★阿修羅♪ > 豚インフル02 > 453.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
<新型インフルエンザ死者数>中国“情報隠ぺいの可能性”(NHKニュース)
http://www.asyura2.com/09/buta02/msg/453.html
投稿者 gataro 日時 2009 年 11 月 21 日 20:52:50: KbIx4LOvH6Ccw
 

http://www3.nhk.or.jp/news/k10013930781000.html から転載。

中国“情報隠ぺいの可能性”


(画像クリックで映像ニュースへ)

11月20日 21時34分

中国でも感染が広がっている新型インフルエンザについて、中国の専門家は、死者の数は政府の発表よりさらに多いはずだとして、特に地方の当局が情報を隠ぺいしている可能性があると警告しました。

これは、20日付けの中国の英字紙「チャイナ・デーリー」などが、広東省にある広州呼吸疾病研究所の鐘南山所長の発言として伝えたものです。この中で鐘所長は、中国政府が新型インフルエンザの死者を今月15日現在で53人と発表していることについて、「とても信じられない。死者はさらに多いはずだ」と述べ、情報が隠ぺいされている可能性を指摘しました。その理由について、鐘所長は「地方の当局が、十分な対策を取っていると中央政府にアピールするため、患者が死亡してもきちんと検査しないからだ」として、実際の死者の数は報告されている数字よりも多いとの見方を示しました。鐘所長は、6年前、中国で新型肺炎の感染が広がった際に当時の政府の対応を批判するなど、影響力のある人物として知られています。中国政府は、新型インフルエンザに関する情報の迅速な公開を指示していますが、鐘所長の発言は、指示が地方に行き届いていないことを示したもので、今後、さらなる対応を迫られることになりそうです。

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
何となく、中国共産党のかしこさを感じます。
いい意味で尊大です。 日本とは、やっぱり違います。
想像になりますが、英米の陰謀には乗らないという堅い決意を感じます。
 
アメリカ政府は、ワクチン・キャンペーンの目的で、インフルの死者数の水増しまでして
人工ウイルスの危険性について大げさに報道してます。

数人死んでも、数百人で統計にしていると聞きます。
(アメリカは、政府と一般国民は分けて考えて下さい。政府はひどい。)
英国は他国には、ワクチンを推奨するが、自国はワクチン接種しません。
(これも、かしこいというか狡猾です。さすがアングロサクソン。)
 
日本はアメリカに脅されて、同じように大変だ大変だで、なびいています。
厚生省や医療機関もつきあわないと保身できないので、ワクチン接種をしてます。
マスコミも、ウイルスの脅威を煽るニュースばかり。
本当の事を書ジャーナリストは、東京湾で入水自殺した事にされますから。
 
中国政府の中枢はわかっています。
自国でも秘密結社も持ち、暗殺に対する防御もできているので、日本のようには迎合しない。
黒いものは、黒いのです。
(ただし、自国の陰謀はしっかり誤魔化しますが)
 
日本は相手が怖いと、すぐに白いと言います。
暗殺されても、警察は、無条件に自殺にしてしまいますので、無理も無い。
一部の良心的な人が灰色というのが精一杯か。
加えてマスコミを鵜呑みにするお人好しが加わり、国をあげてのワクチン接種。
 
売国者は、売国の結果、どういうことになるか深く考えていない。
ただ、今日が生活できればいいというだけ。
国家が犯されたら、個人が安全なわけがないのに。
 
(余談)
うちの女房など、日本が滅びても、夫の仕事は変わらず、毎月、給料引出しできると思っている。
冗談にとらないで下さい。本当なんです。
スーパーには食料品が十分で、貨幣価値も変わらないと思っている。
ですから、売国行為に疑問を持たない人にも、もう少し考えてほしいです。

2009/11/22 06:46

  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。