)を対照とした二重盲検比較試験として実施しました。その結果、有効性の主要な評価指標であるインフルエンザ関連症状の改善時間について、CS-8958の20mg、40mgの各投与群で、いずれもオセルタミビルリン酸塩投与群に対する非劣性が検証されました。CS-8958の用量間の比較では、20mgより40mgの方が優れた効果が認められました。安全性については、問題となる有害事象は認められませんでした。

 また、小児(9歳以下)を対象とした第U/V相試験は、オセルタミビルリン酸塩(タミフル潤・hライシロップ)を対照とした二重盲検比較試験として実施しました。その結果、CS-8958の20mg、40mgの各投与群でいずれもオセルタミビルリン酸塩投与群より優れた効果が認められました。安全性については、問題となる有害事象は認められませんでした。

 現在、2009年度中の製造販売承認申請(治療適応)に向けて準備を進めています。また、予防適応に関しましても、今秋から臨床試験を開始できるよう準備を進めています。

(別 紙)

@CS-8958について
 CS-8958(一般名:laninamivir)は、自社創製したインフルエンザ治療薬であり、単回吸入投与で治療効果が期待できる長時間作用型のノイラミニダーゼ阻害剤です。インフルエンザウイルスの感染部位である肺、気管に直接作用する吸入剤として開発中です。本剤は、これまで実施した非臨床試験で、A型、B型の季節性のインフルエンザウイルスのみならず、ブタ由来H1N1型新型インフルエンザウイルスに対する効果についてもin vivo、in vitroで確認(Y. Itoh, et al, Nature, 2009)され、またH5N1型鳥インフルエンザウイルスに対する効果も確認されています。

A成人(20歳以上)を対象とした第V相臨床試験について
 MARVEL試験(Multinational Asian Clinical Research for Influenza Virus Extermination on Long Acting Neuraminidase-Inhibitor)

デザイン : A型またはB型インフルエンザウイルス感染症患者を対象として、CS-8958の20mgまたは40mgを単回吸入投与したときの有効性及び安全性について、オセルタミビルリン酸塩を対照に日本、台湾、香港、韓国における国際共同、無作為化、実薬対照、3群並行群間二重盲検比較試験として実施
有効性 : インフルエンザ罹病時間を主要な評価項目としてオセルタミビルリン酸塩に対する非劣性により検証
安全性 : 有害事象の発現率等を投与群間で比較
その他 : CS-8958の20 mgまたは40 mgの有効性および安全性の結果に基づき、至適臨床用量の検討

B小児(9歳以下)を対象とした第U/V相試験について
デザイン : A型またはB型インフルエンザウイルス感染症患者を対象として、CS-8958の20mgまたは40mgを単回吸入投与したときの有効性及び安全性について、オセルタミビルリン酸塩(タミフル潤・hライシロップ)2mg/kg の1日2回、5日間反復経口投与群を対照に無作為化、実薬対照、3群並行群間二重盲検比較試験として実施
有効性 : インフルエンザ罹病時間を主要評価項目として検討
安全性 : 有害事象の発現率等を投与群間で比較
その他 : CS-8958の20mgまたは40mgの有効性および安全性の結果に基づき、至適臨床用量の検討


以上


(2009年8月10日 第一三強株式会社HPより引用・一部改編)

 抗インフルエンザウイルス薬の開発が各製薬会社で盛んに行われています。

 我々は、よい薬が開発されるのを祈るばかりです。

-----------------------------------------------
以上
http://newinfluenza.blog62.fc2.com/
より

※各製薬会社で開発が行われている薬の中でCS-8958が取り上げられているのはなぜか。一番臨床試験が進んでいるからか。一番進んでいるのでこの程度だと、この秋冬の流行には間に合いそうにもないな。  

  拍手はせず、拍手一覧を見る

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      HOME > 豚インフル02掲示板

フォローアップ:

このページに返信するときは、このボタンを押してください。投稿フォームが開きます。

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。