★阿修羅♪ > 豚インフル02 > 377.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
新型インフルエンザ、もし検疫を徹底的にやっていたらどのくらいの対策費ですんでいたか?
http://www.asyura2.com/09/buta02/msg/377.html
投稿者 taked4700 日時 2009 年 10 月 16 日 22:04:31: 9XFNe/BiX575U
 

 10月16日現在、新型インフルエンザの国内感染者数が先週に比べて33万人程度から64万程度へ急増したと言う。急激に学級閉鎖や学校閉鎖の事例が増えているので、今後も、感染者数は増えるだろう。また、インフルエンザ脳炎や急性肺炎で死亡する例も出てきている。死者も疑い例を含めると27名に上る。

 いったいこの新型インフルエンザは、どの程度の被害を与えることになるのだろうか?ワクチンの購入費用だけで1400億円に上ると言う。インフルエンザ対策で個人も会社もさまざまな形で時間や手間がとられている。そういった費用を計算したら、どのくらいになるのか、政府部門では把握しようとしているのだろうか?

 かって日本では水俣病が発生した。公害という名前がつけられているが、実際は一企業による工場廃水の処理ミスからきた病気だった。しかし、どうしたことか行政はかなり長い間、水俣病の原因確認をしなかった。その結果、多くの市民がひどい苦しみを強制され、かつ、社会的な費用負担もかなりなものになっているはずだ。

 薬害エイズ問題もひどい展開をした。多くの血友病患者の方が、非加熱製剤が危険ではないかと危惧しているなか、厚生省などの政府機関が安全だと言うお墨付きを与え、結果的に非常に多くの血友病患者の方が本来かかる必要のないエイズに罹ってしまった。また、更に、エイズは、性的な非行にかかわる病気であると言う宣伝がされ、売春婦がエイズに罹ったと言うニュースが大々的に報道されたりした。後に、このニュースは誤報であることが明らかになったが、このような宣伝のために、薬害エイズ患者の方々は、自分がエイズに罹っていると言うこと自体を公にすることができなくなってしまった。この傾向は多くの国でも同じで、そのため、感染防止がうまくできず、感染者数自体の把握がうまく行っていない面がある。

 しかも、エイズによる損失は確実に社会を蝕んでいて、発展途上国では人口爆発のはずが人口減少に陥ると言う事態になっている。その影では、母子感染など、悲惨な状況がある。日本のように医療が発達している国でも、医療費と言う形で社会的な負担が大きい。薬代の補助として月額20万円ほどが公の費用でまかなわれるからだ。2008年度末でHIV感染者数が1000名ほど、発症している人が500名ほどだから、年額240万円*1500名で、大体一年間で、公的負担が36億円ほどになっているはずだ。そして、感染者数は増えこそすれ減りはしない様子で、今後とも、毎年毎年、40億円とか50億円と言う負担がほぼ永久に続くことになるはずだ。

 新型インフルエンザについては、本来、検疫体制をもっとしっかりやれば日本国内への感染が防げた可能性がある。それは、アメリカやメキシコなどすでに感染が広がっている国からの出国時に検疫をすると言う方法だ。今回の新型インフルエンザの流行初期、アメリカやメキシコからの航空便で、風邪の症状を搭乗時に示していても何のチェックもされなかったはずだ。座席の考慮もされず、健康な人に混じって座っていたはずだし、マスクの着用も強制されはしなかったようだ。しかし、出国時に空港に来た時点で、チェックシートへの記入と体温のチェックをすることで、少なくとも感染症状が出ている人は把握できる。潜伏期の人はチェックができないとされるが、それも、機内で鼻粘膜を綿棒で採取したものを保存することで個人を特定できるから、日本への入国後、長くて一週間、行動範囲をある程度狭くしてもらうことで、ウィルスの広がりを阻むことができたはずだ。これらのことを徹底して行った場合、どの程度の費用がかかったはずか、その計算はできるはずだと思う。そして、今の状況から見て、ワクチンの確保のための費用1400億円と社会的な損失にかかわる費用などを含めて、今後の対策費用がどの程度になるか、それも計算できるであろう。

 そういった計算をしておき、時期を見て公表する必要があるのではないだろうか?

http://mainichi.jp/select/science/news/20090926dde001040036000c.html
新型インフルエンザ:ワクチン7700万人分確保へ 総額1400億円

 政府は、新型インフルエンザのワクチンを今年度内に国産と輸入を合わせて約7700万人分確保する方針を固めた。購入費用は総額1400億円に上る見込みで、10月上旬にも製薬会社と購入契約を結ぶ。費用の財源は、09年度補正予算に計上した新型インフルエンザ対策費(1300億円)の一部を充てるほか、不足分は09年度当初予算の予備費(3500億円)を取り崩す方向で調整する。

 約7700万人分のうち、約5000万人分は輸入ワクチンで、残る約2700万人分を国産で賄う。厚生労働省は、医療従事者や妊婦など優先的にワクチンを接種する対象者について、10月下旬〜来年3月に5400万人分を確保する計画だが、その他の予防接種希望者にも対応できるようにする。

 国が全量を購入したワクチンを医療機関に販売。自己負担額は1人2回の接種で、一律7000〜8000円程度とする方向で検討している。低所得者の負担軽減のための助成金や、国産と輸入ワクチンの費用に格差が生じないための価格調整分が最終的に国の負担となる見通し。

毎日新聞 2009年9月26日 東京夕刊
 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
削除
 まったくナンセンス。
致死率を考えるとこの記事の主張は馬鹿げている。

出国した国にどうやって検査を強制するのか。
たとえば、メキシコ、アメリカに対し日本向け国際線搭乗客全員に記事のごとく検査させるのか。考えても見られよ。

飛行機で移動するのですぞ。感染したての人に検査して何がわかるのですか。
ウイルスに接触したら確実かつ急速に症状がでるのですか。


2009/10/17 02:40

>検疫体制をもっとしっかりやれば日本国内への感染が防げた可能性がある。

感染症をまったく知らない人間が書いたコメント。
検疫では、潜伏期が長いインフルエンザという感染症は防げません。
鼻に入れる簡易検査も、発症前のその精度は40パーセント以下。

素人がさも正しいかのように間違った記事を書く。
この影響のほうがはるかに怖い。
2009/10/17 19:36

>致死率を考えるとこの記事の主張は馬鹿げている

 強毒化する可能性は常にあります。実際、すでに慢性疾患のない人がウィルス性肺炎や脳炎で死亡するケースが複数報告されていますね。そもそも、なぜ、今回のウィルスにスペイン風邪の遺伝子が混入していたのか、その経路さえも確認されていない。今後、急激に致死率が高くなる可能性があります。


>感染症をまったく知らない人間が書いたコメント。
>検疫では、潜伏期が長いインフルエンザという感染症は防げません。
>鼻に入れる簡易検査も、発症前のその精度は40パーセント以下。

 そうでしょうか?インフルエンザウィルスは例えば手とか顔に付着しても感染には至りません。あくまで粘膜に付着しないと感染できないのです。そして、普通の人は鼻呼吸ですから、鼻粘膜にまずは付着してそこから感染が始まるのです。このことは間違っていますか?

 そうであれば、鼻粘膜のサンプルをとっておけば、潜伏期間を過ぎた時、誰がウィルスを日本国内の持ち込んだか分かる。

 新型インフルエンザの潜伏期は1週間と言われているのだから、帰国後、一週間行動制限をしてもらって、様子を見ることで感染はかなり防げたはず。機内で鼻粘膜のサンプルを取っておけば、帰国後の行動制限もちゃんと行われたはず。

 日本での感染拡大の様子は非常に不自然でした。なぜ圧倒的にアメリカ・メキシコからの帰国者が多い関東地区で当初の感染者がまったくでなかったのでしょうか?

 更に言えば、アメリカ、ニューヨークでの最初の感染例であった高校生はメキシコカンクンへの旅行者であったとされますが、観光地カンクンでの感染例はそのころ確認されていないはずです。

 こういった感染ルートや感染源の確認がきちんとされていない現状は、エイズの感染拡大期とそっくりだと思いますが、どう思われますか?
2009/10/18 14:39

どうして新型インフルエンザだけが強毒化する可能性があるといえるのか。
確かに感染力はたいしたモンだが、インフルエンザ患者と接してもピンピンしている人が圧倒的に多い。
なんか怪しい。

2009/10/19 21:05

  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。