★阿修羅♪ > 豚インフル02 > 304.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
濃厚接触者という概念(木村盛世オフィシャルWEBサイト)
http://www.asyura2.com/09/buta02/msg/304.html
投稿者 クマのプーさん 日時 2009 年 9 月 01 日 11:45:44: twUjz/PjYItws
 

http://www.kimuramoriyo.com/25-swine_influenza/swine_flu_26.html

濃厚接触者という概念


 H1N1インフルエンザは事実上まん延状態にあります。この中でタミフルの備蓄が少なくなり医療現場は不安を抱いているようです。患者だけでなく濃厚接触者とよばれる患者のまわりにいた人に対しても予防投薬をしているのですから不足するのは当然と言えます。

 濃厚接触者とは結核に対してつかわれる概念ですがインフルエンザには適切なのかとどうかと疑問です。結核の場合、患者をみつけその周りにいた人に抗結核薬の予防投与をするからです。この方法が最良の結核対策であることは長い研究結果から実証されています。

 しかしインフルエンザは違います。カゼと同じような広がり方をする感染症に、患者の追跡調査をすること自体意味がないことです。ましてや濃厚接触者探しなど医療機関や地方自治体の負担を増すだけです。

 米国ではインフルエンザの濃厚接触者という概念は一般的ではありません。患者のまわりにいた人へのマスクやタミフル投与など日本ほど積極的ではありません。大体まん延状態になってしまえば周りにいた人すべてに対策をするとなれば、日本国民全員が濃厚接触者となり社会は回らなくなります。

 行きすぎた対策は、インフルエンザに対して怖い伝染病といったスティグマを生みます。欧米がインフルエンザ流行が収まりつつあるとの情報に対して「欧米は何の対策をしなかったから早く収まった。日本は(正しい)対策をしたから流行が続いている」と発言した上田健康局長ですが、次は「過ぎたるはなお及ばざるがごとし」との発言を聞きたいものです。

2009年9月1日

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      HOME > 豚インフル02掲示板

フォローアップ:

このページに返信するときは、このボタンを押してください。投稿フォームが開きます。

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。