★阿修羅♪ > 豚インフル02 > 474.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
打ってはいけない?!インフルエンザワクチン 〜特権構造が病気を作り出す〜
http://www.asyura2.com/09/buta02/msg/474.html
投稿者 ダイナマイト四国 日時 2009 年 11 月 30 日 17:53:16: .w4H36izobxdw
 

http://blog.trend-review.net/blog/2009/11/001460.html より、まとめ部分のみ引用。詳細(画像付き)はリンク先に。

(以下引用)

■特権構造が病気を作り出す

「100%、H1N1インフルエンザは人工ウィルスだと思う。」(http://www.rui.jp/ruinet.html?i=200&c=600&t=6&k=0&m=217272)や「ウィルスって作れるんだ!」(http://www.rui.jp/ruinet.html?i=200&c=600&t=6&k=0&m=220382)でも明らかにされているように、ウィルスは人工的に作り出すことが可能、しかも今回の新型インフル騒動は人的な移動がほとんどない地域間でも広がっているわけで、人工的に作られたウィルスが散布された可能性が高い。

なぜ、人工ウィルスという生物兵器を撒いたのか?
人口削減計画があるという説もネット界では多いですが、本気でそれを信じ込んで突っ走ることはないように思います。(仮にもし本気ならば、もっと致死率の高いウィルスを撒くはず)

WHOやCDCが自らの存在意義を示し、その勢力範囲を広げるため「だけ」に行われたのではないかと考えています。疾病研究機関というのは、予防のために存在しているのですが、予防しようという人を増やすためには、危機を叫び、危機感を煽らなければなりません。

しかし、予防が広まれば広まるほど、危機は遠のき、(絶対的矛盾として)予防機関の存在意義が薄れて行ってしまいます。自らの存在意義と正当性を示す絶好の機会は、『危機が実際にやってくること』です。作為的なものだったのか、偶発的なものだったのかはともかく、予防機関が「インフルエンザの流行」を望んでしまうことはあっただろうと推察されます。(特に、生物兵器の対策を追求し続けてきた機関ならば、尚更です。)

これからも続くであろう「新型ウィルスの拡大」は、製薬会社の利権構造という枠を超えて、疾病予防機関が権力を持つ(持っている)構造が生み出したものでしょう。いち専門機関が、専門分野の枠を大きく超えるほどの権力を手にしたとき、(まさに専門であるがゆえに)暴走してしまう、そんな構造が浮かんできます。

(引用以上)  

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
問題は人口だろうが自然だろうがどちらでもいいのです。

本当の問題は医学の本質を知らないで受ける病気に対する受け取り方なのです。

しかし、それを知らない人たちからみたら人為的に仕掛けられたから恐ろしいとか、自然だから安全だとか、枝葉的なことで右往左往してしまうのです。

感染症に限らないのです。現代医学という本態を徹底的に知る事から始めないと、インフルエンザだけの問題に限定されてしまうわけです。

こちら(下)一見過激な現代医学批判論は時間をかけて検討してみると否定できない事の方が多いと分かってきます。

http://hon.hp2.jp/kou10.html

紹介したこのページはごく一部ですが、この一ページだけでも理解できたら解ってきます。



2009/12/01 22:25

  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。