★阿修羅♪ > 豚インフル02 > 384.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
若者よ、新型インフルエンザに大いにかかれ 21世紀型医療は「自分で治す」〜手を洗うな、マスクはするな、キスをしよう!
http://www.asyura2.com/09/buta02/msg/384.html
投稿者 Orion星人 日時 2009 年 10 月 22 日 23:46:28: ccPhv3kJVUPSc
 

http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/1989?page=4

最終的な金額は分からないが、新型インフルエンザのワクチンの購入に1000億円以上の税金が使われるらしい。これに対して、愚かしい、と一喝する医療の専門家がいる。

【ワクチンに多額の税金は全くのムダ】

安保徹・新潟大学大学院医歯学総合研究科教授。1996年に白血球の自律神経支配のメカニズムを初めて解明するなど世界的な免疫学者
 免疫学の世界的権威である安保徹・新潟大学大学院教授である。「何たるムダ。効果もほとんど期待できないワクチンに、なぜこれほどの税金を投入するのか。愚の骨頂である」と手厳しい。

 最終的には接種を受ける人の負担になるが、国や市町村でもかなりな額の補助が行われる見通しだ。安保教授は続けて言う。

 「ワクチンなんて歴史的に効いたためしはほとんどありません。弱めたウイルスを使ってワクチンを作っているわけで、本物の抗体ができないのです。今までにワクチンを打った人で、その後インフルエンザにかからずに済んだという例は1つもありません」

 もっとも、安保教授は効果がゼロと言っているのではない。効果はあっても極めて限定的であり、それに頼り切るのはいかがなものかと言うのである。医療の世界はただの水でも効果がある場合がある。人間には本来備わっている強い自己治癒力がある。精神的な効果でそれを高められれば、それ自体が治療であることに変わりはないのだ。

 しかし、「新型インフルエンザだ。大変だ。政府はなぜ十分なワクチンを手当てしないのだ」と騒ぎまくる国民に、「分かりました。本格的な流行期の前にできるだけ手当てしましょう」と1000億円以上をぽんと出そうとする政府も政府。さらに、インフルエンザの猛威を喧伝して不安を煽るだけの有難い大手メディアがいる。

 新型インフルエンザの正体は一体何なのか。発生当初の世界的パニック状況ならいざ知らず、既に十分な証拠が集まって正体が明らかになり始めた現在、熱に浮かされたようにワクチン、ワクチンと騒いでいる姿は、ある意味、滑稽でしかない。

【若い人よ、積極的にインフルエンザにかかりなさい!】

日本で始まった新型インフルエンザのワクチン接種〔AFPBB News〕

 安保教授は言う。「これだけ流行し始めた新型インフルエンザで毎日、何人が亡くなっているか。その数字を見ただけでも、毒性が弱いことははっきりしています。ここは効果がほとんど期待できないワクチンに頼るのではなく、自分の力で解決すべきです」。

 自分の力とは免疫力だ。新型インフルエンザは若い人がかかりやすい。これは国民が免疫力をつけるうえで好都合でもある。

 「若い人は免疫力が高いのです。でも、様々な病気になるのは抗体がないからです。若い人たちがこの際、一気に新型インフルエンザにかかって抗体を作ってくれれば、ワクチンで作った抗体よりもずっと効果がある。しかもこっちはタダですよ」と安保教授は言う。

 免疫学の国際的権威がこう指摘するのに、なぜ日本ではワクチンフィーバーが続くのか。その理由はいくつかある。
 理由の最初は、振り上げた拳を降ろせなくなったという点だ。新型ウイルスの登場に沸いたのは、ほかならぬ医学界の権威ある先生たちだった。

 当初、毒性の高さに対する備えが必要だと声高に説いていた権威と名声には特にこだわりの強い先生たちが、振り上げた拳を降ろせなくなった。そのため、毒性が弱いことが分かってきても、強い対策の必要性を説き続けるのである。

 理由の2つ目が、大局よりも局所を重視する国民性と言えるだろう。体の弱いお年寄りや受験生を抱えた親たちが、何とかしてほしいと訴える。それは一部脅迫的なニュアンスも帯びてくる。「もしものことがあったら、どうしてくれる。あなた方の責任だから」と。

 こうした声に国民は弱い。そして視聴率しか頭にない日本のマスメディアが超一流のアジテーターぶりを発揮して、自ら考えリスクを取ることを極端に嫌がる日本の国民を煽りに煽る。さらに、ここを商機と見た健康産業が、大々的な宣伝を打つ。「外から帰ったら必ず石鹸で手を洗いましょう。マスクも忘れずに」

【公園で子供を遊ばせた日は手を洗わせない!】

 ワクチンを打つのもいい、泡状の液体石鹸で手を洗うのもいい、マスクをするのもいい。本当に必要だと思う人がすればいい。でも専門家が効果を疑問視しているワクチンに多額の税金を使うに至っては問題ではないか。ワクチンにお金を注ぎ込んで喜んでいるのはいったい誰なのだろう。本当に国民だろうか。

 どうも、医療の問題だけでなく、日本が抱える問題の多くがこうした得体の知れない構造に起因しているのではないかと思う。一斉に成果主義に走り出す日本の大企業。急成長ベンチャーを次々と検挙して倒産に導いていく検察。とどまる所を知らない感情的な役人批判。本質から目をそらし、ヒステリックな対応に終始してそれをよしとする。既に日本の風土病的な色彩を放ち始めているようだ。

 この方向に脱線するときりがないので医療の話に戻ろう。安保教授はこう提案する。「子供たちを公園に連れて行って遊ばせる日があるでしょう。こういう日は大切な日だから、手を洗わせない日にしたらどうです。子供たちにいっぱい雑菌を体に入れてもらいましょう」。

 きれい好きで潔癖なママたちが聞いたら・・・。恐ろしい顔が目に浮かぶ。

 しかし、子供を極端なまでに雑菌から守ろうとする母親(父親も?)の過保護が、実は子供を弱めている可能性がある。その辺りは安保教授が最近出版した『40歳からの免疫力がつく生き方』(静山社文庫)に詳しい。人間の体を生物の起源から見直し、21世紀型の医療を、しかもお金のかからない医療を提案している好著である。

【人間はウイルスを取り入れるためにキスをする】

安保徹著『40歳からの免疫力がつく生き方』(静山社、税抜き600円)。文庫ながら書き下ろし
 赤ちゃんは出産で母親の胎内から外界に出てくる大きなストレスに対応し、外的から身を守るために、白血球の成分のうちリンパ球の割合が極めて高いという。成長するに従ってリンパ球が減り、代わって細菌を攻撃する顆粒球の割合が増えてくる。それでも子供時代は大人よりもリンパ球の比率が高い。

 「ウイルスに立ち向かうリンパ球が多い若い時こそ、様々なウイルスを受け入れて体内に抗体を作るチャンスなのです」と安保教授は言う。

 少し余談になるが、人間はなぜキスをするのだろうか。いくつか理由はあるが、その中で1つの大切な理由とされているのが、細菌やウイルスの交換である。そして抗体を作っていく。

 マスクと手袋で完全防備している人には、キスなどあり得ないのだろう。しないに違いない。しかし、完全防備でウイルスを体内に入れるチャンスが少なくなれば抗体が作られる機会も少なくなる。

 もし、ウイルスや細菌が原因の病気が大流行した時に、どのように身を守るのだろうか。清潔さは大切なことだが、それが過ぎると人間が長い営みの中で、身につけてきた病気に対抗する術の否定にもつながりかねない。

 もちろん、ウイルスに対抗するために人類は抗生物質を発明した。がんには手術と抗がん剤治療、放射線治療を生み出した。確かに医療の進歩は目覚ましい。しかし、安保教授はこうした従来の治療法に頼るだけの時代は少なくとも日本の場合は終わったと言う。

「抗がん剤も放射線も人間の持つ免疫力を押さえ込んでしまう。手術もそうです。これでは、せっかく人間には病気を治す免疫力があるのに、それを全く使わないようなもの。そんなもったいないことはないでしょう。一刻も早く20世紀型医療から21世紀型医療へ転換を図るべきです。考え方を大きく変える医療革命が求められているのです」

【21世紀型医療は自己治癒力のサポート役】

手術は怖い。米国では乳がんの手術で健康な乳房まで切除してしまうケースが倍増している〔AFPBB News〕

 簡単に言うと、手術のような「技術」に頼るのではなくて、個人個人が持つ自然治癒力を高めるためのサポート役として医療をとらえようという考え方だ。コペルニクス的な発想の転換と言えるだろう。これができれば医療費の増大という現代社会が抱える大問題を比較的簡単に解決できる可能性がある。

 それが今までなぜできなかったのだろうか。

 安保教授は言う。「社会が貧しかったからです。戦後、日本人は食べるために、豊かになるために死に物狂いで働いてきました。徹夜して働いて休む暇がなかった。そういう社会では人間は免疫力を高めることはできません。体の中にできたがんを自分の免疫力で殺す力が弱かったのです。しかし、豊かになった今の日本は違います。必要があればゆっくり休んで免疫力を高め、体の中に生じたがん細胞を自分自身の力で殺すことができるのです」。

 例えば、一晩徹夜すると白血球の中のリンパ球は半減するという。徹夜のようなストレスの高い生活を続けると免疫力が低下し、がんにかかるリスクが増大する。

 安保教授は言う。「人気女性タレントで私はこうして乳がんを克服したというような本を出版してよく売れたという話を聞きますが、私はそういう本は読者をミスリードすると思う。どう闘病したかではなくて、今の時代に必要な情報は、仕事をきっちりこなしながら、どのようにがんにかからない生活を送ったかでしょう」。

【定期健診の数字に怯えるとがんにかかりやすくなる】

 私たちが日頃受けるように指導されている検診も、安保教授によると百害あって一利なしの場合が多いという。数字が少し上がったから大変だと怯えた生活を送ると、そのストレスが原因になって免疫力を下げてしまう。「人間は年を取ると血圧は上がるもの。誰が標準値などというものを決めたのか知りませんが、個人差が大きいそんな数字にびくびくして暮らすように結果として仕向けてしまっているのは問題でしょう」。

 誤解のないように付け加えると、安保教授は検診を完全に否定しているわけではない。進行の早いがんなどには注意が必要で、そのためには検診を受けるべきだと言う。しかし、大切なのは検診の結果に怯えることなく免疫力のつく生活を心がけることだ。

 それではどんな生活が免疫力を高めるのか。それは『40歳からの免疫力がつく生き方』に詳しいので、ぜひ一読をお勧めしたい。例えば、人間という動物はいない。いるのは男と女だとよく言われるが、病気にかからない生き方や長生きの方法も男と女では大きく異なる。女は体をいつも温めるよう心がけること。男は寒いところでトレーニングをすべきだと安保教授は言う。

 生命の起源から始まって人間の免疫力がどのように形成されてきたのか、生物学の本としても面白い。日頃不健康な生活を送っている身には、耳の痛いことがたくさん書いてあるが、読んだ後は寿命が長くなったような気にさせてもらえた。
 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
削除
赤ちゃんが離乳する時、人間はずっと親が噛んだ食べ物を口移しに与えていたはず。

ここ2、30年ほど「それは不潔だ。虫歯菌やピロリ菌、ウイルスに感染させてしまう。食器も別にして衛生的な離乳食を食べさせるように」という育児になったと思います。その結果、赤ちゃんのうちに初感染を済ませているはずのウイルスに思春期以降感染し、重い症状が出る若者が増えていると小児科医に教えられました。(アメリカではkissing diseaseと呼ぶそうな。小さいうちなら無症状か軽いらしい。)ワクチンも普通に勧めるお医者さんですが「赤ちゃんにはどんどん口移ししなさい!」と言われました。

赤ちゃんが何でもなめるのもいろんな雑菌を取り込むため、とも聞きました。
親の安心のために清潔「商品」に頼りすぎると、将来の健康にツケを回すのかも。
2009/10/23 09:21


正論中の正論!

 なのに、どういう思惑からか、過剰反応、過剰誘導で、見事に商売の道具にさせられてしまう。

 日本人はこの面では幼稚度は世界的にみてかなり上位にはいるだろう(情けないが)

 これも単に日本人気質と言ってしまえばそれまでだが、いかに日本は世論誘導に弱いか?いままでずっと世論誘導されてきたか?の証だ。

 正論が世の中の中心に無いのが悲しい。

 いろいろな分野の「権威」がどうしようもない連中で占められてしまっていることを見れば、この結果は至極当然。


2009/10/23 09:59

安保先生の本は「薬をやめると病気は治る」を読みました。これもとてもいい本でした。ただ、このこと(薬は使わないほうがいいこと)に国民が気付いてしまうと、まず製薬メーカーは大打撃でしょう。それから医療関係、薬局系の小売、流通、さらに広告代理店、テレビや新聞などのメディアなどなど、かなりの業種が困ることになるんじゃないですか。それから天下りを確保したい官僚たちも。
なにせこの国は、国民を病気にすることでいろんなギョウカイが儲かる仕組みがガッチリ出来上がっているんですから。
ワクチンなんて、製薬メーカーにとっては打ち出の小槌でしょ。多少人が死のうが関係ない。じゃんじゃん作ってじゃんじゃん売りさばきたい。広告でがっちりメディアを掴んでいるから、恐怖をあおってワクチン絶対受けなきゃダメ!の世論をつくるでしょう。

2009/10/24 05:33
テレビを止めれば誘導病はなおる。
2009/10/24 06:54
私は、風邪を引くことはその年を生きていく通行手形と思っている。風邪を引けな様な虚弱な体では、この世は生きていけない。私は風を引くことなど、なんとも思っていない。実際私は、子供の頃から風邪は毎年二回は必ず引いてきた。淡々と引き淡々と直す、風邪なんに気を使うより、もっと生きる事の本当の意義に勢力を注ぎたい。風邪は引けば良い、風邪で死んだらそれはそれで良いではないか。風邪っぴき人生、それも良いではないか。勿論ワクチンなんか経済的浪費と思っている。


2009/10/24 08:44

前のコメントの方の意見に同意です。

まったくその通り。
風邪をワクチンで防ごうとする考えそのものが正しくない。

当たり前に引く事で免疫力が鍛えられ身体そのものの防御力が強くなる、風邪に限らず鍛えられた免疫力は後々大事な役目を影ながら果たすということ。

風邪で亡くなる人もいる。インフルエンザで亡くなる人もいる。

問題は風邪で亡くなる、あるいはインフルエンザで亡くなってしまうほど免疫力が低下した状態の人が多いということ。また、症状が出ると直ぐに解熱剤だ消炎剤だ抗生物質だと薬に依存しすぎるということが大問題。これで身体の防御力が鈍化して行くので、後々弱い菌やウイルスにも簡単に感染し、症状も重くなる。

つまり「我が子の苦しみを早く取ってあげたい」という親心が子供を弱くし、重い症状に苦しむ原因を作ってしまっている。

愛情のつもりが結果は虐待だなんて知らぬが仏。

賢い親は子供の先々を考え鍛えようとする。

馬鹿な親は目先しか見えないので、直ぐに解熱剤、抗生物質でが正しい判断と勘違いしている。

まぁ、「最良の方法は免疫力を鍛える為に安易に薬を使うべきじゃない」と諭すべき医師が少なすぎるということもある。


(kuma3)

2009/10/24 10:21


>テレビを止めれば誘導病はなおる。

 それができれば苦労はしない。

 テレビ依存症に長い年月をかけてしっかりさせられている大半の国民にはこの依存症を断ち切るなんて「それがよい」ともし分かったとしてもやはり無理。

 ごく限られた「真実に対する感性」の鋭い人などでないとテレビは止められない

 よって・・・テレビによる悪質な世論誘導は感嘆には防げない

2009/10/24 10:27

新型インフルエンザは毒性が弱いのです。ワクチン投与はしてもしなくても良いかもしれない。世界的な免疫学者様の極論もいいでしょう。しかし、みんな強毒性の鳥インフルエンザがもうすぐやってくる可能性が高いことを忘れている。そのときもワクチン打つなとか、キスしろとか自然の免疫とか言うのか?よくシミュレーションしておいた方がいいぞ。
2009/10/24 18:51
この人、アホと読むの?
若者が罹りまくれば、必然的に弱者への感染も広がり、死者も増えるじゃないか。
弱者は死んでいい、と言うのなら、また論議は可能だけど。
2009/10/24 21:41
極論を信じるのは気持ちがいいのう。自分が賢く、他の多くの人々がアホに思えて。…でも、そうやってカルトは発生するんだよね。オウムの信者たちが「地球の救済」のためにサリンをまいた事実を忘れてはいけない。
2009/10/24 21:47
ワクチンについては私は専門化ではないですが、自然にインフルエンザにかかって身体が獲得した免疫は、ウイルスの型が多少違っても(変異していても)対応できるが、ワクチン接種による免疫はウイルスの型の微妙な違いでも対応しないそうな。
だから専門家の中には、今の弱毒性のうちにわざとインフルエンザにかかっておけば強毒性になったインフルエンザに感染しても大丈夫なので、そうしたほうがいいという人もいるらしい。
逆にいえばいま弱毒性ウイルスのワクチンを接種していても、強毒性に変わったインフルエンザウイルスが変異していれば(当然しているだろうが)、全く無意味だということになります。
2009/10/24 21:51
>若者が罹りまくれば、必然的に弱者への感染も広がり、死者も増えるじゃないか。
>弱者は死んでいい、と言うのなら、また論議は可能だけど。

経済的弱者には「自己責任」なのに肉体的弱者には甘いのねえ。

2009/10/25 11:11

人のこと(観念論)だと理論的になれるけど
いざ自分関係のことになると、それが出来ないw
そんな人間がいとおしいねwww
2009/10/25 12:21
天動説、地動説のように、全ての科学は、仮説に基づいているので、現在正しいと権威ある科学者等によって唱えられている事も、今まで別の科学者によって新しい発見により解明され、科学の定説は、書き換えられてきました。

科学には、そういう歴史があり、今後も同じだという原則にたって、言いますと、インフルエンザワクチンの問題も、批判精神をもって、自分で判断すべきであると思います。

人間や、人間に飼われ、飼育された動物は、食べ物の大部分が加工された食品です。野生動物は、特殊な場合を除いて、人間のように料理や加工した食品を食べません。彼らは、人間のかかるようなガン、心臓病、脳梗塞、糖尿病等の生活習慣病にかかりません。なぜか、理由は、生の物しか食べないからです。
病気の大部分は、食べ物とストレスが原因であるという医学者がいます。
新潟大学の安保教授、石井結実医師、鶴見隆史医師、森下敬一医師等他、少数の医学者がいます。
一般の患者は、知らないでしょう。西洋医学の治療で、症状が改善された患者は、医者から一生薬を飲みつづけて下さい。病気とうまく付き合っていきましょうといわれます。(対症療法)
本や、健康雑誌、西洋医学で見放された患者が、これらの自然の体の免疫力、治癒力を回復させる治療を行う医師によって病気の原因が取り除かれて、健康をかいふくしています。

結論は、科学(医学、生物学等)は、仮説に基づいているので、あまり、大手マスコミや、権威あると称される科学者、医学者の宣伝は、洗脳の可能性が高く、薬害の恐れもあります。したがって、批判精神を持って自己判断すべきであると思います。

2009/10/26 09:17

多くの医師サイトで、アホは犯罪人か狂人のように言われている。
医師免許を持つ人間が、このように明白な嘘を言うのは犯罪ではないだろうか。
2009/10/27 20:50
http://d.hatena.ne.jp/NATROM/20091026#p1

アホは末期のがん患者に麻薬を使わなければ治ると言っている。

2009/10/27 20:53

死んでしまった5歳以下の子供たちの育ってきた環境が知りたいです。親が潔癖だったのか、それともキスしていたのか・・・
2009/10/28 02:41
自分の家は6人家族で、父、母、子供4人です。新型インフルエンザにかかったばかりです。私(母)は4人の子供の看病をしてましたが、とうとう染りませんでした。私はここ15年インフルエンザにかかった事がありません。
思いあたるのは20代の頃、教員をやっていたのでインフルエンザに毎年2回ずつかかっていた事です。10年ぐらいそうでした。きちんとした免疫がついているのかもしれません。
2009/11/02 23:25

  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。