★阿修羅♪ > 豚インフル02 > 432.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
「これだけ重要なデータを出したのに一紙も出てない」 足立政務官、マスメディアへの憤りぶちまける
http://www.asyura2.com/09/buta02/msg/432.html
投稿者 どっちだ 日時 2009 年 11 月 10 日 02:25:17: Neh0eMBXBwlZk
 


http://lohasmedical.jp/news/2009/11/09130823.php

足立政務官、マスメディアへの憤りぶちまける

川口恭 (2009年11月 9日 13:08)

昨日の『現場からの医療改革推進協議会』に登壇した足立信也厚生労働大臣政務官が、6日夜の会見に関して「これだけ重要なデータを出したのに一紙も出てない」とマスメディアに対して憤りを見せた。会見の発言内容は既にお伝え済みだが、グラフをお示ししていなかったので、ここに掲載すると共に昨日の政務官発言のうち該当する部分をご紹介する。(川口恭)

「メディアの方々にちょっと私も今困っています。具体的な例が、例の1回か2回かという話になるんでしょうが、10ミリリットルの話も出ましたけど、この10 ミリリットルを決めたのも、決めたというか意見が出たのも専門家の意見交換会です。それを厚生労働省がその後判断してパブリックコメントに10ミリリットルでやるとなったわけで、今まで専門家の意見交換会で何か決まった決めたということは一度もない。なんで今回だけこういう報道になったか非常に疑問。

 中には、『足立が仲のいい昔の友達を呼び集めて』というような報道もありました。私は、あの時、山形や神戸から駆けつけて下さった方々に大変感謝していますけれど、森兼先生、岩田先生とはあの時初対面です。森澤先生も、その2週間くらい前に初めて会った。どうしてメディアの人って確認しないんだろうな、と。あの場で、森兼先生に名刺を渡したのを、みんな見ているんですよ」

「先週の金曜日に7時から記者会見をしまして、新型インフルエンザワクチン接種の前倒しということについて自治体あてに希望を出させていただきました。なぜ先週だったかということから申し上げたい。(中略)(先週の金曜日が3回目の出荷で)やっと600万回分になった。11月後半にようやく600万回分が現場に届く、だから前倒しが可能だろうということで、先週発表させていただいた。それで、これは厚生労働省のインフルエンザ対策本部でずっと私が検討させて作らせたものですが、こういうデータは世界にもないと思います。これは分母が人口で、分子が入院サーベランスから取ったものです。


「(中略)これが重症患者の発生率です。重症患者というのは、脳症または人工呼吸器の乗った人です。こういう分布です。金曜日に記者会見して、世界で多分初めてのデータですと言って、この後で接種前倒しのスライドも出ますけど、土曜日の朝刊はそれが全部出るだろうと私は思いましたよ。国民にとって、もの凄く大事なことだから。一社もなかったです。長妻さんが『舛添大臣と言った』というのがいっぱい出てて、このデータを出している所、それから次に出すスケジュールの前倒し、一社もないですよ。これがメディアですか。

 今これだけ国民の方から要望されていて、今このタイミングであればできると思ってやったことを誰も伝えない。これ、重要なことは、基礎疾患を持つ方が、お子さんのところも圧倒的にハイリスクなんだということですね。これをぜひ理解してもらいたい。特に14歳以下ですね。で基礎疾患のない方は5歳から9歳がやっぱり高い、この2点です。これだけのデータができたからこそ変えたのです」
 


 この日の足立政務官の講演内容の動画はこちら
(その1)http://www.youtube.com/watch?v=SeXnc4NRCyM
(その2)http://www.youtube.com/watch?v=RQ2VQ8b8D4o
(その3)http://www.youtube.com/watch?v=hGQHNMGzeSY

http://www.youtube.com/user/genbakyogikai
現場からの医療改革推進協議会


http://lohasmedical.jp/blog/2009/11/post_2158.php
コメント

NEJM に掲載されたオーストラリアのデータが、人口比でICU入室となった患者数データを出しています。日本の数字とはだいぶ様相が異なります。

Published at www.nejm.org October 8, 2009 (10.1056/NEJMoa0908481)

Critical Care Services and 2009 H1N1 Influenza in Australia and New Zealand
The ANZIC Influenza Investigators

http://content.nejm.org/cgi/content/full/NEJMoa0908481?resourcetype=HWCIT

オーストラリア重症患者発生率の画像
NEJMoa0908481f2.jpeg

関連記事

新型インフルワクチン接種の前倒し―足立政務官、約1時間の記者会見
http://lohasmedical.jp/news/2009/11/07061307.php
 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
削除
このデータを国民にしらせたくなかった、マスコミおよび其れを支配するものの意図とはなんでしょうか、、、大変深刻ですね。やはり記者クラブとはかなりの結構なものではないでしょうか。それと、インフルエンザワクチンをどうしても全国民的にうけさせたいという意図とか。
2009/11/10 20:02
インフル騒ぎで、報道の初めからの意図が見えてきた。
舛添大臣が大騒ぎして、国民の恐怖を煽った理由も見えた気がする。
しかも、マスメディアは、製薬会社との強くつながっている事が分かった。
このデータを見れば、高校生以上の健康な人は、ワクチン要らないと
言うことが明確です。元々、健康な人は、いずれ、免疫を作るため、
一度は罹った方が安心できます。健康な人は、ある程度無防備で良いのでは
ないか。インフルに罹れば家で安静にする。これが大事だと思う。
恐怖を煽り、国民に無駄な出費を強いるのがメディアの仕事ではないはず。
大切な情報をキチンと伝えなければいけない。
2009/11/11 10:39
今年新インフルエンザに罹った人はワクチン要らないのでは・・・
その分他へ回せばいい。
2009/11/11 13:50
NHKの金融危機を振り返る番組で、いまだに金融新商品の開発が進んでて、
環境権もだけど、リスクを売買するリスク債という商品が広がってきてるという。
そんな薬品業界利権だけではない匂いがしてならない。
基礎疾患がある若年層で重篤化するのは分かった。
もう一つこのグラフに重ねて欲しかったのは同条件で算出した季節性インフル
での値である。
2009/11/11 16:49
厚生労働省のHPにpdfデータあります。
http://www.mhlw.go.jp/kinkyu/kenkou/influenza/dl/infu091109-03.pdf
今更ながらですが、マスコミは国民のために存在するのではないようです。
どなたがコントロールされているのでしょう?
医療関係者に本件は伝わっているのでしょうか?ご存知の医療関係者がいらっしゃるかたは、教えてあげてはいかがでしょうか?
2009/11/11 22:55
たびたび海外の人が今回の日本のインフルエンザ騒動の異常性見て
インターネットでたびたび失笑を漏らしていますが、
ネット右翼が火消しに回っています。彼らは本当に日本人なんでしょうか?
2009/11/12 18:35
記者クラブには医療従事者や業界紙からリクルートされてきた専門性の高い人物がいないんでしょう。
瑣末なことに血道を上げるのはインフルエンザの発症率より新政権と閣僚の齟齬を論ったほうが記事として見出しになるからで、厚生労働省発表データはあとで批判的な学者や医者の声を記事に紹介しておけば事足りると思ってるんでしょう。
こうしたことは自民党時代から蓄積されてきたことですが、別に旧政権を持ち上げるわけじゃありませんがこういう例はけっこうあったんじゃないでしょうか。
厚生省の医学部出の官僚の学閥意識は度し難いものがあるといいますが、記者クラブの不勉強さにも同様のものがあると思いますね。
2009/11/13 11:34
舛添が大騒ぎしたんじゃなくマスゴミの方が
大騒ぎしてたんだけど?
というか理解できないのでスルーしてるだけ
のような気がする。鼎の軽重が量れない。
リスをどう推し量ればいいのか、そのあたり
の感覚がないような気もする。
医療現場から人が去っているのも、ね。
毎月の訴訟向け保険の負担もスゴイし。
リスクは侮れませんよ。 byネトウヨ
2009/11/14 16:48
足立政務官には申し訳ないのですが、マスゴミに公平性や真実の報道なるものを求めること自体が間違っています。マスゴミは、営利行為でゴミをばら撒いているのであって、所詮、広告で食っているのです。スポンサーのための報道や、CIAの走狗として働かなければ食っていけない連中が、「正義」を装っているだけなのです。政府がするべきことは、偏向しすぎでゴミにも値しないメヂィアの営業許可を剥奪することです。それらは、国民にとっての害毒以外の何ものでもないのですから、国民を守るために当然やるべきです。国民の信託を受けた政府は、国民を害するゴミを廃棄処分にするべきです。

2009/11/15 02:19
マスコミが既得権益化しているのがそもそもの原因。まず放送局許認可制度をみなおし、新規参入の余地を作る。同時に報道する権利を有する組織には報道しなかったことに対する罰則を設ける。罰金はその報道を怠ったことによる国民的損失を法的に賠償させる。悪質な場合は責任者の逮捕。たとえば、今回のインフルエンザワクチンなど、知っていれば、ワクチン投入予算の効果的削減が可能。それを知っていて流さなかったのだから、罰金が行くリスクを抱える。今は報道してスポンサーが離れるリスクに対して、報道しないリスクが経済的に極めて低い。法律1本作れば、お金に賢いマスコミ経営者は彼等なりにリスクを判断して、今よりは的確に流す。ま、とはいえ、誰も読まない訂正記事の隣でしょうが、それでも載らないよりはいい。しかも横並びが困難になる。スポンサーのいないはずのNHKはどうなってんの?彼等のスポンサーってCIAと中国じゃないの?
2009/11/15 11:03
フリージャーナリストの佐々木俊尚氏は新聞の役割として次の3つを挙げている。
@一次情報を取材
A情報の評価を行い世論を喚起
B調査報道によって権力を監視

テレビも含めたマスコミは、Aの評価は歪んでいるし、Bに関しても監視というよりは自民党の走狗となって民主党叩きをしているようにしか見えない。少なくとも国民の方は見ていない。
今回の件に関しても、伝えるべき事を伝えないのはおかしい。政府の誰が何と言ったか位は正確に伝えるべきかと思うが、それすらない。
淘汰されるべき存在かと思う。
2009/11/15 18:18

新型インフルエンザが基礎疾患がなくても14歳以下で重症化するのは米国も同じ。
14歳以下の人はワクチンを2回受けましょうね。
2009/11/17 20:59
季節性インフルエンザは新型とは異なって、65歳以上の高齢者で重症化し死亡することがあります。高齢者は季節性インフルエンザワクチンを受けといた方がいいですよ。
2009/11/18 08:36
14. 2010年4月09日 15:05:13: fzNIh9Gb2s
マスコミを使うから不安ばかり煽られて、不確かな思いの地域の人がワクチンやタミフルについて次から次へと病院に電話してくるので、対応で通常業務にかなり支障が出ました。

予防でタミフルを飲むと思い込んでいて話の通じない人、入試を控えて睡眠不足が続き、親に連れられてワクチン接種させられたあげく体調を崩すティーンエイジャー。その方の体を守り、訴訟も回避しなければならない現場では、こういったひとりひとりに時間がかかってしまい、マスコミに対する怒りも湧いてきます。

パニック的にワクチン接種を予約しておいてキャンセルする人たちもいて、無駄になった薬剤は返品もきかず病院の赤字になるのです。製薬ビジネスの力とマスコミの影響力と人々の不安への対応、本当に嫌になります。

高齢者の親に相談された時は、統計は統計であって個人は個人で予防すればいい話、受けたくないのが本音なら受けなくていいよ、と言ったらやっぱりそうかと安心しておりました。

どなたかが日本の風土病とおっしゃってましたが、私も同じような認識です。



  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。